• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上海ディズニーランドが東京を超えられない理由

「非文明的な行為」との戦いが始まる

2009年12月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月上旬、中国政府はオバマ大統領の訪中を前に、上海ディズニーランド(DL)の建設を認可した。

 現時点で、米娯楽大手ウォルト・ディズニーは上海市政府とまだ正式に調印していないが、中国側の報道によると、2014年に上海の浦東国際空港に近い川沙鎮で開業することになっている。

 拡張計画も3期にわたって予定され、最終的に米国本土を除いて世界最大規模のディズニーランドになると伝えた。

 しかし、ふたを開けてみると、国家発展改革委員会から認可された開発面積は報道ベースの3割に過ぎず、東京ディズニーランドよりはるかに小さい。それどころか、世界で最も狭い香港ディズニーランドよりも小さかった。

 このニュースが流れた当日、上海株式市場は暴落し、ディズニーランド開発ブームに賭けた投機家たちの落胆ぶりは隠せなかった。これだけビッグなプロジェクトであるにもかかわらず、正確な開発面積すら伝わってこない。開業までの4年間は、波乱含みの展開になりそうだ。

規模はいずれも世界一になる可能性

 香港紙によると、開発面積が香港より小さく抑えられたのは、香港DLに対する中央政府の「配慮」があったからだと伝えられている。香港の関係者もとりあえず胸をなで下ろすに違いない。

 ただし、かつてアジア唯一の近代都市だったという上海人の自負心も手伝って、上海DLが香港のみでなく、東京を超える巨大な規模になるのは時間の問題であろう。

 13億人を有する潜在市場はもとより、中国で最も豊かな長江デルタは、したたかなウォルト・ディズニーにとって巨大な市場であるに違いない。

 2008年、中国の1人当たり名目GDPは3000米ドルだったが、地域別ランキングをみると、1位の上海が1万611米ドル、4位の浙江省が6112米ドル、5位の江蘇省が5722米ドルと、上位5地域のうち、3地域が長江デルタに位置している。この3地域の人口を合わせると1.5億人となり、日本の総人口数より多い。

 また、上海DLの建設を起爆剤に、浦東開発の加速、観光をはじめとするサービス産業の高度化など、その経済効果に対する上海市の期待も大きい。上海DL建設が正式に発表される前に、予定地周辺の土地価格が急騰し、海外のベビー用品店も浦東に進出するなど、その期待の大きさがうかがわれる。

 従って、ウォルト・ディズニーと中国側のパートナーがその気になれば、本家を超える世界最大のディズニーランドが建設されることになっても不思議ではない。そうなれば、香港DLだけでなく、東京DLも地盤沈下を懸念せざるを得なくなるかもしれない。

夢と魔法、それとも超現実?

 しかし、香港でも香港DLの建設が決まった前後に、ブームが起きたが、開園とともにそのブームは急速に冷めた。この一部始終を目の当たりにした筆者は上海DLが香港DLの二の舞を演じないよう祈るばかりだ。

コメント18件コメント/レビュー

私がアナハイムの本家DLに魅力を感じなくなったのもこの記事と同じ理由でした。不景気で管理人件費を削減した事もあるのかも知れませんが、一言で言うと園内が「きれいで無くなった」と感じたからでした。多分LA近郊が豊かになり、来る人の層が変わったからだと思います。もう昔の「夢の国」では無くなっていました。翻って「東京の空気」の話ですが、これはあると思います。アメリカから日本に帰ると運転が荒くなります。良くなったとそこで満足していたら、いつの間にか置いてきぼりになってしまうかもしれません。(2009/12/05)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「上海ディズニーランドが東京を超えられない理由」の著者

肖 敏捷

肖 敏捷(しょう・びんしょう)

エコノミスト

フリーのエコノミストとして原稿執筆や講演会などの活動をしている。テレビ東京の「モーニング・サテライト」のコメンテーターを担当中。2010年の日経ヴェリタス人気エコノミスト・ランキング5位。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私がアナハイムの本家DLに魅力を感じなくなったのもこの記事と同じ理由でした。不景気で管理人件費を削減した事もあるのかも知れませんが、一言で言うと園内が「きれいで無くなった」と感じたからでした。多分LA近郊が豊かになり、来る人の層が変わったからだと思います。もう昔の「夢の国」では無くなっていました。翻って「東京の空気」の話ですが、これはあると思います。アメリカから日本に帰ると運転が荒くなります。良くなったとそこで満足していたら、いつの間にか置いてきぼりになってしまうかもしれません。(2009/12/05)

非文明は向こうでは不文明といいます。向こうで使ってるのにこっちで勝手に差別だというのはちょっと違う気がしますね。(2009/12/04)

2年ほど前に香港ディズニーランドに行きましたが、記事にあるようなマナーの悪い人は全く見ませんでした。たまたまのその日だけいなかったということなのかも知れませんが、個人的にはその部分を読んだだけで「?」という印象です。ただ、香港ディズニーランドが東京ディズニーランドを超えることはないというのは私も同感で、上海も二の舞とならないといいなとは思います。香港ディズニーランドがいまひとつだったところ。1.驚くほど人がいない。アトラクションで待った記憶がほとんどありません。前日の香港島・翌日のマカオのほうが人口密度は高かったと思います。その結果、はやっていない地方の遊園地という気分にさせられました。2.ディズニーの世界に浸っている人がいない。ミッキーの帽子などをかぶった人は100人に一人くらいです。東京に慣れていると寂しい気分にさせられます。3.食事がまずい。香港は食の都市のはずなのに園のなかはひどい。あまりのことに夕食は、香港島に帰って取りました。4.スタッフが楽しそうではない。前の理由のせいで気分が暗かったせいかもしれませんが、何か楽しそうな雰囲気が伝わってきませんでした。スタッフのテンションが低くて客のテンションがあがるわけないですよね。上海の場合はどうなるんでしょう。(2009/12/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者