• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

外部の「知」の集積こそ、霞が関の知的生産活動

【第8回】文部科学省 北郷太郎氏《前編》

  • 佐藤 ゆみ

バックナンバー

2009年11月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 決まり文句のように「脱官僚」が叫ばれ、官僚への批判が強まる。本当に官僚は不要の存在なのか?

 文部科学省で原子力政策や生命倫理政策などに携わり、輿論を二分するような判断が難しい事象に直面した経験を持つのが北郷太郎氏だ。激しい“逆風”を受ける現状を、どのように考えているのか。まずは、官僚のあり方について、見解を聞いた。

■記事の最後に筆者が企画する「政策座談会」のお知らせがあります。

佐藤 ゆみ(以下、佐藤) お久しぶりです。タンザニア・ダルエスサラームの出張から帰ったばかりと聞きましたが、どのようなお仕事で行かれていたのですか?

北郷 太郎(以下、北郷) 国連工業開発機関(UNIDO)という国際機関の依頼で、タンザニアの産学官連携やイノベーションシステムの構築を支援するためのセミナーに出席してきました。日本の産学官連携について説明し、タンザニアの今後の取り組みについて助言してきました。

 出席者は政府の中堅職員と大学関係者が中心でしたが、皆さん本当に真剣でしたし、先進国の取り組みもよく勉強されていました。主要先進国は産学官連携によるイノベーション推進政策を強化しているのですが、アフリカ諸国も頑張っているということです。途上国については、しばしば政府の腐敗が指摘されるのですが、出席者からはむしろ国を発展させようとする、強い意欲を感じ、個人的にも大変いい刺激になりました。

ゼネラリストならではの強み

佐藤 北郷さんは、文部科学省発足前は、旧科学技術庁にいらっしゃいましたね。科学技術は日本の未来の鍵だと思いますが、日本では科学者、技術者の価値が欧米に比べると、あまり理解されていない気がします。役所の幹部にも理系出身者は少ないですし。

北郷 太郎(ほくごう・たろう)氏
一橋大学卒、同大学院修了。1996年旧科学技術庁入庁。内閣官房、内閣府、文部科学省及び経済産業省において、原子力政策、生命倫理政策、知的財産戦略、産学官連携など、科学技術政策に関わる広範な業務に従事。この間、東海村のJCO臨界事故の被害賠償対策、総合科学技術会議によるヒト受精胚の法的地位の検討などにも取り組んだ。現在は、大学などの研究成果によるイノベーションを推進する産学官連携政策を担当。
(写真:佐藤ゆみ)

北郷 法学部出身者などのゼネラリストの幹部が多い中央省庁にはそうした部分が少しあったかもしれないですが、文部科学省は違いますよ。事務次官を筆頭に旧科技庁出身の幹部には理工系の幹部が多いです。また、専門性という点では、旧文部省出身者に教育学部出身の幹部がかなりいますね。

佐藤 この連載3回目に役所には専門家がいない、育たないと聞きましたが、文科省では専門家が育っているのですか?

北郷 理工系学部や教育学部など、担当する政策分野に直接関係する専門を学んだ幹部がかなりいて、大学院修了者も多いのですが、一般的には、そうした方々も他省庁と同様、ゼネラリストとして育成されているのが実情です。

 多様な専門背景を持った同僚がいるのが心強いという部分はありますけれども。私自身も法学部出身のゼネラリストで、政策分野としての専門が無いので、せめて強い分野を作ろうと、科学技術に関係する法律について勉強しようと努めてきました。

 しかし、役所に入って10数年経つと、ゼネラリスト育成的な人事で、いろいろな仕事に取り組ませてもらったことの意味も少しは分かってきました。かつての仕事で経験したり勉強したりしたことが、ほかの仕事で役立ったりすることも多くなりました。もちろん、それぞれの仕事に取り組む中で、必死で勉強してきていることがそのための大前提ですから、役に立つゼネラリストになるというのも、これまた厳しい道なのだと思います。

 ただ、最近は世の中が複雑化しているため、政策にしっかり取り組むには1つの分野について長期的に取り組む必要があり、ゼネラリストとしての道とスペシャリストとしての道の間で逡巡する役人は多いかもしれませんね。

コメント0

「若きキャリア官僚たちの秋2009」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長