• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エネルギーの爆食がもたらした2度目の人口増

産業革命を可能にした石炭と「エントロピー排出」の問題

2009年10月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 人類史をマクロ的に眺めてみると、2回の人口爆発期がある。最初は現在より1万年前から2000年前頃までの農業開始の時期である。言うまでもないが、それ以前はすべての人類社会は狩猟採集生活であり、居住可能地の人口密度は最大で1平方キロ当たり1人、通常は0.1人以下と推定されている。

 日本を例にとると、面積が約38万平方キロであるから、30万人以下しかいなかったことになる。事実、定住型の狩猟採集社会であった縄文時代の人口は、考古学的証拠から見て、最大で30万人程度と推定されている。現在の日本の人口の400分の1以下である。

2000年で2倍程度しか増加しなかった産業革命前

 世界の地域や時代によって人口密度に大きな差があったと考えられるが、例えば1万年前の農業革命直前では、世界の人口は多くて1000万人程度と推定されており、人口の年間増加率はほぼゼロ、ないし0.01%増、100年で0.1%増程度と推定されている。

 ユーラシア大陸で、農業革命がほぼ浸透し終わった2000年前、すなわちキリスト生存時代(実在したとすればだが)の世界人口は、南北アメリカ大陸やアフリカ・オセアニアでは、まだごく一部しか農業化されていないにも関わらず、約3億人と推定されているので、ユーラシアだけでみれば、約30倍を遥かにしのぐ程度に急増したことになる。

 一般に粗放農業でも、単位面積当たりの人口支持力は狩猟採集の100倍は下らないと考えられている。しかし、(このコラム連載の後の方で述べるが)だから農業によって人間社会が進歩したとか、人類の生活水準が向上したのではなく、マルサスの罠にはまって、民衆の生活の質は狩猟採集時代より、むしろ大幅に低下したとされている。

 人類史上、第2の人口爆発時代である産業革命の直前、18世紀初頭の世界人口は、6~7億人程度と推定されているから、約2000年の間にわずか2倍程度にしか増加していない。この間、農耕地の拡大が世界的にそれなりにあったから、まさに産業革命前のマルサスの罠である。

産業革命後、わずか2世紀半で約10倍に爆発

 ところが産業革命後、世界人口は爆発的に増加し、既に掲載したグラフのように、約1世紀半後の1900年には16億人、さらに半世紀後の1950年には25億人、2000年には60億人超と、まさに幾何級数的に急増した。わずか2世紀半の間に約10倍もの人口爆発になった(以上の人口推計値は、米国国勢調査局による)。

 なぜ、産業革命によって人口爆発が生じたのであろうか? 出生率が急上昇したのだろうか? 理由はそうではない。死亡率が急減したのである。

コメント13件コメント/レビュー

ローマクラブもIPCCといっしょで、なんらかの勢力からたのまれて、世界中に影響するでっち上げの理論をまき散らした犯人ですよ。いい加減に、とんでも科学から目を覚ますべきですよ。(2009/10/12)

「脱常識の世界史」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ローマクラブもIPCCといっしょで、なんらかの勢力からたのまれて、世界中に影響するでっち上げの理論をまき散らした犯人ですよ。いい加減に、とんでも科学から目を覚ますべきですよ。(2009/10/12)

地球に生存可能の人類の数などわからないのですよ。初めての事態ですから。たとえ地球に人類が多くなりすぎても、自分で減らすことなどできるわけないでしょう。戦争や飢饉で減るのが、自然です。日本人が減らしても、アジア、アフリカでどんどん増やすから、地球全体では減らないのですよ。人間は頭がよくて、対処できるというのは、妄想です。人間には生存したいというエゴがあり、自己調節はできません。空想社会主義にとらわれている人は、インテリに多いようですね。庶民の方が、結局人間は昔から一歩も進歩、解脱していないということが、身にしみてわかっていますよ。ぬるま湯にいる金持ち、エリートが気づかないだけでね。(2009/10/12)

前半の話は判りますし、そのため反対コメントも出てますので論議記事として良いと思いますが、エントロピーでこの人間活動、産業経済営みに切り込んで説明するには熱力学から割り出されたこの状態量概念の発生経緯説明と正確な具体的定義が不可欠です。現実の傾向がこのネーミングの傾向に近いというのであればエントロピー増大的、熱力学法則的とか「…的」を用いてはいかがですか?(都会の冷房廃熱篭った空間は廃熱エントロピーの海に溺れてる感覚ありますね。)また、地上のエントロピーは大気中水分の上下循環活動で地球外へ運ばれていることもご存知ですよね?話は面白そうなのでしっかり固めて次回を期待してます。(2009/10/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授