• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【隠れた世界企業】手作りで「生音」を再現

スタックス(埼玉県三芳町、ヘッドホンの製造・販売)

2010年1月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界のオーディオマニアが惚れたヘッドホンがある。静電気で膜を振動させる技術でオーケストラの生音を再現する。倒産を乗り越え、総勢12人の会社が世界唯一の手作りの技を守っている。

 ジャズやクラシック界のピアニストの巨匠として知られるキース・ジャレットはある雑誌の取材で、自慢のオーディオコレクションとして「ヘッドホンはスタックス」と答えている。

 オーディオマニアたちを唸らせる音響機器は、米マッキントッシュなど欧米メーカーが主流の業界だ。強豪がひしめく中にあって、世界のトップアーティストが惚れ込み、音のプロたちがこぞって使うヘッドホン。その生みの親は、埼玉県三芳町にあるスタックスという零細企業だ。

 価格は売れ筋製品でも、専用のアンプとセットで10万円近くする。高級品であれば、ヘッドホンだけで21万円もする代物だ。月間の販売台数は1000台で推移している。

独特の四角いフォルムのイヤースピーカーを持つ目黒陽造社長(本社工場にて) (写真:古浦 敏行)

 スタックスの何が優れているのか。オーディオ評論家の角田郁雄氏は「極めて生音に近い音を再現できる点にある」と話す。それを支えるのは、世界で1社と言われる、コンデンサー型ヘッドホンを作る技術だ。

 四角い特徴的なフォルムを持つスタックスのヘッドホン。同社は「イヤースピーカー」と呼んでいる。一般的に流通しているダイナミック型と呼ばれるヘッドホンと、スタックスが製造するコンデンサー型と呼ばれるものでは、そもそもの構造が違う。ダイナミック型ヘッドフォンは、音を出す振動膜を磁石やコイルで震わせる。

静電気で音を発生

 一方、スタックスの発音体は穴が開いた2枚の固定電極板の間に振動膜を張った、3層の構造になっている。振動膜は厚さ1.35マイクロメートル(マイクロは100万分の1)という極めて薄いフィルムを使用。振動膜を挟んで固定電極板に高い電圧をかける。電気信号によって電圧が変化することで静電気が発生し、振動膜が一方の電極版へと引っ張られる。この原理を用いて振動膜を震わせて、音を出す。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「【隠れた世界企業】手作りで「生音」を再現」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト