• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

空中に画面が浮かぶ

網膜走査ディスプレー(ブラザー工業、NEC)

2009年12月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

網膜にレーザー光を当てると、空中に17インチに匹敵する画面が浮かび上がる。この網膜走査ディスプレーを使った製品が、約1年後に登場する予定だ。生産管理や保守・点検、警備など、様々な分野での応用が期待されている。

 現場から離れず、作業しながら様々な指示書を読める――。NECが2010年11月の出荷を目指して開発中の「テレスカウター」は、工場などの製造現場や保守・点検の作業現場で、複雑な操作なしに指示書などを読める新しいコンピューターシステムだ。

網膜にレーザー光を照射

 その最大の特徴は、「網膜走査ディスプレー」というメガネ型のディスプレーで情報が表示される仕組みだ。網膜走査ディスプレーは、ブラザー工業が開発した製品で、眼鏡のつるの部分に黒い装置が取りつけられている。

 重さは35gと軽く、メガネをかけていてもストレスはあまり感じない。黒い装置はレーザー光を発射するもので、そこから斜めに飛び出た透明なガラスにレーザー光を反射させ、直接網膜に照射する。

 レーザー光が反射するガラスは透明で、視界を遮ることはない。このため実際の風景を見ながら、ウエアラブル(身体装着式)と呼ばれる小型コンピューター端末から出力された情報が視界の中に浮き上がって見えるのだ。装置を着けた人の目には、1m先に17インチに匹敵する大きさの画面が映し出される。

 光の強さは、1マイクロワット(マイクロは100万分の1)と微弱で、人体に悪影響を及ぼさない。網膜に映像を投影することで、実際に見える像に実在しない画像を重ねて表示できる。

作業をしながら手順を確認
視界の中に手順が表示されるため、一度作業場を離れることなく、作業をしながらマニュアルや指示書を確認できる。ヒューマンエラーを減らし、作業効率の上昇につながる
画像のクリックで拡大表示

 この網膜走査ディスプレーをブラザーが開発発表したのは、昨年のこと。同社がNECと組んだのは、ブラザーの主力事業は複合機や電話機などが中心で、自社の経営資源のみでは多様な用途を開発するには限界があると判断したためだ。

コメント1

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「空中に画面が浮かぶ」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長