• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

発表から5年の理由

青いバラ(サントリーホールディングス)

  • 佐藤 嘉彦

バックナンバー

2009年11月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サントリー流「やってみなはれ」精神で、20年前に開発着手した青いバラが発売された。開発成功の発表は2004年。だがすぐに事業化とは、いかなかった。青い色素を作り出す遺伝子を人工的に組み込んだため、生態系への影響を確認した。

 11月3日、サントリーホールディングス傘下のサントリーフラワーズから、世界初の青いバラ「ブルーローズ アプローズ」が発売された。1990年、花卉(かき)事業への参入と同時に「世の中で不可能と言われている青いバラを作ってみなはれ」と2代目社長の故・佐治敬三氏がぶち上げたのが、開発のきっかけ。それから約20年の歳月と、30億円余りの費用を費やした。

花言葉は「夢 かなう」。不可能と言われた青いバラを20年かけて現実のものにした思いを込めた

 価格は1本2000~3000円で、従来のバラの2倍以上と高価。しかし、国内での販売目標は2011年で20万本、金額ベースで約6億円と収益貢献度は大きいとは言えない。

遺伝子組み換えの安全性を検証

 それでもこれだけ長期間、開発が続けられたのは「創業者・鳥井信治郎から続くサントリーの企業精神『やってみなはれ』の象徴」(サントリーで研究開発部門を担当する辻村英雄常務)だったからだ。発売日の11月3日は、佐治氏の命日でもある。

 読者の中には「青いバラは数年前に開発に成功していたはずでは」と思う方もいるだろう。確かに、サントリーが青いバラを発表したのは5年前の2004年のこと。画期的な技術開発だとして、世間の注目を集めた。

 では、この5年間サントリーは一体何をしてきたのか。

 青いバラは遺伝子組み換え技術によって誕生した。つまり、自然界には本来存在しないものだ。そのため、一般に栽培したり、販売するためには、ほかの遺伝子を持つ植物と交配する交雑などで、生態系に影響を与えないことを実証し、農林水産省から認可を得ることが必要だった。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長