• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

八ツ場ダムのムダとは、何だったのか?

誰も持ち合わせていない日本に必要なダムの数

  • 高橋 篤史

バックナンバー

2009年12月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政権交代直後にあれほど騒がれた八ツ場ダム問題はその後どうなったのか。一時はテレビのワイドショー番組でも頻繁に取り上げられたが、今では一般市民の関心から埒外に置かれてしまった感すらある。

 そんな中、国土交通省に「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」(以下、「あり方会議」)が設置された。あまり注目度の高くない会議だが、議論の行方によっては防災に対する考え方が大きく変わり、八ツ場ダム中止宣言どころの騒ぎではない大転換を迫る可能性もある。

想定は「200年に1回」の洪水

 「コンクリートから人へ」のスローガンを掲げ、ムダな公共事業の削減を前面に打ち出す民主党政権が真っ先にやり玉に挙げたのが群馬県内で工事が進む八ツ場ダムだった。総選挙前のマニフェスト(政権公約)では、公共事業で1兆3000億円のムダを削るとし、具体的な事業として熊本県の川辺川ダムとともに、その中止が明記された。前原誠司国土交通大臣は就任早々、八ツ場ダムの工事凍結を指示、10月2日に本体工事は“劇的”にストップした。

 その後の中止・推進両派による“対立劇”は、テレビをはじめとする“大衆マスコミ”を通じて広く一般市民に周知されたところだ。

 が、そもそも八ツ場ダムは、何が、どう、ムダなのか。案外、それについては世間の関心が向いていない。どちらかというと、「ダムはムダ」「人命第一」といったイデオロギー的論争を面白がっている嫌いがある。一体全体、総事業費約4600億円の巨大事業とはどのようなものなのか。

 関東平野を東西に流れる利根川、その上流の支川の1つである吾妻川に建設される多目的ダム、それが八ツ場ダムだ。新規水利権を開発し、発電も行うが、総事業費の半分超の負担額が割り当てられている治水こそが最大の目的である。利根川下流の分水流である江戸川は首都圏の人口密集地を南北に貫いて東京湾に注いでおり、東京の水害防止にとっては要でもある。八ツ場ダムがムダかどうかの大きな判断基準は、治水にどれほど役立つか、という点にかかっていると言ってもよい。

 水系の流域全体に降る雨量を予測し、そこから導き出される河川のピーク流量をシミュレーションして、それを上流ダム群で一定程度カットし、残りの流量を安全に海まで流すというのが、治水計画の基本パターンである。日本は世界に冠たるダム大国だが、国土が狭いため、ダムそれぞれの容量は小さい。エジプトのアスワンハイダムに代表される海外の巨大ダムのように洪水を丸ごと受け止めることはできない。

 八ツ場ダム計画自体はなるほど大規模な事業だが、それはさらに壮大なスケールで進められる利根川水系全体の治水計画の一部を構成するパーツに過ぎない。2006年に決められた「利根川水系河川整備基本方針」は「200年に1回の洪水」を想定するものだが、その概要はこうだ。

 まず、前提とする雨量は3日間で319ミリメートル。それを基にシミュレーションされるピーク流量は河口から約182キロメートルの八斗島地点(群馬県伊勢崎市)で毎秒2万2000トン。そのうち上流ダム群でカットするのは毎秒5500トンだ。

 ピーク流量の25%を調節するだけだから、一見簡単そうな話だが、実はこれを達成するのは生半可でない。国交省と独立行政法人の水資源機構はこれまでに矢木沢ダムなど6つのダムを利根川上流に建設したが、八斗島地点でのピーク時に調節できる流量は「毎秒約1000トン」(国交省河川局)にしかならない。現状では毎秒4500トンもの調節能力が足りていないわけである。

 実は、高さ116メートル、有効貯水量9000万立方メートルと日本有数の大型ダムである八ツ場ダムといえども、洪水調節能力は極めて限定的だ。ダム地点で想定される流量毎秒3900トンのうち約6割に相当する毎秒2400トンをカットするものの、八斗島地点でのピーク時には「約600トン」(国交省河川局)の調節能力しか期待されていない。「ほかの支川からの流れ込みなどを踏まえる」(同)と、必ずしもダム地点での調節能力をそのまま発揮することはできないのだ。

