• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

正社員より派遣、派遣より独立

非正規雇用の29歳男性のケース

  • 小林 美希

バックナンバー

2010年1月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「資金を貯めていつか独立する」

 社会に出て以来、非正規雇用が続いた石田健司さん(仮名、29歳)の結論だ。

 都内在住の健司さんは、高校2年生で中途退学。2年ほどフリーター生活を送った。コンビニエンスストアや飲食店のアルバイトをかけもちして、月30万円の収入を得ていた。

高校中退でも道は開けたが・・・

 20歳から即配サービス会社で、自転車で配達をするメッセンジャーとして働いていた。メッセンジャーを選んだのは、「フリーター時代には、狭い店舗の中で働いていたため、屋根のない外に出て働きたいという思いが募ったから」という。都内や近郊を毎日100キロメートルは走行した。時にはバイクで青森県や長野県に行くこともあったが、配達先の人との出会いが面白く、健司さんはメッセンジャーの仕事が天職と感じていた。

 運営会社とは業務請負契約が結ばれていた。日々、仕事の依頼が携帯電話のメールに入り、荷物の内容と預かり先や届け先などが送られてくる。その仕事ができる場合にメールで返事をして仕事を得るのだが、「断ることが多いと、『当てにならない』となってしまい、良い仕事が回されなくなる」と、健司さんはどんな仕事も引き受けていった。

 運搬距離によって料金(売り上げ)が変わり、そこに歩合がつくため、健司さんは午前9時から午後6時までをコアタイムに、入れられるだけ仕事を入れた。常時、月50万円を売り上げ、その中から約20万円が健司さんの収入となった。

 雨の日にタイヤがスリップして転倒し、血まみれになりながら配達したこともあった。傷が治らないうちにまた自転車に乗って膝を曲げるため、かさぶたが剥がれて、いつまでも完治しないこともあった。長時間自転車に乗っていると、首の筋も痛めた。

 気力が必要な仕事だと感じたが、雨の日こそ稼ぎ時と思い、積極的に仕事を入れた。辛いことばかりではない。テレビ局にニュースの素材を運んだりすると、自分も報道機関の一部になった気がして、やりがいを感じた。

 走行距離が多いほど歩合が高くなり、月100万円以上を売り上げたこともあった。高校を中退しても、頑張れば道は開けると感じた。

 2004年の夏、24歳で知人とバイク便会社を立ち上げた。銀行や消費者金融など、借りられるところすべてを当たって100万円を調達し、都内に営業所を借り、求人誌に広告を出しライダーを集め、集まった人材の研修も行った。節約のため、家賃5万1000円の東京・池袋のシェアハウスで暮らしたが、家に帰る間も惜しんで、営業所で寝泊りしながら働いた。しかし、思うように売り上げは伸びず、2年で営業所は畳んだ。

 2006年の夏、健司さんは知人を介して大手コンピューターメーカーで仕事をすることになった。その会社は、バイク便ライダーをプリンターの修理にも活用しようと「カスタマーエンジニア」を養成するため、ライダーを集めていた。

 プリンターの修理は急を要することが多く、部品を持ったバイク便ライダーに修理の知識があれば、ビジネスチャンスが広がるというわけだ。健司さんは、大手コンピューターメーカーの社員IDカードを持たされ、社内では非正社員を指す「サービスパートナー」と呼ばれ、本社でプリンターのネットワークについて研修を2カ月受けた。時給は1300~1500円で「新しい技術も身につくし、悪くはない条件だ」と期待を膨らませた。

3重派遣の立場で働く

 もっとも健司さん自身の所属は、大手コンピューターメーカーとは資本関係のない企業との業務請負で、間に何社も経由した3重派遣だったため、大元のコンピューター会社からは、「ちょっとA社の人」とか「B社の人だよね」と、いろいろな社名で呼ばれた。「これって、違法なんじゃないだろうか。“偽装請負”なんじゃないか」と思いながら健司さんは働いた。

 健司さんは業務請負契約を結びながら、実際には相手企業の社員から指揮命令を受けて働いていたため、偽装請負に当たり、企業は違法行為をしていたことになる。

 実際にはA社と業務請負契約をしながら、書類上はB社、C社を経由して大手コンピューターメーカーに“派遣”されていたのだ。労働者を派遣する場合、派遣元と派遣先の間にさらに業者が仲介することは違法で、2重の違法状態の中で健司さんは働かされていたことになる。健司さんが上司に問うと「IT(情報技術)業界でこうしたことは日常茶飯事」とつき返された。

 その後、交際していた女性との結婚が視野に入り、恋人からの要望もあって健司さんは、正社員への道を探った。友人の紹介で、都内の従業員8人程度の製本会社に2008年9月に採用された。3カ月の試用期間が過ぎれば正社員になれる。

コメント2

「守るべき弱者はどこにいる?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監