• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

空気がお金に化ける? 排出権取引は悪なのか

温暖化防止に効果はあるものの制度には欠陥も

2009年11月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 排出権取引(排出量取引とも呼ばれる)に対して「現代の免罪符」、「悪をお金で買う」、「欧米金融機関のマネーゲーム」といった反応をする人々が多い。こうした反応の多くは排出権の仕組みに対する先入感や誤解から来ている。また「排出権に頼らず自国の温室効果ガス削減努力をすべき」という主張はもっともだが、排出権取引を全面的に排除するというのであれば疑問符が付く。

排出権取引の現場は苦労話のオンパレード

 そもそも排出権はどこから生じているのか? 

 その多くは、発展途上国における様々な温室効果ガス削減事業によって産み出されている。例を挙げると、中国における風力発電事業、マレーシアにおけるパーム椰子房を利用した発電事業、インドのアンモニア製造プラント改良による蒸気消費量削減事業、ブラジルのゴミ処分場のメタンガス回収・発電事業、韓国の硝酸工場のN2O(亜酸化窒素)破壊事業、ベトナムの油田の随伴ガス回収事業といったプロジェクトだ。これらが国連によって承認され、削減量に応じた排出権が発行され、国連と各国が運営する電子登録簿の中で保管・売買されている。

 案件実施には様々な苦労が伴う。マレーシアで豚の糞尿からメタンガスを回収し発電する事業をやるため、養豚村の長老と一緒に、農家に豚の糞尿を定期的に提供してくれるよう説得して歩くが、糞尿から生じる排出権が金になると分かると急に金を寄越せと言われるとか、中国の山奥に車で10時間も走って行き、雪どけ水が流れる水力発電所の建設現場で苦心惨憺して資機材を運搬して事業を立ち上げるとか、合意したはずの事柄を何度も蒸し返してくる中国人との議論に疲労困憊して商社の女性社員が倒れ病院で点滴を受けたとか、二酸化炭素の地中貯留の方法論を提案したが、排出権価格下落による自国の収入減を嫌う国連CDM理事会のブラジル人理事に強硬に反対されて進まないといったエピソードのオンパレードである。この辺の事情は、今般上梓した『排出権商人』(講談社刊)に詳しく書いた。

 京都議定書は、先進締約国(41の国と地域)に対して温室効果ガス削減目標を負わせる一方で、海外から排出権を購入して補ってもよいという柔軟措置を設けた。これが「京都メカニズム」と呼ばれるもので、(1) CDM(Clean Development Mechanism=クリーン開発メカニズム)、(2) JI(Joint Implementation=共同実施)、(3) 排出権取引の3つである。

 CDMとJIは、外国で温室効果ガス削減事業を行い、プロジェクトが存在しない場合(これを「ベースライン」と呼ぶ)に比べて、温室効果ガスの排出量が削減されたと認められると、国連によって排出権が与えられる仕組みである。CDMは京都議定書で削減義務を負っていない国(発展途上国)で行われる事業、JIは削減義務を負っている国(先進国)で行われる事業である。

 3番目の排出権取引は、CDMやJIによって産み出された排出権や自国の排出枠に余裕のある国の余剰排出権(排出枠)を売買することである。

 日本企業(電力会社や鉄鋼会社)が購入している排出権の多くはCDMによって産み出されたものだ。プロジェクトの数や排出削減量で見るとCDMはJIの15~20倍ある。

コメント11件コメント/レビュー

このコラムよんでも、排出権取引は胡散臭いです。大体、CO2出す権利を金で売買するなんていってみれば呼吸するにも金がいるのと同じに見える。これもマネーゲームなんだろうけど、いい加減懲りないとまたサブプライムみたいになりそう。CO2 25%削減なんて言い出した日本は馬鹿みたいな上客で食い物にされるんでしょうね。(2009/11/18)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「空気がお金に化ける? 排出権取引は悪なのか」の著者

黒木 亮

黒木 亮(くろき・りょう)

作家

1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学(中東研究科)修士。銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務して作家に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このコラムよんでも、排出権取引は胡散臭いです。大体、CO2出す権利を金で売買するなんていってみれば呼吸するにも金がいるのと同じに見える。これもマネーゲームなんだろうけど、いい加減懲りないとまたサブプライムみたいになりそう。CO2 25%削減なんて言い出した日本は馬鹿みたいな上客で食い物にされるんでしょうね。(2009/11/18)

冒頭を読んで、「排出権の仕組みに対する先入観や誤解」を解いてくれる内容を期待しましたが、そのような記述がなく、むしろ逆にその「先入観や誤解」の正当性を裏付ける内容に近かったように思いますが、どうなんでしょうか。例えば、CDMが途上国のメリットになり得る、というのは、その通りでしょうが、これは排出権取引そのものの好ましい側面というわけではないと思います。(2009/11/17)

排出権取引はせいぜい、現状維持が出来る程度。温暖化防止とは言えない。(2009/11/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長