ダムの1つや2つは、すぐにムダになる

 つまり、八ツ場ダムが完成したとしても、八斗島地点でのピーク流量は毎秒約1600トンしかカットされない。4600億円もかけて建設するにもかかわらず、調節しなければならない流量はまだ毎秒3900トンも残る。これではダムがどれだけあっても足りないような気になってくる。

コメント29件コメント/レビュー

政治利用とかナントカほざいていますが、建設決定から着工までの数十年間で本当にヤバイ事象がどれだけあったかで、事業の必要性は有る程度検証できると思います、だれも(少なくともマスコミベースでは)していませんが。(無茶苦茶な確率の考え方のコメントもありましたが。200年に一度は単年度では0.005の確率です。毎年その確率のリスクがある、という事です。)もう大分手を付けているから止められない、で行っているお方は借金も一緒に持っていって下さい。某前北海道知事が「時のアセスメント」という概念で北海道の膠着事業を一刀両断した時、国はほんの少ししか気に掛けず、今行っている事業は全て必要な事業、で推し進めたと記憶しています。(残念ながら北海道はH7,8年の公共事業乱発、北海道開発庁も1兆ちかい事業をやっており、その時に付き合わされた借金で大変台所が苦しいですが)止めるチャンスは幾らでもあった、止めようとすると困る勢力が盛り返した、その繰り返しです。今回の荒療治くらいして、やりすぎは、しっぺ返しも激しい、と認識しない限りまた同じ繰り返しでしょうね。(2009/12/25)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

政治利用とかナントカほざいていますが、建設決定から着工までの数十年間で本当にヤバイ事象がどれだけあったかで、事業の必要性は有る程度検証できると思います、だれも(少なくともマスコミベースでは)していませんが。(無茶苦茶な確率の考え方のコメントもありましたが。200年に一度は単年度では0.005の確率です。毎年その確率のリスクがある、という事です。)もう大分手を付けているから止められない、で行っているお方は借金も一緒に持っていって下さい。某前北海道知事が「時のアセスメント」という概念で北海道の膠着事業を一刀両断した時、国はほんの少ししか気に掛けず、今行っている事業は全て必要な事業、で推し進めたと記憶しています。(残念ながら北海道はH7,8年の公共事業乱発、北海道開発庁も1兆ちかい事業をやっており、その時に付き合わされた借金で大変台所が苦しいですが)止めるチャンスは幾らでもあった、止めようとすると困る勢力が盛り返した、その繰り返しです。今回の荒療治くらいして、やりすぎは、しっぺ返しも激しい、と認識しない限りまた同じ繰り返しでしょうね。(2009/12/25)

半世紀もかかってようやく着手できようかどうか、という所にまで持ち込んだのが自民党の成果でしたが、それが限界でしたね。民主党が今後の治水対策をどのように進めるのかさっぱり見えて来ませんが、自民党の「ダム作っとけば万事オッケイ」もまたありえないということを分かりやすく説明した良い記事だったと思います。今後は水系全体の包括的な防災体制の構築の議論が進み、上流下流どちらかが一方的に負担を強いられるような結論とならないことを祈るばかりです。(2009/12/22)

当たり前の内容ですが、絶賛している人がいるということは、問題の本質がまったくわかっていない人が多いということなのでしょうか?このような話は、あくまで前提をどうするかで決まるだけのことで、その前提に従えば最適な解答は出てきます。事象が発生する確率とその被害による損失、その被害を防ぐための投資の大小で決まることです。因みに、利根川の決壊が関東地方に及ぼす損害は、数10兆円と聞いたことがあります。もし八場ダムが損害を半分以下にできるのであれば、決して高い投資ではないことは、誰でも理解できるでしょう。そういうことです。「コンクリートから人」は関係のない話です。八場ダムは政治に利用してはいけない問題と思います。(2009/12/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長