• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

恭順「民主党シフト」敷いた財務省の深謀遠慮

「鳩山の思慕」「小沢人脈」が突破口、次の一手は「菅の籠絡」か

  • 児玉 博

バックナンバー

2009年9月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 鳩山内閣がようやく動き始める。直前まで厳しいかん口令が引かれた閣僚人事は、ふたを開けてみれば実に穏当な人事配置だった。

 国民新党代表、亀井静香の処遇が法務大臣に始まり、総務相、防衛相そして郵政・金融担当大臣へと二転三転したのがハプニングといえばハプニングだったろうか。

「小沢さんが首を縦に振るまで言い続ける」

 そして焦点となっていた財務相のポストには長老、藤井裕久が就任した。

首相の鳩山由紀夫は藤井裕久の財務大臣起用にこだわった © AP Images
画像のクリックで拡大表示

 組閣が取り沙汰され始めてから、藤井の処遇については、財務大臣の当確情報が流れたかと思うと、それを打ち消す話が流れ、最後まで予断を許さぬ状況が続いた。

 それは取りも直さず民主党代表、鳩山由紀夫と幹事長、小沢一郎との綱引きにほかならなかった。

 側近であっても一度関係がこじれると修復困難な小沢の性格。西松建設からの違法献金問題で小沢批判を繰り返した藤井に対し、小沢の不快感は尾を引いていた。

 民主党結党当初、結党資金のほとんどを賄い、実質的なオーナーである鳩山だが、自由党との合併以来、自らは一歩引くようにし、常に小沢を立て続けてきた。しかし、その鳩山が首を縦に振らない小沢に何度も掛け合い、押し通したのが藤井の財務大臣での起用だった。

 「鳩山さんの藤井さんへの信頼は厚い。『小沢さんが首を縦に振るまで言い続ける』と鳩山さんは笑いながら漏らしていた。説得する自信があったんじゃないですか」(鳩山の側近議員)

鳩山の父は保守本流の大蔵官僚だった

 藤井への信頼の背景には鳩山の財務省、というよりも大蔵省への思慕の念があるようだ。

 祖父、鳩山一郎の陰に隠れてしまいがちだが、鳩山の父、威一郎は大蔵省の保守本流である主計畑を歩み、事務次官にまで上り詰めた大蔵官僚である。

 温厚さに加え、気さくな性格でもあった威一郎は、主計局長などだった時代、予算編成で徹夜作業を強いられる主計官ら部下たちに自腹で夜食を届けたり、予算編成が終わると部下たちを自宅に招いては慰労することを常としていたという。

 威一郎の部下として鳩山の家の門をくぐり、酒食を共にし、今も各界のしかるべき地位にいる大蔵省OBは決して少なくない。

 首相、鳩山由紀夫はいわばそうした大蔵ファミリーの一員として育ってきた。大蔵省への信頼感、親近感を皮膚感覚として身にまとっているのである。

小沢の元秘書官が財務省で大抜擢された

 財務省もいち早く民主党への恭順の意を示していた。霞が関の中でこれほど早く人事的に民主党への距離感を明確にした役所はほかにない。

 今夏の財務省人事は霞が関、永田町をアッといわせた。

コメント8件コメント/レビュー

読み物としては大いに興味深く読めますが、国民目線、民主政治向上に基(視点)を明確にした分析を期待したいと思います。例えば、財務省は省益を守る事が一番国益に近く、民主党が掲げる‘脱官僚’に一番遠い、対象から離れた官僚組織であるといえるのではないでしょうか。鳩山首相・小沢幹事長の行動も、民主政治の向上、国民指向の基(視)点で客観的に分析・論評されるべきではないでしょうか。(2009/09/28)

「児玉博の「見えざる構図」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

読み物としては大いに興味深く読めますが、国民目線、民主政治向上に基(視点)を明確にした分析を期待したいと思います。例えば、財務省は省益を守る事が一番国益に近く、民主党が掲げる‘脱官僚’に一番遠い、対象から離れた官僚組織であるといえるのではないでしょうか。鳩山首相・小沢幹事長の行動も、民主政治の向上、国民指向の基(視)点で客観的に分析・論評されるべきではないでしょうか。(2009/09/28)

>民主党結党当初、結党資金のほとんどを賄い、実質的なオーナーである鳩山だが・・・いまさらだが、この現実の方が興味深い。いくらきれい事を言っても、圧倒的な「かね」の力は動かせない。小沢も、無視できないパワー・オブ・マネーだ。なんてこったろうね・・・。日本に今、必要なのは個人的な財力ではなく、能力だ。彼らに日本を改革、即ち経済を立て直す能力があるかどうかだ。しかし、現実はパワー・オブ・マネーだけだ。現実の経済を知らない小粒な政治家に、経済建て直しが、果たして出来るのだろうか。あと半年もすれば、明確に解る。依然として日本は、崖っぷちだ。私の危惧が外れる事を祈る。(2009/09/24)

 大蔵省の内部でも、明治時代より連綿と続く「主税vs主計」の内部対立があることに一切触れていないのは、報道姿勢としていかがなものかと思います。「入るを計って出ずを制す」か「使うだけ搾り取る」かの根本的な路線対立が大蔵省内に存在することは、戦後50年の主計優位の中でもみ消されてきた「黒歴史」ですが、主税が完全に屈服した訳ではありません。(2009/09/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員