• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「非常識」商法で消費消滅に抗う

  • 小平 和良,瀬戸 久美子,佐藤 嘉彦

バックナンバー

2009年11月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

冬のボーナスの2ケタ減で、個人消費は冷え込みが避けられない。「自宅向けのお買い得お歳暮」「1人で楽しむホテルでのクリスマス」。
“常識”を覆す商品を繰り出して、各社は需要創出に努めるが…。

 この冬のボーナスは昨年と比べて13.8%も減るーー。そんな衝撃的な予想が出た。ボーナスのマイナスは2年ぶりで、しかも過去最大の減少幅だ。1人当たりの支給額は40万円を割り込み、36万6000円にまで減るという。

 みずほ証券の土山直樹エコノミストは「個人消費に対する影響は避けられず、エコポイント制度やエコカー減税など景気対策の効果も今後剥落するだろう」と厳しい見通しを示す。

 ただでさえ冷え込んでいる消費者の購買意欲。それにボーナスの減少が直撃すれば、年末商戦は壊滅的な状況に陥る可能性が高い。百貨店業界関係者は「個人消費だけ見れば、既に景気の二番底が始まっているのではないか」と危機感をあらわにする。

1人用クリスマスケーキも登場

 百貨店にとっては既に二番底は現実化している。日本百貨店協会がまとめた9月の全国百貨店売上高は前年同月比で7.8%減と19カ月連続でマイナスだった。10月以降は昨秋のリーマンショック後の需要急減が一巡するため、売上高が下げ止まってもおかしくないが、「基調は全く変わらない」(業界関係者)。高島屋や三越など大手百貨店の10月の売上高は速報値で軒並み前年同月から10%超も減っている。

 まさに非常事態。背に腹代えられぬ百貨店業界はこれまでであれば“非常識”と言われそうな奇策に打って出た。題して「ご自宅用にお歳暮を」。

消費不振に悩む阪急百貨店は自宅専用のお歳暮カタログを作成した
画像のクリックで拡大表示

 手元に阪急百貨店のお歳暮用ダイレクトメールがある。そこにあるのは「ギフトお得意様限定 特別提供品カタログ」という何の変哲もないフレーズ。ところが、中を開けてみると、びっくりだ。カタログの中には、形が崩れた梅干しや、割れてしまった煎餅など、お歳暮とは思えないような商品が並ぶ。お歳暮用カタログと言うよりは、通信販売などで人気を博すいわゆる「訳あり商品」だ。

 もちろんこれらは贈答用に使えるわけがなく、あくまでも自宅向け専用の商品である。

 それだけではない。訳あり商品の後には第3のビール48缶、ミネラルウオーターのペットボトル24本、洗濯用洗剤8箱など、まとめ買い商品が8ページにわたって紹介されている。品揃えはさながら会員制卸のコストコホールセールのよう。価格もミネラルウオーターの場合、2リットル入りペットボトルが1本当たり約110円。店舗ごとに指定された近隣地域なら送料も315円で、ディスカウントストアよりも割安かもしれない。

 「高齢者を中心に、飲料などは重くて持ち帰るのが大変という声が多い。そんなお届け需要を取り込みたかった」と阪急百貨店は説明するが、これはもはやギフトカタログではない。

 背に腹は代えられぬ脱ギフトの動きは同社だけにとどまらない。大丸や松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングも、各店のギフトセンターで耳慣れない「自宅用お歳暮」という分野の扱いを増やし始めた。大丸では2008年の1.5倍に当たる243品目のお買い得商品を、松坂屋では食品に特化した全223 点の同じようなお買い得商品を全8店舗で販売する。

 ホテル業界も「自分消費」に目をつける。クリスマスはカップルで過ごすものーー。そんな常識を捨て、1人で過ごす人をターゲットに取り込もうとしているのがプリンスホテルだ。今年初めて、東京都内の3ホテルで「マイクリスマス」と名づけたシングルユースプランを展開する。夕食はカウンターで串揚げを食べ、オプションで1人分のクリスマスケーキも注文できる。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授