• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カバの生き方こそ我が社の“社訓”

「カバを大切にしなくてはならない、と先代からも厳しく言い含められています」

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2009年9月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんな時代、今だから、カバのように生きたい、と思うのである。

 争わず、謀らず、求めない。不要を見ず、聞かず、語らない。カバはひたすら眠ることを世過ぎとして、体力の消耗を避けて眠りをむさぼる。小食に甘んじて動かず、臆病に徹して自ら攻撃をしかけることがない。カバはきわめて俊敏な動物である。走れば時速50キロを超え、100メートル走なら、ジャマイカのボルトよりも早い。持ち前の能力を秘めて時勢と対峙する。

 鳥取県米子市内で、前回紹介した「どらやき」の取材中、話は餡子からカバへ飛び火した。蕎麦屋で、偶然、出遭った初老の男性から、意外な会社の名前を聞いたことが発端だった。カバのルポは私の専門といってもよく、著作が5冊ある。なぜカバなのか、理由は後に譲るとして、まずは、初老の男性の話から始めよう。

 中央大学経済学部を卒業、1959(昭和34)年「最初に勤めたのがカバヤ食品でした」というのである。カバヤはカバと深いえにしで結ばれていて、取材にも十分な時間をかけた企業だった。この人物は現在のmyAN(まいあん・旧米子製餡)社長、田中剛氏(72歳)である。

 私はこの偶然を非常に驚いて、矢継ぎ早に質問をした。

 「カバヤキャラメル、をご存知ですね、1954(昭和29)年に、生きた2頭のカバ(いずれも生後数カ月の子カバ)をドイツから購入し、メス1頭にカバ子と名付け、水槽を設えたトラックに乗せて、キャラメルの宣伝のために西日本の各地を巡っていたことを記憶していますか?」

 「入社したときには、そのキャンペーンが、ちょうど終わったときでしたね、でも、カバの形をした“カバ車”は1台くらいは、まだありましたよ、それにしてもあなた、こんなところでカバヤキャラメルの話ができるなんて、私のほうこそびっくりですよ」

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 カバヤキャラメルのキャンペーンに供されたカバは、1954(昭和29)年から57(昭和32)年ころまで、米軍払下げのトラックの荷台に乗せられて、山陰から四国、九州を“巡業”した。生後数カ月のカバは、体重50キロ程度だったはずだが、田中社長が入社した1959(昭和34)年には5歳になって、体重も500キロを超えていたはずだ。あまりに大きくなり過ぎて、トラックから降ろされたのだろう。「赤箱」で名を馳せたカバヤキャラメルは影を薄くし、「私は商品開発をまかされまして、ジューCをはじめ、ヒット商品が次々に誕生」するようになっていく。

画像のクリックで拡大表示

 水槽付きのトラックから降ろされたカバは、いったん岡山市内の池田動物園に預託され、それから動物商を仲介し、九州小倉の到津遊園(動物園)へ飼われていく。さらに、石川県金沢市の卯辰山にあった金沢ヘルスセンター(動物園)に買い取られ、そこでオスとの間に6頭の子どもを産んだ。しかし、施設が狭すぎたために、生まれた子カバは1頭も育つことがなかった。

 金沢ヘルスセンター閉園後、「公営の動物園が必要」という県民の声が高まり、石川県立いしかわ動物園が誕生、世情と人間の都合で数奇な運命をたどったカバは、ようやく安住の地を見出すことになる。

 そう、カバヤキャラメル宣伝の一翼を担ったカバは、今も生きて、石川県能美市の県立いしかわ動物園で飼育されている。

コメント12件コメント/レビュー

そうですよね。80年代後半に朝日ジャーナルにカラーページ連載でした。なんでこの連載が朝日ジャーナルに?とは思いつつ楽しく読んでおりました。人に忘れられない仕事をしている方は凄い。あらためて、感じ入る者です。(2009/09/22)

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そうですよね。80年代後半に朝日ジャーナルにカラーページ連載でした。なんでこの連載が朝日ジャーナルに?とは思いつつ楽しく読んでおりました。人に忘れられない仕事をしている方は凄い。あらためて、感じ入る者です。(2009/09/22)

宮嶋さんが、なぜカバなのか。やっとわかりました。カバが愛おしくなる記事でした。それにしても、以前宮嶋さんが、轢かれたアカテガニを数えている浅香さんを「バカ」と評していましたが(もちろん敬意を表して)、カバの系譜を作り上げた宮嶋さんも負けてないと思いますよ。(2009/09/14)

宮嶋さんのカバの写真を見ていると、胸が熱くなります。生命へのいとおしさと、その野生での現状への暗澹たる思いとで……。ところで、こちらで議論されている野生動物の「どう猛」とは、なんでしょうか? トラやライオン、オオカミなどの猛獣や、ワニなどもふくめて、そもそも「どう猛」な動物など存在しないのではないでしょうか。どんな野生動物でも、繁殖期のオスや、子育て中のメスが危険なのは、読者の「常識」のように思われます。その時期は、シカであれ野生馬であれ、カラスであれ、危険です。まして、3ページ目の威嚇する雄カバの写真を見れば、一目瞭然。誰だってこんなカバに近づきたいとは思わないでしょう。カバはカバを、トラはトラを、オオカミはオオカミを、ワニはワニを精いっぱい生きているのです。私は、全生物のなかで、もっともどう猛なのは人間だと思っております。カバの前に、しずかに頭を垂れたいと思います。(2009/09/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長