• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「東京離れ」は五輪のみならず

  • 加藤 修平,飯泉 梓

バックナンバー

2009年10月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2016年夏季五輪の開催地がリオデジャネイロに決まった。招致失敗は、東京の輝きが失われつつあることを印象づけた。これからは民間主導の再開発で魅力を高める知恵が問われる。

 五輪の開催地がリオデジャネイロに決まってから初の営業日となった10月5日。りそな銀行の店頭にはブラジル株で運用する投資信託の申し込みが次々に舞い込んだ。「北京五輪と同じぐらい盛り上がれば、期待できると思う」。こんな顧客が相次いで店舗を訪れ、同日の購入申込額は開催地決定前の週末に比べて7倍に膨らんだ。

 「東京のプレゼンテーションは圧倒的に良かったし、評価もされた」。石原慎太郎知事は帰国後の4日、都庁での記者会見で無念そうに語った。

 確かに、東京がリオに勝る点は多い。例えば治安の良さ。2007年に東京で発生した殺人は133件だが、リオは2377件。間違いなく、暮らすとしたら東京の方が安全だ。

 経済力で見ても、ドル換算の名目国内総生産はブラジルが世界10位の1兆730億ドル(2006年)であるのに対し、東京都の地域総生産(2006年度)だけでも7890億ドル。国別ランキングと比べても韓国に次ぐ15位。五輪招致の成否にかかわらず、東京が持つ潜在力は高いはずだ。

 「近い将来、新たな地下鉄が必要になるぐらいの街ができます」。独立行政法人の都市再生機構(UR)東京都心支社都心業務部の伊藤一成主幹がこう語るのは、東京の臨海部、五輪のメーン会場が建設されるはずだった「晴海地区」のことだ。

コメント1

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長