• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日米軍事同盟、終焉へのカウントダウン

安保体制を裏方で支える時代は終わった

  • 鍛冶 俊樹

バックナンバー

2009年11月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「オバマは本当に来るのか?」

 そんな懸念の声が外務省内で囁かれるようになったのは先月中旬のことだ。なにしろ日米間の懸案事項、インド洋補給問題と普天間移設問題が暗礁に乗り上げたまま、鳩山由紀夫政権は動きが取れない。米側はバラク・オバマ訪日までの解決を要望していたものの解決の糸口さえ見いだせず、このままの状態で大統領が来日して首脳会談を開いても「決裂するだけ」なのは目に見えている。訪日中止に至るのではないかと危惧されたのである。

 さすがに中止に至らなかったようだが、日程がずれ込む事態にはなった。直接の原因は、米国陸軍基地内での銃乱射事件だ。

 これは突発的な事件とは言え、単なる日程変更というだけでなく、日米関係に暗い影を投げかける深刻な事件でもある。米テキサス州の陸軍基地でメンタルヘルスケア担当の軍医が銃を乱射し、米兵ら13人が死亡、30人以上が負傷し犯人は地元警察の女性警官により取り押さえられた。軍隊には通常、憲兵(military police)が常駐しており地元警察の力を借りなければならなかったこと自体が軍の威信にかかわる事件である。

 しかしそれよりもはるかに重大なのは、犯人が米国籍の米国軍人だがアラブ系でイスラム教徒であった点だ。

 イラク・アフガニスタンにおける一連の戦争を米国のジョージ・ブッシュ前政権は対テロ戦争と呼んだ。しかしこの呼称が変だと言うことは、米国ではとうに指摘されている。テロとは戦争の手段であり、対象ではない。第2次世界大戦でドイツは電撃戦を使用したが、だからといって戦争は対独戦争であり、対電撃戦戦争ではない。ならば、この戦争は何と呼ぶべきなのか?

アフガンに対する欧米と日本の温度差

 1990年代前半、国際政治学の世界的権威であるサミュエル・ハンチントンは次なる戦いを西洋文明対イスラム文明になると予言し、これを「文明の衝突」と呼んだ。結果的に見て、この予言はまさに的中したことになるが、ではこの戦いを「文明の衝突」と呼ぶか? と言えば、答えはノーである。

 なぜならもしそう呼べば、この戦争がイスラム教徒を対象とした戦いとなりかねない。全世界のイスラム教徒を敵として戦うことの不利を欧米はよく知っている。つまり欧米としては対イスラム戦争という側面を決して強調してはならないのである。そこで苦し紛れにつけた呼称が対テロ戦争なのである。

 だが、イスラム過激派はこの戦いを西洋対イスラムの戦争として捉え、聖戦(ジハード)を鼓吹している。多くのイスラム教徒は自爆テロには否定的だが、内心、反欧米感情に共感している。つまり、いつ対イスラム全面戦争に発展してもおかしくない状況であり、欧米はそれを抑えるのに躍起になっているのだ。

 この戦争の正当性をめぐる議論がしばしば散見される。大量破壊兵器がなかったとか国連決議に基づいているとかの議論は、実は表面的なものでしかない。欧米の兵士を悩ませる本質的な疑問はこの戦争が宗教差別に基づく宗教戦争ではないのか? という宗教的な疑問だ。

 従って従来の米軍であれば従軍牧師が兵士の精神面の大きな支えとなるのに、この戦争では宗教色を嫌い、非宗教的な心理カウンセリングに重点が置かれているのだ。ところが今回の事件ではその担当の精神科医がブログに自爆テロを讃える書き込みをし、「アラーは偉大なり」と叫んで凶行に走った。

 犯人はヨルダン系の39歳の男性だが、少佐という階級は軍の中堅幹部でありしかも精神科医、米国のエスタブリシュメントに属しておりアラブ系のエリートと言ってもいい。こうしたエリートが米国の正義を信じられなくなっているのだとすれば、それは取りも直さず、米軍が宗教的に侵されていることを意味する。つまり宗教戦争の側面が表面化せざる得ない状況なのだ。

コメント13件コメント/レビュー

筆者の主張によると、日本も対イスラム宗教戦争に加担せよ、それが日本の唯一の生き残る道、と言うことになる。世界のイスラム社会に敵対することが、資源小国で貿易立国しか有りえ無い日本にとって国益になる、と言う論理は、頭の悪い私には理解不能です。欧米が血を流してまで守ろうとしているのは、中東での既存権益。それが宗教を背景とした民族観(ある意味で蔑視)により戦争の形となって表れている。この戦争に加担することは、決して日本の国益にならない。(愚痩子)(2009/11/13)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

筆者の主張によると、日本も対イスラム宗教戦争に加担せよ、それが日本の唯一の生き残る道、と言うことになる。世界のイスラム社会に敵対することが、資源小国で貿易立国しか有りえ無い日本にとって国益になる、と言う論理は、頭の悪い私には理解不能です。欧米が血を流してまで守ろうとしているのは、中東での既存権益。それが宗教を背景とした民族観(ある意味で蔑視)により戦争の形となって表れている。この戦争に加担することは、決して日本の国益にならない。(愚痩子)(2009/11/13)

インド洋での洋上給油について、今年8月までの18カ月間で米軍艦への給油は11回、母港が目の前にあるパキスタン軍艦への給油が54回であったということについて、どのようにお考えでしょうか。継続しても形だけ、あいつら何やってんの状態ではないですか。また、給油活動終了を、「西洋諸国から見れば、裏切りにも取られかねない。」と、「西洋諸国」とひとくくりにするのはいかがなものでしょうか。欧州諸国は撤退に向けて動いているのではないですか。(2009/11/13)

国の姿、立ち位置、方向性ーこれらを民主党はどのように考えているのでしょうか? 非常に的確で明確な記事でした。現在進行中の「事業仕分け」で民主党議員や、民間仕分け屋の皆さんに「検討」させたらば、どのような結論を出すか、大いに気になるところです。オバマー鳩山会談が日米同盟解消への契機になりそうな予感がします。軍備なき国際平和・国際協調と言う理想論へ向けて、「友愛」の心で進むのでしょうか?(2009/11/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長