• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【最終回】太陽光発電の「不都合な真実」

人口の絶対的限界は存在するのか?

2009年11月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 唐突ながら、読者は江戸時代が好きだろうか? 歴史小説や映画の数などからすると、幕末動乱を例外として、戦国時代等に比べると一般に人気はいま一つといったところではないか。その理由は、江戸時代はどうも溌剌とした印象が薄くてドラマ向きでなく、息苦しく退屈に見えるからだろう。

江戸時代は本当に好きですか?

 実際に、江戸時代後半は人口が停滞し、社会活力もなかった。元禄時代ぐらいまでの江戸時代前半は、戦乱時代が終わって新田開発が進み人口増で活気があったが、幕府は技術革新と社会の流動性を厳しく規制し、社会活力より社会の安定・秩序を最優先した。福沢諭吉が憎んだ「親の敵」の封建時代そのものである。

 二度と戦乱を起こさせないためだったが、教科書にも出てくる大井川などの橋の廃止だけでなく、荷車など車輛も原則禁止し、複数マストと甲板を張った外洋船も厳禁した。手押し車に乗せた大五郎が「チャン!」と呼ぶ「子連れ狼」が気ままに旅をすることなど、実際には全くあり得なかった。

 江戸期後半は、新田開発も限界に達して、最低限の生活水準維持のため、「姥捨て山」伝説の信憑性はともかく、嬰児殺し(間引き)が一般化し、人口増はマルサスの罠によって約3000万人で長らく停止した。

 一部の環境派からは、人間の屎尿を肥料として本格的にリサイクル使用し始めた江戸時代は、持続可能社会のモデルのようにも言われているが、屎尿由来の回虫が蔓延して人々の栄養状態は悪化し、男の平均身長は150センチ台、女は140センチ台まで低下、その多くの頭蓋骨には栄養失調の証拠である眼窩の「す」が見られる。

人口増による薪炭利用で里山は荒廃していた

 悪臭を発して寄生虫の卵を大量に含む屎尿の肥料利用が広まった理由は、本来の肥料である堆肥(落ち葉等を自然発酵させたもの)の供給源の里山が、元禄以前の人口増による炊事・暖房や窯業・製鉄のための過度な薪炭利用で荒廃したことと、新田開発によって里山が遠方になりすぎたための苦肉の策であった。

 この皮肉な結果として、荒廃した里山に成立する赤松林にしか生えないマツタケがどんどん採れるようになった(第2次大戦後は、石油系燃料の普及で薪炭採集が激減し、結果として里山の自然回復で赤松林が激減、マツタケも希少品化した)。

 つまり、江戸期後半の日本も、人口とエネルギーと環境の深刻な相互矛盾に直面していたのである。

 一転して明治時代は、江戸時代に全くなかった大きな戦争が3回もあったにもかかわらず、活気に満ちた明るい時代のイメージが強い。これは、維新によって政治・社会・技術が大きく変わっただけでなく、英国産業革命と同様に、維新直後の政府による佐賀の高島炭鉱開発を嚆矢として、エネルギー源が薪炭から石炭に代わって産業化が進み、所得水準と人口が増大したからである。

 近年、江戸時代にも識字率や商品流通が向上していたことをもって、江戸時代に既に産業化が始まっていたかような議論も多いが、エネルギーの視点を欠いた議論は産業化の本質を見誤りかねない。

