• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

後づけ二重窓で家計も防寒

  • 中原 敬太

バックナンバー

2010年1月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 厳しい冷え込みが続く中、窓の内側に、新たな窓をもう1枚つける「二重窓」のリフォームが人気を集めている。

断熱だけでなく、室内と室外の空気の間に新たな空気層を作ることで結露も防げる。騒音防止の効果もある。

 「インプラス」というブランドで、テレビコマーシャルを流しているトステムをはじめ、YKK APの「プラマードU」や旭硝子の「まどまど」など、サッシメーカーやガラスメーカーが積極展開している。

工期はたったの1日

 人気の理由は、手頃な価格と工期の短さだ。トステムの「インプラス」は、すべての居室の窓(10窓)を対象としたモデルプランで、複層ガラスを使用した内窓を取りつけた場合、工事費も合わせて80万~95万円。既存の窓を新しいサッシに交換する場合には、壁の補修工事が必要となり、二重窓を取りつけるより50万円から100万円費用がかかるため、二重窓の方が割安だ。

 設置にかかる工期も短い。多くのメーカーが1窓当たり1時間を目安としており、事前の採寸を除けば、ほとんどの場合、1日で終わる。新しいサッシに交換すれば工期が1週間かかるのに比べて、大幅に短く済む。住みながら簡単に工事ができるため、一時的に引っ越す必要もない。「1戸建ての場合5~6窓、マンションの場合は2~3窓をリフォームするケースが多い」(トステム広報宣伝部)。

 二重窓は、以前からあった商品だが、最近のリフォーム需要の高まりに合わせて、各社とも品揃えを充実させてきた。対応する窓の種類も、通常の引き違い窓だけでなく、開き窓や、開閉しないFIX窓まで様々。また色の種類も増やしている。トステムでは2002年の発売開始時には2種類しかなかったが現在は6色に増やし、部屋のインテリアに合わせたコーディネートを可能にしている。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