• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「中高年」に群がる音楽業界

2009年11月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

レコード会社12社が、異例の合同キャンペーンを始めた。中島みゆきやABBAら往年のスターのCDを1800店で販促。音楽は 若者・携帯配信 が主力も、需要頭打ちで巻き返しへ。

 10月末、音楽業界が大同団結した異例のキャンペーンが立ち上がった。

 ユニバーサルミュージックやエイベックス マーケティング、EMIミュージック・ジャパンなど音楽レコード12社が共同で販売促進に乗り出したのだ。全国約1800店の小売店がキャンペーン専用の棚を作るなどして協力する。また購入者の中から抽選で旅館宿泊券やiPodが当たる仕掛けもある。音楽大手がこれほど手を組んで、小売店も巻き込む取り組みは過去にない。

 音楽といえば主な購買層は学生をはじめとする若年層。特に携帯電話を使って好みの曲をダウンロードする買い方が時代の主流となっている。しかし、今回の販促のメーンターゲットは40~64歳の中高年層。その名も「大人の音楽」キャンペーンと言う。

稲垣潤一、中島みゆきら勢揃い

 登場するミュージシャンは松山千春、稲垣潤一、徳永英明、中島みゆき、吉田拓郎、ABBA、カーペンターズ、ライオネル・リッチーら。対象CDやDVDには中高年のファンなら誰しも一度は耳にしたことのある懐かしい人気アーティストの作品がずらりと並ぶ。動画配信サイトの「YouTube(ユーチューブ)」なども活用する。

 仕掛け人であるユニバーサルミュージックの深尾尚宏セールスマーケティング&デジタルセールス本部長は「各社が協力することで、大規模プロモーションの負担を軽減できる。今年3月に当社単独で同様のキャンペーンを仕掛けたところ、旧譜売り上げが1.7倍になるなど効果は大きかった。業界全体で大人の関心を音楽に向ける流れを作りたい」と狙いを説明する。

コメント2件コメント/レビュー

会長のコメントが印象的でした。業界関係者でも、わかる人はわかっているんですね。今の音楽業界の衰退は、音楽を文化としてではなく、ただの商品として見なすようになったからではないでしょうか。90年代末~00年代初頭、ダブルミリオンも珍しくなくCDが売れに売れていた時に、ここぞとばかりに大量に売り出された楽曲。そのペースを落とすことなく、短期的なサイクルで現在までリリースを続けられている楽曲は「ただの商品」でしかなく、聞き手の心に記憶に思い出に染み付く前に消えてしまうのです。(2009/11/13)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「中高年」に群がる音楽業界」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

会長のコメントが印象的でした。業界関係者でも、わかる人はわかっているんですね。今の音楽業界の衰退は、音楽を文化としてではなく、ただの商品として見なすようになったからではないでしょうか。90年代末~00年代初頭、ダブルミリオンも珍しくなくCDが売れに売れていた時に、ここぞとばかりに大量に売り出された楽曲。そのペースを落とすことなく、短期的なサイクルで現在までリリースを続けられている楽曲は「ただの商品」でしかなく、聞き手の心に記憶に思い出に染み付く前に消えてしまうのです。(2009/11/13)

40~64歳の~音楽配信よりカセットテープやCDで音楽を聴くのに慣れている世代だ。 ここに筆者の見落としがあります。 ビートルズのリマスター盤の事まで書いて有るのに残念。  その年代が今の音楽状況を敬遠している原因が質の悪さなのだ。 やわな曲、悪い音質。 昔は良かったと回顧で例えてはいけない。 明らかに四半世紀より前の音楽の方が上質なのだ。 配信で得られる音源はMP3などの不可逆圧縮である。 容量はCD音源の1/10程度だろうか。元の音質には戻らない圧縮なのだ。 それはイヤホンで聞く為の最低限の音質なのである。 それしか与えられていない世代はそれで満足だ。 どうせ音楽も使い捨てなのだから。 しかし年寄りは違う。 音楽は宝物に近い物だからだ。 だからより良い音質にこだわり、紙ジャケを愛で、解説があるならそれに目を通したい。そして自分に使えるお金が無い。 あ、これは私だけか、、。  それが今では、品の無いプリセットのイコライザーで聞けとぬかしやがる。 ジョブズの都合だけでスカスカの音楽を聴かされてたまるか。 昔よりも音質下げてどうするんだ。それがデジタルの限界なら、大した技術では無い。(2009/11/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長