• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

006|会社を変えよう 自分へのブレークスルー
このままでは電気自動車はゴミになる

2009年12月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

■記事の最後に筆者の「特別ライブセミナー」(12月16日開催)のお知らせがあります。和田智さんのお話を直接聞いてみませんか。

 前回までのこのコラムで、これからの時代に重要なのはコミュニケーションだと述べてきました。今回は電気自動車(EV)を題材にそのことを考えてみたいと思います。

 CO2を排出しないEVはここへきてエコカーとして盛んに取り上げられており、政府や自治体などから減税や補助金が用意されています。現時点ではまだ車両価格は割高ですが、いずれ値段が下がってくるでしょう。

 環境に優しいことを考えると、EVはとても魅力的で「インパクト」のある商品になるかもしれません。しかしそうしたインパクトで消費してはいけないというのが私の考えです。

 インパクトを重視する考え方自体、これまでの消費体系の延長線上でしかありません。人々や社会の生活を大きく変える商品を提案するのにこうしたやり方では、暮らしに溶け込めずすぐに消え去ってしまうのではないかと思います。

 これから新しい概念の商品を提示する時にモノ以上に大切になるのはコミュニケーションなのです。

EVは暮らしそのもの

 EVに当てはめると、EVという商品が目玉になるという発想ではいけません。そうではなく、EVは「これからの暮らしそのもの」だと考える必要があるのです。つまり、新しいコミュニケーションを創造していかなければならないのです。

 しかし、人がなかなか変われないように、企業体質も簡単には変わりません。表層的に変えることはできても心の中まではなかなか難しい。

 例えば、自分たちのビジョンを持ってトヨタや日産、ホンダは、「これからの100年をこんな形で、みなさんとともに生きていきますよ」と、スマートに分かりやすく訴えかけ、コミュニケーションできるかどうか。

 そこに必要なのはホスピタリティという概念であり、「こころ」の考え方そのものです。これこそが企業のこころであり、これからの企業力になると思います。それが無いままに、いきなりEVを出したとしても、10年後には「EV」は、そして「EVライフ」は単にゴミになってしまうでしょう。

コメント14

「未来の日本をデザインしよう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長