• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新政権の生命線は「スピード感」

対談「新政権で日本はどう変わるか」(上)

  • 谷口徹也

バックナンバー

2009年9月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 衆院選で大勝した民主党は社民党と国民新党との連立政権を組む道を選択。今週、いよいよ政権交代が具体的な形となる首班指名と組閣が実施される。

 政権交代で日本の政治の何が変わるのか。「民社国政権」の課題は何か――。日経ビジネスオンライン「ニュースを斬る」の執筆者でもある龍谷大学経済学部の竹中正治教授と、外交・安全保障問題を専門とし、政界にも広い人脈を持つ東京財団の渡部恒雄上席研究員に語ってもらった。


 竹中 今回の選挙で民主党が地滑り的な大勝利を収めたことは、小泉純一郎首相が衆議院を解散した2005年の「郵政選挙」とよく比較されます。だけど、私が気になるのはその解釈です。

 小泉さん的な「新自由主義」「市場原理主義」に国民がノーを突きつけた、とよく言われる。民主党の人もそう解説しますしね。でも、この解釈はおかしいと思う。

 そもそも日本に「市場原理主義」などという政治勢力があるとは思わない。小泉内閣で金融担当大臣を務めた竹中平蔵さんだって、実はバランスのいいことを言っている。

 むしろ、自民党政権の実績です。今回、自民党はマニフェストで「責任力」を訴えたけど、笑わせないでくれ、ですね。小泉さんまではそれなりにリーダーシップを感じることができたけど、その後の3年間はなんだ、「無責任力」じゃないかと。そういうものに対して、国民が呆れた、ノーと言ったということですよね。

自民党に失望した地方の票を集めた

渡部 恒雄(わたなべ・つねお)氏
東京財団 上席研究員
1963年福島県生まれ。東北大学歯学部卒業後、アメリカに留学し社会科学を学ぶ。ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士課程修了。95年にCSIS(戦略国際問題研究所)入所。2003年3月から上級研究員として、日本の政党政治と外交政策、アジアの安全保障、日米関係全般についての分析・研究に携わる。2005年に帰国し、三井物産戦略研究所主任研究員等を経て現職。現在、CSIS非常勤研究員、沖縄平和協力センター上席研究員を兼任。父は民主党代議士渡部恒三氏 (写真:柳生 貴也、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 渡部 前回の自民党と今回の民主党。それは「2通りの組み合わせ」なのだと思います。

 小泉さんは、以前から持っていた地方の自民党支持者の票に加えて、都市部の票の開拓に成功して、その組み合わせで勝った。

 民主党はその逆で、もともと都市部の改革を志向する人たちからの支持がある。そこに、自民党に失望した地方の票を上乗せした。それで、小泉さん並みの票を取ったということだと思います。

 背景にあるのが、1票の格差です。地方の人が「2倍も重い票」を持っている。そういう構造があるから、これまで民主党が都市部で勝っても、自民党は地方を押さえていた。だから私は、この国では当分、政権交代なんて無理だなと思っていたのですが、実はその構造を変えたのが小泉さんだったんですね。

 竹中 もうちょっと突っ込んで言うと、2005年の衆院選は、小泉さんが郵政民営化を改革の柱としてワンポイントで掲げて、国民には分かりにくかった政策のプロセスを見えるところに引っ張り出してきた。見えるところで政策の議論をして決着をしていこうと。そういう政治的な変革を志向したのも少なくとも小泉政権だと思うんですね。

 ところが、その後の3年間、小泉さんが首相を辞めた後、自民党はその路線を継承できなくて、結局、元の自民党に戻ってしまった。逆に、民主党が「官僚依存をやめよう」「政策議論を見えるところでやろう」と言うのが目立ってきた。つまり「政治主導」を掲げているのは民主党だというイメージになってきたわけですね。

政権交代、最初のチャンスは「自民対新進」だった

 渡部 私は、かれこれ10年くらい米国側から日本の政治を分析してきました。外から日本の政治を見てきた経験からすると、なかなか政治というのは理屈じゃ動かないなというのを実感しました。

 小泉選挙もそうなのですが、最初に実感したのは、1996年の「自民党対新進党」つまり「橋本龍太郎対小沢一郎」の時です。日本人にとってたぶん、最初の目に見える政権選択の選挙だったと思います。

