• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

郵政新社長は大蔵「超実力OB」

「脱官僚」鳩山内閣が涙して頼むに至った生臭い関係

  • 児玉 博

バックナンバー

2009年10月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仰天人事とはこのことか。日本郵政の新社長に元大蔵事務次官、斎藤次郎の就任が内定した。

 政治的な詰め腹を切らされることになる社長、西川善文の後釜人事は難航が予想された。誰もなり手が見当たらないからだ。

 そもそも、オリックスへの「かんぽの宿、一括譲渡問題」に端を発した日本郵政問題。その問題はいつしか社長、つまり西川の交代こそ日本郵政の根本的な見直しに必要不可欠なこととされていった。

西川後継人事は、ババ抜きのババ

 こうした経緯から日本郵政そのものが財界にとっては“鬼門”となっていた。

 日本郵政=リスク。こうした思いから、東京・丸の内の一等地にある東京中央郵便局跡地の開発などを当て込んで三井不動産、三菱地所などに出向者を出していた企業は、10月1日をもって一斉に出向者を自社に戻したほどだった。

 西川の後釜は、まさにババ抜きのババにほかならなかった。

 金融・郵政改革担当大臣の亀井静香は就任早々、中小企業の金融機関への支払い猶予を口にするなど、亀井節を炸裂させ、内閣で1人“暴走列車”と化していた。

 その亀井をしても、「ポスト西川」は頭を痛める問題だったようだ。財界のパイプを持たない亀井が相談を持ちかけたのが、読売新聞社会長の渡邉恒雄だった。

「あんたが国士なのをよく知っている」

 斎藤の就任が内定した前夜にも亀井と渡邉は都内の料亭で会い、そこから亀井が電話で斎藤に最終要請をしたようである。

 電話口で亀井は、

 「俺はあんたが国士なのをよく知ってる。国のために命を出してくれよ」

 亀井は涙ぐみさえして、斎藤に受諾要請をした。亀井ならではの芸当ということだろうか。

 渡邉の小沢(一郎。民主党幹事長)嫌いは有名な話だ。その小沢と密なる交わりを持つ斎藤。

 小沢というファクターを通じて異なる様相を見せる2人が政界再編を仕掛けたのが、福田内閣時代の自民党と民主党との連立構想、いわゆる大連立構想だった。

コメント8件コメント/レビュー

そもそも郵便局(貯金・保険機能を具備した郵政事業)を何故に民営化しようとしたのか、何ゆえに国民は郵政民営化を選択したのでしょうか?更にいえば、民営化前の国鉄は如何だったのか?もう一度これらの事由・背景を思い出す必要があると考えます。今また、破産状態のJALに関しても、前原大臣は赤字の地方路線を存続させると言っているとの由。これらは全て同一根源を有していると思います。日本の将来を憂え、より良い国に改善しなければならない政治家の方々が、自分の利益(将来も選挙で勝つこと)にのみ関心を抱き、ないしはそのためにのみ活動を行なうということはあってはならぬことであることを政治家を選ぶ義務(権利)を有する国民全員が認識すべきと考えます。(2009/11/01)

「児玉博の「見えざる構図」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そもそも郵便局(貯金・保険機能を具備した郵政事業)を何故に民営化しようとしたのか、何ゆえに国民は郵政民営化を選択したのでしょうか?更にいえば、民営化前の国鉄は如何だったのか?もう一度これらの事由・背景を思い出す必要があると考えます。今また、破産状態のJALに関しても、前原大臣は赤字の地方路線を存続させると言っているとの由。これらは全て同一根源を有していると思います。日本の将来を憂え、より良い国に改善しなければならない政治家の方々が、自分の利益(将来も選挙で勝つこと)にのみ関心を抱き、ないしはそのためにのみ活動を行なうということはあってはならぬことであることを政治家を選ぶ義務(権利)を有する国民全員が認識すべきと考えます。(2009/11/01)

ここで問題にしないといけないのは旧官僚を社長に選んだということではなく、民主主義国家とてして、資本主義国家として株式会社の社長を政治家が(自分の好みで)選択したということだと思います。これは独裁政治以外に何ものでもない。基地問題、八ッ場ダム問題、民主主義議会政治のかけらも見えない。全部大臣の個人の感情。確かに民主党は衆議院選挙で大勝した。しかし、それだからといって討議の場を無視しては、ヒットラーが行ったことと同じこと。また政策が思いつき・その場しのぎになる。黒船が来た時に幕府は来年まで待ってくれといった。あれよあれよとしている内に不平等条約を結ばされた。あまり基地についてわがままを言うとアメリカは「それなら良い」と言って中国と北朝鮮と直接に交渉をし始め、「日本の防衛については私は関係ないよ」と言いそうです。(2009/10/28)

「日本における最大権力は財務省」。金を握っている人が一番強いのは、おウチの奥様から国の省庁まで同じということでしょうね。俺が稼いだ金だ!なんて言っても、てんで堪えないと。(2009/10/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長