 今回は最終回なので、ここで歴史から離れて、地球環境問題に直面する現在と将来について考察することにしよう。

コメント62件コメント/レビュー

石井さんのコメントにおいて確実に正しい点は、エントロピーと物質収支についての部分です(太陽光/化石燃料のエネルギー密度や効率については、議論の余地は全く無く、この点で表面的な反論を試みているコメントがあるのは残念、顔が見えないネットの問題点か)。これらの現象をエネルギー/人口理論と絡めたことは、画期的であり、小生にとって目から鱗であった。生活の質とエネルギー/食料問題は人類の歴史を通して常に生じてきた問題で、戦争や病気の流行と直結しており、その辺をわかり易くまとめていただき頭の整理ができました。狩猟生活を理想としているというのも、われわれのホビー(野球、サッカー、ハンティング、旅行)がそれらを模倣している点からも違和感ありません。表面的な環境問題からロハスを主張する方もいらっしゃいますが、その背景にこのような発想が無ければ説得力も持続性も無いでしょう。今、原子力発電のコストが明らかになり、深海油田のリスクも記憶に新しい中、「低エントロピー」なエネルギーは制御不能になれば大事故につながるという至極当然なことを世界中が改めて認識したところです。人の想像を超えたこと(Black Swanのような)はいつかは起こりえるわけですからね。社会がどれだけのコストを払って今の生活を維持しているのか、これから何を目指すべきなのか、専門分野を超えた包括的な視点で研究/提言を始める時期に来ているかと思います。小生は現在実業にかかわっておりますが(主に石油/天然ガスの探鉱開発生産)、業界人の多くが短期的視点で事業を見ていることに辟易としております。本稿のような超長期的視点に基づいて、資金や技術開発の振り分けを出来る経営者/政治家に増えていって欲しいと思っています。そのためには、事実を冷徹に見る必要があるし、思い込みの罠(concord fallacyのような)に陥らない知的強靭さも必要です。小生もそのために周囲の雰囲気を変えていこうとしておりますし、皆さんも冷静なコメントをして理解を深めていかれることを期待しておりいます。(2011/04/17)

「脱常識の世界史」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

石井さんのコメントにおいて確実に正しい点は、エントロピーと物質収支についての部分です(太陽光/化石燃料のエネルギー密度や効率については、議論の余地は全く無く、この点で表面的な反論を試みているコメントがあるのは残念、顔が見えないネットの問題点か)。これらの現象をエネルギー/人口理論と絡めたことは、画期的であり、小生にとって目から鱗であった。生活の質とエネルギー/食料問題は人類の歴史を通して常に生じてきた問題で、戦争や病気の流行と直結しており、その辺をわかり易くまとめていただき頭の整理ができました。狩猟生活を理想としているというのも、われわれのホビー(野球、サッカー、ハンティング、旅行)がそれらを模倣している点からも違和感ありません。表面的な環境問題からロハスを主張する方もいらっしゃいますが、その背景にこのような発想が無ければ説得力も持続性も無いでしょう。今、原子力発電のコストが明らかになり、深海油田のリスクも記憶に新しい中、「低エントロピー」なエネルギーは制御不能になれば大事故につながるという至極当然なことを世界中が改めて認識したところです。人の想像を超えたこと(Black Swanのような)はいつかは起こりえるわけですからね。社会がどれだけのコストを払って今の生活を維持しているのか、これから何を目指すべきなのか、専門分野を超えた包括的な視点で研究/提言を始める時期に来ているかと思います。小生は現在実業にかかわっておりますが(主に石油/天然ガスの探鉱開発生産)、業界人の多くが短期的視点で事業を見ていることに辟易としております。本稿のような超長期的視点に基づいて、資金や技術開発の振り分けを出来る経営者/政治家に増えていって欲しいと思っています。そのためには、事実を冷徹に見る必要があるし、思い込みの罠(concord fallacyのような)に陥らない知的強靭さも必要です。小生もそのために周囲の雰囲気を変えていこうとしておりますし、皆さんも冷静なコメントをして理解を深めていかれることを期待しておりいます。(2011/04/17)

補助金に頼らなければ採算が合わない技術(=トータルでのエネルギー投入量が多い技術)を礼賛する風潮にはウンザリでしたので、興味深く拝読させていただきました。ただ技術的に???と思うところも多少ありましたので、「自称」環境派に足元をすくわれぬよう頑張ってください。(2009/11/10)

人口増加のスピードは緩んでも、エネルギー需要増加のスピードは緩まらない。発展途上国における一人当たりのエネルギー消費量が、先進国のそれに近づくからだ。採掘資源に多くを依存しない、技術開発によるエネルギー源を開発しない限り、人類存続は危ういのだ。 この著者を始め、石油等従来エネルギー関係者の間には、ムキになって原子力や太陽光発電を貶す人が多いようだが、自分達の食い扶持が減ることが心配なのだろうか。いくら原子力や太陽光が増えたからと言って、従来エネルギー源の使用は減ることはないから、そんな心配は要らないのに。原子力や太陽光の増加分は結局、これから急激に増大するエネルギー需要分を受け持つだけに過ぎない。 それより、石油関係者は、第二次大戦以降のほとんどの戦争の原因が、石油資源争奪が目的であったことを、もっと真摯に省みた方がよいだろう。(2009/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授