• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

問題企業の“パス回し”に翻弄された大分トリニータ

不祥事を起こすスポンサーばかりが集まる

  • 高橋 篤史

バックナンバー

2009年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サッカーJリーグ(社団法人日本プロサッカーリーグ)の大分トリニータ(運営会社は大分フットボールクラブ)が経営危機に喘いでいる。資金繰りのメドが立たないため、Jリーグから緊急融資を仰ぐことが先頃決まったところだ。11月20日には、社長の溝畑宏氏が責任を取って辞任することを明らかにした。

 プロチームの経営不振と言えば成績低迷に伴うスポンサー離れと見られがちだが、大分トリニータの場合は必ずしもそればかりではない。経営難の遠因は、実は意外なところにある。相場操縦事件で社長が逮捕されるなど、スポンサー企業で相次いで不祥事やトラブルが起きているのだ。

昨年はナビスコカップ優勝

 大分トリニータは昨年のナビスコカップで優勝も果たした強豪チーム。が、今季は低迷し、J2降格が決まっている。この間、運営会社の経営はギリギリの線で踏みとどまってきた。2007年1月期には経常黒字化を実現、2009年1月期には営業収入21億8400万円を計上して、わずかだが最終黒字200万円を確保している。

 J1チームの平均営業収入が約35億円のところ、大分トリニータは小規模チームながら健闘してきたといえる。総務省キャリア出身の溝畑氏の経営手腕も広範に評価されてきた。

 しかし、過去に抱えた負債は大きく、その解消にはほど遠かった。総資産7億5400万円に対し、債務超過は5億5800万円にも達する。大分県の外郭団体から2億円の融資を受けるなど、やっとのことで支えられてきたのが実情だった。

 そんな中、J2降格のマイナス要素も加わり、来年1月末には大幅な資金不足に陥ることが確実となった。大分トリニータは11月11日、Jリーグに対して融資を要請。Jリーグは同月17日、「公式試合安定開催基金」から最大6億円の融資を行うことを理事会で決めた。

 今回出動が決まった公式試合安定開催基金は、2005年に規定が設けられたもので、いわばJリーグ版セーフティーネットだ。一般会計から余剰金を拠出して積み立てた基金残高は今年3月末で9億5300万円。これまでに2回の活用例があり、J2のFC岐阜(運営会社は岐阜フットボールクラブ)に対しては現在も5000万円の融資残がある。

 大分トリニータに対する最大6億円という融資額は基金の半分以上を占め、過去に例のない規模。Jリーグにとっても今回は屋台骨を揺るがす事態と言ってよい。

スポンサーは赤字企業

 大分トリニータにおける経営危機の歴史を紐解くと、そこにはスポンサー企業に恵まれなかった不幸な過去が大きく横たわっている。一見関係がなさそうだが、大阪府警が11月4日に強制捜査に乗り出したユニオンホールディングス(ユニオンHD)株をめぐる相場操縦事件も、大分トリニータの経営危機には暗い影を落としている。

 東証2部上場のユニオンHDは、かねて株式市場関係者の間で“仕手銘柄”と噂されていた会社。バブル期にEIEグループを率い、「環太平洋のリゾート王」との異名もとった故高橋治則氏が2005年に急死する直前まで手掛けていたことで知られる。不透明なエクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)を繰り返す一方、多額の最終赤字を計上し続けるなど経営成績はボロボロだ。

 そんなありさまだったにもかかわらず、ユニオンHDは突如として大分トリニータのスポンサーとなった。2008年のシーズン中、ユニホームの背中部分に堂々とユニオンHDの社名が入れられたのである。

 2009年3月期の有価証券報告書を見ると、ユニオンHDは大分トリニータに対して前渡金1億2000万円を差し出し、代わりに1億円の未払金債務を負っている。大分トリニータの広告収入は直近で9億円弱。取引規模からすると、ユニオンHDはかなりの大口スポンサーだった。

コメント3件コメント/レビュー

大分県出身だが…。大分で小口のスポンサーを広く、というのは難しいと思う。平野が少なく、街が小さいので、人々が分散している。大分では地元で就職するのも難しい。私の同級生の多くは、県外に就職口を探して、大分を出て行った。つまり、小口とはいえ、スポンサーになるような地元企業も少ないだろうということ。再建は前途多難だと思う。(2009/11/25)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大分県出身だが…。大分で小口のスポンサーを広く、というのは難しいと思う。平野が少なく、街が小さいので、人々が分散している。大分では地元で就職するのも難しい。私の同級生の多くは、県外に就職口を探して、大分を出て行った。つまり、小口とはいえ、スポンサーになるような地元企業も少ないだろうということ。再建は前途多難だと思う。(2009/11/25)

◆>「地元密着で小口のスポンサーを広く集めるのが望ましい。そうすれば1社が倒産したりしても影響を最小限にとどめられる」とJリーグでは話しているのだが・・・。◆Jリーグが本当にそう思っているのなら、地方の中小酒造メーカーのスポンサード(ユニフォーム・スタジアムへの掲示)を認めるべきではないか?◆大分の有名企業といって誰もが思い浮かべるのが、まず「いいちこ」や「二階堂」といった焼酎メーカーではないか。しかも全国ネットのテレビCMを打てるほど安定した企業である。しかし、酒造専業メーカーはJリーグが「青少年に好ましくない」という理由で、スポンサーになれない規約になっている。企業名をユニフォームに掲示できないにも拘らず、今年まで大分を支援してきたパチンコホールのマルハンも同様。◆翻って、過去のJリーグのスポンサーを見れば、キリン、サントリー、武富士、レイク、平和、等々「青少年に好ましくない」企業がずらりと並び、totoという賭博対象にもなっている。建前で屁理屈を並びたてても、まさしく言行不一致としか言いようがない。◆理念を追求するのは構わないが、地方の現実をみるべき。Jリーグが大切にするのは、地方にスポーツの種をまくことなのか、スポンサーを優良企業でまとめることなのか、どちらを優先すべきか、答えは最初から出ていると思うのだが。(2009/11/25)

大分にはそこまで産業がありませんから難しいでしょうね。優良企業は焼酎メーカー(いいちこ、二階堂が有名ですよね)ですから出資の意思があってもJリーグが認めないでしょう。もったいないことです。ビールはよくて焼酎がダメとはおかしな話ですね。(2009/11/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長