• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPodがラジオ局になる

  • 神農 将史

バックナンバー

2009年11月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 クルマで米アップルの「iPod」を聴くための機器が売れている。再生された音楽をFM電波に変え、ラジオで楽しむ「FMトランスミッター」だ。

 iPodに代表される内部メモリー型音楽プレーヤーは、その手軽さから、すっかりオーディオ機器の主役に定着した。クルマにも持ち込みたいと考えるのは自然な流れだが、難点は接続ジャックがないクルマが多いことだった。簡単にその問題を解決してくれるのがこの製品だ。

充電できるタイプが人気

 クルマのシガーソケットを電源にして、iPodにつなぐだけ。あとは好きな周波数を選んだ後、FMラジオをその周波数に合わせれば音楽が聴ける。カー用品店でも売られているが、音楽プレーヤーのアクセサリーとして、家電量販店でも扱っている。

 手軽さだけでなく、手頃な価格も人気を支えている。売れ筋価格は2000~3000円で、安いものなら1000円台で買える。プレーヤーの電池の心配をしないで済むため、充電もできるモデルが人気だ。ソニーの「ウォークマン」や携帯電話に対応したモデルも販売されている。今年は「高速1000円」などの政策も追い風となっているようだ。

特別な装備もスペースも必要ない(ロジテックの「LAT-FMi03」)
画像のクリックで拡大表示

 最大手の一角であるロジテック(東京都千代田区)によれば「昨年末にバッファローコクヨサプライ(名古屋市南区)が参入して、一気に市場が拡大した」という。それ以降も販売は好調で、前年同月比で2割から3割の伸びを続けている。普及に伴い、価格もさらに安くなっており、リサーチ会社のGfKジャパン(東京都中野区)によれば、家電量販店での平均販売価格はこの1年で600円も下がった。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック