• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

無策こそ最大の株価対策

  • 中原 敬太

バックナンバー

2009年12月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント18件コメント/レビュー

タイトルを見て、「おっ」と思わされたが、なんのことはない、読みすすめていくと、藤田勉氏がそう言った、という話であり、思わず苦笑してしまった。「勇気ある無策こそ、最も効果的な株価対策」については、民主党は全く期待できないし何やってもダメだから、いっそ何もしてくれるな、という意味であれば納得がいく。しかし、その上段で国民の高い支持について触れていることから、そういう意味ではなさそうだ。世界中が経済的に回復傾向にある中、日本のみがその反対に進んでいることを考えれば、従来型の財政出動はともかくとしても、何もしないことは更なる下落につながると思うのだが、どうだろうか?(2009/12/18)

「政権交代3カ月」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

タイトルを見て、「おっ」と思わされたが、なんのことはない、読みすすめていくと、藤田勉氏がそう言った、という話であり、思わず苦笑してしまった。「勇気ある無策こそ、最も効果的な株価対策」については、民主党は全く期待できないし何やってもダメだから、いっそ何もしてくれるな、という意味であれば納得がいく。しかし、その上段で国民の高い支持について触れていることから、そういう意味ではなさそうだ。世界中が経済的に回復傾向にある中、日本のみがその反対に進んでいることを考えれば、従来型の財政出動はともかくとしても、何もしないことは更なる下落につながると思うのだが、どうだろうか?(2009/12/18)

まあ、結果論ですね。狙って無策なのではなく、本当に無策なだけ。対策が必要な事柄、事件が起こった時も無策と思われます。(2009/12/18)

安易な財政出動はしない方が経済対策になるというご意見は分かったのですが、その前提となる少子化対策、環境対策ってされていましたっけ?子供手当は所得制限の議論が終わったかと思うと亡霊のようにまた現れていますし、このペースで来年度の予算編成に組み込めるのでしょうか。環境対策は海外には1兆円単位で気前よくばらまく代わりに国内では予算は仕分けで削減、暫定税率廃止も危ういしよしんば廃止されてもすぐに環境税が導入予定と報じられています。本稿のロジックに従って「無策の株価対策」をしたときの望ましいアウトカムが、何年後くらいを想定しているのか、読んでもいまいちよく分かりませんでした。うがった見方をすれば、財政出動で潤う可能性の高い(そして家計と違い確実に消費してくれる)前政権の支持基盤を切り崩すための理論武装で、ちょっと無理をしている記事なのかな、と感じました。(2009/12/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長