コメント5件コメント/レビュー

なんというか頓珍漢な記事としか言いようがない。米国かぶれが日本の政治を米国の価値観で語るとこんな感じになるのだろう。正直有害だ。記事にもある通り、公共事業なり補助金がなければ地方は食べていけない。日本の構造がそうなっている。東京の政府がその構造を維持しているのだから。そこにさらに経団連企業を優遇し、政府支出を絞って地方へ金が回らないようにした小泉・竹中路線が地方で支持されるわけがない。「小泉旋風」なる一時的なブームで大勝してもそのあとの国政選挙では必ず揺り戻しが起きている。民主党が弱かったから、また地方では民主党が自民党に替わることができなかったから政権を失うことはなかったが。そして小泉後の自民党政権も安倍政権は明らかに小泉路線を継承していた。それに対し、小沢の選挙対策がピタリと当たった参議院選挙大敗で安倍政権は退陣に追い込まれた。まさに>実はあの時、国民の意識は「外交・安全保障も大事だとは思うけれども、経済環境も悪いし、国民生活を何とかしてくれよ」だったのでしょう。であろう。さらに強行採決に次ぐ強行採決へ拒否感もあったに違いない。なんせ17回も強行採決しているのだから。周りを太鼓もちばかりで固めた政権などこの程度しか持たないだろう。参議院選挙での国民からの「警告」に自民党は気付かなかった。気付いていても何もできなかった。小泉路線でいくか、それ以前の地方に手厚い政治でいくかを決められなかったからだ。そして衆議院総選挙で歴史的大敗を喫し政権を失った。にもかかわらず未だにも小泉路線は良かったといっているとは、政治家よりまずは「有識者」「エコノミスト」の質の向上こそ急務だ。(2009/09/14)

「2009年 政権交代」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんというか頓珍漢な記事としか言いようがない。米国かぶれが日本の政治を米国の価値観で語るとこんな感じになるのだろう。正直有害だ。記事にもある通り、公共事業なり補助金がなければ地方は食べていけない。日本の構造がそうなっている。東京の政府がその構造を維持しているのだから。そこにさらに経団連企業を優遇し、政府支出を絞って地方へ金が回らないようにした小泉・竹中路線が地方で支持されるわけがない。「小泉旋風」なる一時的なブームで大勝してもそのあとの国政選挙では必ず揺り戻しが起きている。民主党が弱かったから、また地方では民主党が自民党に替わることができなかったから政権を失うことはなかったが。そして小泉後の自民党政権も安倍政権は明らかに小泉路線を継承していた。それに対し、小沢の選挙対策がピタリと当たった参議院選挙大敗で安倍政権は退陣に追い込まれた。まさに>実はあの時、国民の意識は「外交・安全保障も大事だとは思うけれども、経済環境も悪いし、国民生活を何とかしてくれよ」だったのでしょう。であろう。さらに強行採決に次ぐ強行採決へ拒否感もあったに違いない。なんせ17回も強行採決しているのだから。周りを太鼓もちばかりで固めた政権などこの程度しか持たないだろう。参議院選挙での国民からの「警告」に自民党は気付かなかった。気付いていても何もできなかった。小泉路線でいくか、それ以前の地方に手厚い政治でいくかを決められなかったからだ。そして衆議院総選挙で歴史的大敗を喫し政権を失った。にもかかわらず未だにも小泉路線は良かったといっているとは、政治家よりまずは「有識者」「エコノミスト」の質の向上こそ急務だ。(2009/09/14)

 自民党に求めたことと同じことを民主党に求めては、なんの政権交代だったか、ということになる。国民はダメだった自民党に見切りをつけ、民主党を選んだからには即効性のみを求めてはならないと思う。 この対談の中でも言われていたように、スピード感を無くさず、更に臆することなくフレキシブルに進んでほしい。多少のしくじりは大目に見よう。初めから100%の期待はしていないし、この難しい時期、自民党の残した垢の中で奮闘ということもある。とりあえず、いい方向へ舵をきったな、と思わせてほしいものだ(2009/09/14)

渡部恒雄氏が渡部恒三のご子息との事でしたので、民主党よりの御用記事なのかなと思いましたが、中身はそうではなくあまりどちらに偏る事も無く、冷静に分析しておりましたので、感心しました。民主党は、これで驕る事無く、来年の参院選でも過半数を取るべく頑張って貰いたいし、自民党も捲土重来今までの事は猛省をして政権を奪還すべく、頑張って貰いたい。これが、我々国民の望む健全な二大政党制なのですから。一党で長く政権を独裁させる事は、おそらく今後は無いと思いますが、今の自民党の体たらくでは、そうなるかもしれませんね。(2009/09/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員