• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【株価が語る】 トヨタ自動車 市場が催促する「将来像」

2009年11月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2010年3月期、2期連続の最終赤字となるトヨタ自動車。ホンダ、日産自動車に比べ投資家の反応は冷淡なまま。問われているのは「脱・先進国」時代のビジネスモデルだ。

 株式市場でトヨタ自動車株の出遅れが鮮明になっている。

 日経平均株価の終値が前日比71円(0.74%)高となった11月6日。相場全体の上昇に反し、前日に2009年4~9月期決算を発表したトヨタは60円(1.67%)安の3520円に終わった。同期の決算発表翌日、相場が下落する中で株価を上げたホンダや日産自動車とは対照的な値動きだった。

 投資家の反応が冷淡だったのは、まずは決算内容による。

 ホンダ、日産が2010年3月期の業績見通しを上方修正し、営業黒字となる一方、トヨタは上方修正後も3500億円の営業赤字にとどまる。下期の為替見通しはホンダ、日産の1ドル=85円に対し、トヨタは1ドル=90円。1円の円高・ドル安で年間250億円もの営業利益が変動することを考えると、“のりしろ”の少なさは気になる。

「大企業病」との指摘も

 業績の先行き見通しに加え、市場から聞かれるのは体質改革の遅さだ。

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車の株価推移

 トヨタは現在、固定費削減や原価改善などによる緊急収益改善策を進めている。通年での効果は期初計画の8000億円から1兆2500億円まで高まる見通し。さらに、地域ごとに適した商品開発に乗り出す方針を打ち出したほか、住宅事業を子会社に統合することやF1からの撤退を決めた。相次いで構造改革の手を打っているが、JPモルガン証券の高橋耕平アナリストは、「改革の方向性は間違っていないものの、今頃F1を撤退するなど動きが遅い。大企業病にかかっているのではないか」と厳しい評価を下す。

 グラフで示したように、6月に豊田章男新体制が発足してからの株価推移を見ると、ライバルに比べ見劣りするのは明らか。同時期に伊東孝紳氏が新社長に就任したホンダは新体制スタート時の株価を上回っているが、トヨタはさえない(11月6日時点)。短期的な業績もさることながら、株式市場が「トヨタは次なる利益成長の絵を描けていない」(みずほ証券)と受け止めていることもその一因のようだ。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「【株価が語る】 トヨタ自動車 市場が催促する「将来像」」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員