• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「妖怪」が地方を救う

2009年10月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本一人口が少ない鳥取県。その一地方都市で、あるファンドが誕生する。活性化の新たな試みは、大都市との経済格差を解消するか。

 「妖怪ファンド」――。10月中にも、こんな名称のファンドが立ち上がる。目的は、鳥取県境港市の経済活性化。同市出身の水木しげる氏が生み出した『ゲゲゲの鬼太郎』などの妖怪を、ビジネスに仕立てる資金を集める。

 妖怪ビジネスの第1弾となるのが、来年2~3月の発売を計画している「妖怪グッズ」の製作・販売だ。と言っても、Tシャツやコーヒーカップなどに主要キャラクターを描いたお土産グッズとは、ひと味違う。

『ゲゲゲの鬼太郎』など妖怪グッズ

 その象徴的な商品がダルマ(下図)。日本人にはお馴染みの形状に合わせて、鬼太郎や目玉おやじ、ねずみ男といったキャラクターをデザインしている。大きさは10~15cmで、価格は1体3000円程度の見込みだ。

画像のクリックで拡大表示

 デザインしたのは、米経済誌「ニューズウィーク」で2006年に「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた国際的に著名なデザイナー佐藤オオキ氏を擁するデザイン会社nendo(東京都目黒区)。製作するのはデザイン家具の製造小売りであるイデアインターナショナルだ。もちろん、水木プロダクションも公認している。

 順次、ラインアップを増やしていき、最終的には130体以上を“ダルマ化”する。この妖怪グッズ販売を、境港市に人を呼び込むツールにする。

 この取り組みは、境港市の振興にとどまる話ではない。というのも、ダルマはすべて職人による手作りだからだ。「伝統工芸の職人は技術があっても、何を作ればいいのかというアイデアがないために、収入を確保できていない」と、イデアの橋本雅治社長は現状の問題点を指摘する。

 今回、イデアではダルマの製造を請け負う産地を開拓、伝統工芸の事業機会の創出も目論む。さらに「和紙や織物、セラミックなど日本固有の技術を生かしたグッズを開発したい」(橋本社長)と意気込む。

1口3万~5万円を個人から

 このプロジェクトを実現する資金を提供するのが、妖怪ファンドというわけだ。事業主体となるのは、個人向けファンド運営会社のミュージックセキュリティーズ(東京都千代田区)。音楽CDや日本酒製造の分野で実績を持つ。妖怪ファンドも、境港市民や鬼太郎ファンといった個人を対象に資金を募る。「1口3万~5万円として、3000万円ぐらいは集めたい」と小松真実社長は話す。

 もともと妖怪ファンドは、小松社長と独立系投信運用会社のレオス・キャピタルワークス(東京都千代田区)の藤野英人取締役らが中心となって構想を練った。今年春以降、数回にわたって境港市に足を運び、現地を見学したり、地元の自治体や経営者と意見交換したりしてきた。

コメント4

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「妖怪」が地方を救う」の著者

戸田 顕司

戸田 顕司(とだ・けんじ)

食ビジネス シニアリサーチャー

「日経パソコン」「日経ビジネス」の記者、「日経ビジネス」兼「日経ビジネスオンライン」「日経トップリーダー」の副編集長、「日経レストラン」編集長などを務め、2016年3月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長