• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第9回 新しい翻訳の可能性

エンターテインメント分野での“ノーベル賞級”の名訳

  • 山岡 洋一

バックナンバー

2010年2月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 翻訳調の翻訳の問題点にいち早く気づいて、新しい翻訳のスタイルを確立してきたのは、意外ではないはずだが、エンターテインメント小説の分野である。勉強のために読むのなら、少々理解しにくくても必死に考えるし、原書を読むのが正しい方法だと教えられれば、無理してでも原書を読もうとする。だが、エンターテインメントの小説は楽しみのために読むものだ。原書と対照して読む人などいるはずがない。

忠実に訳しながらも質の高い日本語

 典型的な例を示してみよう。訳書が出版されたのは1967年、訳者が30歳のときの作品である。

 おもむろに、もったいぶって、スターは煙草をもみ消した。ヴァレリー艦長はその仕種に、なんとなく決断と最終的態度があらわれているように思った。彼はつぎになにがくるかを知って、すると一瞬、ひりりと刺すようなにがい敗北感が、このところ前頭部から消えぬ鈍痛のあいだをつらぬいた。が、それもほんの一瞬だった。彼は疲れていた。意に介するにはあまりに疲れていた。(アリステア・マクリーン著村上博基訳『女王陛下のユリシーズ号』ハヤカワ文庫、15ページ)

Slowly, deliberately, Starr crushed out the butt of his cigarette. The gesture, Captain Vallery thought, held a curious air of decision and finality. He knew what was coming next, and, just for a moment, the sharp bitterness of defeat cut through that dull ache that never left his forehead nowadays. But it was only for a moment -- he was too tired really, far too tired to care. (Alistair Maclean, HMS "Ulysses", Compassion Press, p. 1)

 訳文を読むと、この小説に相応しい見事な文体で訳されていることに感嘆する。翻訳ではないのではないかと思えるほど、日本語の質が高い。原文と比較すると驚きが倍加する。原文からある程度離れて自由に訳すのなら、名文を書くこともできる。ところが訳者は原文の一語一句もおろそかにせず、じつに丁寧に、忠実に訳している。ここまで忠実に訳していて、しかも日本語の質が高いというのは、いってみれば、両手を後ろ手に縛って綱渡りをするようなものだ。

 たとえば冒頭の2つの副詞をみてみればいい。まず、slowlyは「ゆっくり」と訳すことになっている。だが、英語のslowlyと日本語の「ゆっくり」は同じではない。同じであるはずがない。文脈によって意味が少しずつ違う。文脈によって、正しいとされている訳語が正しくない場合もある。この文脈で原著者は何を表現したのか。その点を読み取って、村上博基は「おもむろに」と訳した。英和辞典には出ていない訳語だが、村上訳を読むと、この場面ではこう訳すしかないと思えるほどの名訳だ。つぎの「もったいぶって」は文化勲章に値する、いやノーベル賞に値する訳だと思う。原文にあるdeliberatelyをこの文脈で訳すには、これ以外にないと思えてくる。原著者が日本語で書いたとすれば、こう書くだろうと思える訳である。

 村上博基の翻訳スタイルは、幕末明治初期の福沢諭吉や中村正直のスタイルとは違っている。原文の1語ずつを丁寧に訳す翻訳調の利点を受け継いでいる。たとえば、このslowly, deliberatelyという2つの副詞は類語である。英語ではこのように類語を並べる癖があるので、日本語に訳すときは1語で訳しても問題はないとも思える。だが、村上博基は2語で訳す。しかも文脈にぴったりの言葉で。

コメント1件コメント/レビュー

純文学とエンターテインメント小説の違いが解りません。 拠って今回例題で挙げた例が「翻訳」の本来の姿だと思います。その他の歪な翻訳は、翻訳と言わずネット直訳系と揶揄した方が解りやすい気がします。(2010/02/04)

「古典の翻訳がさっぱり分からなかった人へ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

純文学とエンターテインメント小説の違いが解りません。 拠って今回例題で挙げた例が「翻訳」の本来の姿だと思います。その他の歪な翻訳は、翻訳と言わずネット直訳系と揶揄した方が解りやすい気がします。(2010/02/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授