• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地方発「さらば自民党」

2009年12月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

歴史的な大敗で下野したが、抜本的な改革の姿は見えない。来年夏の参院選に向けた公募制は広がらず、世襲も容認。業界団体も民主党に侵食され、地盤沈下が止まらない。

 「もう中央に頼っていてはダメだ。自民党は革命的な変革をしないと勝てないのに(党本部は)分かっていない」

 戦国武将、武田信玄の像がにらみを利かせるJR甲府駅前広場にほど近い自民党山梨県支部連合会。幹事長の皆川巖・県会議員は、来年7月の参議院選挙の県選挙区候補者を選ぶ公募が最終段階に来た12月5日、胸の内をぶちまけた。

 総選挙で歴史的な敗北を喫し、下野して3カ月余り。谷垣禎一・元財務相が新総裁に就任してからでも2カ月半が経つというのに、抜本的な改革はほとんど見られない。

 山梨県では前回の参院選(2007年)と今回の総選挙で大敗、自民党の国会議員がゼロになったが、こうした地域を中心に、地方の苛立ちはピークに達している。国会議員からも、「党の綱領を見直し、参院選もすべての選挙区で候補を公募するぐらい(の改革を)やったうえで選挙に臨まないと自民党はなくなる」(舛添要一・前厚生労働相)といった厳しい声が噴出。党内には不満のマグマがたまっている。

容認に転じた議員世襲

 改革の停滞は今、2つの方向から自民党に危機をもたらそうとしている。1つは総選挙大敗の要因になった自民党の古い体質が温存される危機だ。

 例えば、政権奪還を目指し、党の再生策を議論する場として谷垣総裁就任後に設けられた「政権構想会議」。派閥領袖の伊吹文明・元幹事長が議長代理として取り仕切るが、具体的な改革案は出てこない。

「和魂党」への党名変更案も飛び出した自民党「政権構想会議」(写真:清水 盟貴)

 「党の体質、長年政権与党であった慢心、驕り、しがらみなどの結果としての人事の在り方、管理能力の劣化に対し多くの国民が不信感を持ち、我が党の感受性の鈍さ、スピード感欠如に政権交代を選択したのではないか」

 11月6日に出した1次勧告は、総選挙大敗直後に、「自民党再生会議」が総括した敗因とほぼ同じ(下表参照)。再生会議の議論を基に、新たな党再生の理念、方策を練るのが「政権構想会議」の本来の在り方と思われるが、実際には大きく後退した部分がある。

谷垣禎一・自民党総裁には抜本的な改革を求める声が高まるが…(写真:村田 和聡)

 その典型が候補の世襲制限問題。総選挙時のマニフェスト(政権公約)では「3親等以内の親族が同一選挙区から出る場合は次回衆院選から公認しない」としていた。ところが、1次勧告は「現職議員の親族の(候補者)公募への参加を検討する」と容認姿勢に転じた。

コメント18

「政権交代3カ月」のバックナンバー

一覧

「地方発「さらば自民党」」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長