• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自ら電卓たたきムダ削減

長妻・厚労相 単独インタビュー

  • 杉山 俊幸

バックナンバー

2009年11月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

子ども手当、年金、医療制度、雇用など、山積する問題に取り組む長妻昭・厚生労働大臣。「政治主導」を実践するため、野党時代の3倍働いている、と言う。膨れ上がる予算だが、行政刷新会議に頼らず自省でも削減を進める、と意気込む。

 だいぶ、お疲れの様子です。

 業務量というか仕事の密度は、野党の一議員だった時と比べて3倍くらいになりましたので。自民党政権だったら、大臣になってもすべてお膳立てが整っている。極端に言えばハンコをつくくらいだと推察されます。ただなにぶん、民主党が政権を取るのは初めてだし、私も初めての大臣ですので何かと大変なのも仕方がない。

 まあ、自民党の大臣で、予算額などについて自分で電卓をたたく大臣はいなかったんじゃないかな。

 長妻大臣はたたく。

長妻昭・厚生労働大臣
長妻昭・厚生労働大臣(写真:村田 和聡)

 最初は自分でやってみないことにはどうにもならないですから。

 大臣になって1カ月半。何度、財務省を訪れたか分からない。厚生労働省の官僚に聞くと、大臣が財務省に行くのは、1年に1回がいいところだった。頻繁に出向く大臣は初めてだ、と。

 かつては事前に官僚が調整していたわけですね。

 最後に大臣同士がシャンシャンで儀式をやる。私の場合、官僚に囲まれて説明を聞く時間より、2人の副大臣、2人の政務官といる時間の方がはるかに長い。彼ら政治家のフィルターを通して、私は官僚の話を聞くようにしています。

 政治主導とはいえ、すべてを副大臣、政務官を含めた5人でこなすのには無理があるのでは。

 大臣になってからこれまで、省内の課長クラスにも会い、細かな案件まで首を突っ込んできました。どの部分なら官僚に任せて大丈夫か、どの部分は難しいか、見極めてきた。大方の線引きはできたので、今後はもう少し時間的な余裕ができると思います。

公約破棄では、自民政権と同じ

 厚生労働省の来年度予算の概算要求は28兆8894億円と、自民党政権下で作った今年度の当初予算より約3兆7000億円余り増えてしまいました。

 高齢化に伴う社会保障費の自然増が約1兆円あります。それを除いた増加分の大半が「子ども手当」です。少子高齢化に対応する厚労省の宿命とも言える。民主党はマニフェストで「コンクリートから人へ」とうたったわけで、厚労省の予算が大きくなるのはある程度はやむを得ない。だからこそムダの排除には、他の省庁より神経を尖らせないといけないのです。

コメント24件コメント/レビュー

マネージメントに徹するべきトップ管理者がヒラ社員並みに電卓を叩いていたのではより大事な仕事ができません。こういう細かい仕事は信用できる中間官僚を捜し出して彼等にやらせるべきです。もちろんその官僚にある程度の裁量権を与えて末端の連中まで動員して働いてもらうことはいうまでもありません。長妻大臣に限らずですが、民主党政権はムダ探し一つにしてもトップがあまりに下位レベルの仕事をし過ぎではないでしょうか。官僚が信用できないからと言いたいのでしょうが、やり過ぎは官僚からソッポを向かれてしまいます。一番恐いのは「正副大臣に政務官殿にはご勝手にどうぞ」とベテラン官僚からのアドバイスを切られることです。政策一つ作るにしても、それが影響する分野とか過去の経緯とかの情報が上がってこなくなり、そのために大きなミスをしでかして結果国民を混乱に陥れてしまうことです。特に外交関係は国益に直結するだけに対米関係一つとっても非常に気になります。(2009/11/11)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マネージメントに徹するべきトップ管理者がヒラ社員並みに電卓を叩いていたのではより大事な仕事ができません。こういう細かい仕事は信用できる中間官僚を捜し出して彼等にやらせるべきです。もちろんその官僚にある程度の裁量権を与えて末端の連中まで動員して働いてもらうことはいうまでもありません。長妻大臣に限らずですが、民主党政権はムダ探し一つにしてもトップがあまりに下位レベルの仕事をし過ぎではないでしょうか。官僚が信用できないからと言いたいのでしょうが、やり過ぎは官僚からソッポを向かれてしまいます。一番恐いのは「正副大臣に政務官殿にはご勝手にどうぞ」とベテラン官僚からのアドバイスを切られることです。政策一つ作るにしても、それが影響する分野とか過去の経緯とかの情報が上がってこなくなり、そのために大きなミスをしでかして結果国民を混乱に陥れてしまうことです。特に外交関係は国益に直結するだけに対米関係一つとっても非常に気になります。(2009/11/11)

なぜ大臣が単独インタビューに応じるのだろうと思っていたら、元々日経出身だったのですね。肝心の中身ですが、現政権全体に言える事ですが、「変革」という目的にとらわれすぎていて、目前に立ちはだかる差し迫った問題への対処が全て後回しになっている印象があります。緊急性の高い案件は他にあるにも関わらず、この時期に提案するべきではない案ばかり出している。そちらの提案自体が本当の目的なのか、焦らなければいけない理由があるのかと勘繰るのは自然なことです。(2009/11/11)

非常に気になったので書き込み致します。それは、記事の内容ではなく、寄せられたコメントの内容なんです。マスコミに「舛添前大臣は東大卒で要点の把握が早かったが、長妻大臣が無能で検討中が多くなっている」との様な官僚の感想が載っていましたが、そのような官僚やマスコミの情報操作に乗せられているようなコメントが多々見られる事なんです。電卓を叩いて自ら、諸案のチェックをしたりするのが問題とする的外れな意見や(高倉健の、俺の眼を見てくれ、判る打だろ...のスタイルで仕事ができるの?)、官僚のズル賢こさ(サラリーマン諸氏、上司の目を誤魔化す事なんて日常茶飯事でしょ)を棚上げしたような意見とか、何か狂っていませんか? 先ずはキチンと大臣のOUTPUTを見守りましょう。(2009/11/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長