• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「2030年、日本ではガソリン車を走らせない」という未来

【ゲスト講師】大塚耕平・内閣府副大臣(2)

  • 大上 二三雄,瀬川 明秀

バックナンバー

2010年2月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本がいま「課題先進国」として、様々な問題を抱えていることは共通認識としてあろう。だが、“次なる日本の成長”はどんなものか。読者の方々も独自の成長イメージを抱いているはず。皆様が考えていること疑問に思っていることを、一度、政府の方々と一緒に突き合わせて話してみてはどうか、というのがこの連載の趣旨。

 ゲストとして現職の内閣府副大臣の大塚耕平氏が参加。NBOで「戦略立案のプロ」などのコラムを書いていただいた大上二三雄氏には“まとめ役”をお願いした。読者からの意見で連載の内容が決まってくる“先が読めない”コラム。このコラムの先行きを決める意見欄に加え、前回から開設した屋上会議室でも意見が寄せられ始めている。意見欄、会議室とも、大塚副大臣、大上さんがチェック中。「いろんな意見があって勉強になりますね。この連載を通じて、新しい成長のための提言までできると面白いなぁ」とは大塚さんの最初の感想。

(編集部 瀬川)

前回から読む)

国際外交と経済問題が分断されている日本

大上 あと大塚さんには外交問題についてもお伺いしたいんです。経済・金融と外交は切り離せない問題ですし、やっぱり、これも両義的なテーマです。

大塚 耕平(おおつか・こうへい)氏
1959年名古屋市生まれ。83年早稲田大学政経学部卒業、日本銀行入行。在職中の2000年に早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程を修了し博士号を取得(専門はマクロ経済学、財政金融論)。同年、日本銀行を退職。2001年参議院議員に初当選、現在2期目。鳩山由紀夫内閣にて内閣府副大臣を務める。著書に『公共政策としてのマクロ経済政策』(成文堂)、『ジャパン・ミッシング 消えた日本、再生のカギを考える』(オープンナレッジ)など
画像のクリックで拡大表示

大塚 ええ。日本の成長戦略を考える上で、外交の位置付けも重要。私は外交とか国際政治の背景には「経済的利害関係がないものはない」と思っています。

 外交的主張とか国際政治における交渉は、すべて自国や自分たちの陣営にとって繁栄あるいは安定につなげることを考えている。最終的には経済的利害に到達するわけです。逆説的に言うと、国際政治や外交は経済政策とも言える。

 ところが、日本の成長戦略を考える上で、経済界も外務省も外交と経済が連動してないんですよね。これは政権を担当してよく分かりましたけれどもね、外務省というのは外交イコール安全保障だと思っているわけですよ。

大上 なるほど。

大塚 でも、その安全保障ですら経済的繁栄を追求するための手段です。

大上 あるいは経済が安全保障の重要な要素になり得る。

大塚 そう。

大上 アメリカとか中東が日本にたくさん投資をすれば、それ自身が安全保障になるわけですから。

大塚 この数カ月、副大臣として実務をしていて驚いたのが、例えば、オバマや習近平などの外国の要人が訪日する時に、外務省にとって経済問題のアジェンダの優先順位がとても低いことでした。経済問題を話題にしないことも少なくない。

 アメリカというのは、政府幹部が外国を訪問する時は、ほとんど「株式会社アメリカの執行役員」みたいな立場で臨む。営業マンとして明確にビジネスアジェンダを持っていると言えます。そういう意味で、やっぱり日本の成長戦略を考える際、外交も含めて国家戦略全体の問題だという認識を・・・。

大上 まだない。

大塚 共有されてないですね。

大上 外務省って大使館は外務省のものだと思っていますよね。あれはそもそもおかしい。

大塚 勘違いですよね。

コメント40件コメント/レビュー

賢者は歴史に学ぶ如く、英国とヨーロッパの産業革命(動力化)もアメリカの産業革命(軽量動力化)も、科学技術者と職人が一体となって、進展し、日本も敗戦からの再生プログラムとして、大量の人口増に対応して、大量の工学学士と高専、工業高卒を乱造して、外国の技術を翻訳した技術者と職人が一体となって、日本的な産業革命を興した。それらの技術者を見捨てた似非経営者が自分の力で今日の日本を切り開いたと勘違いした。それを非難しても何も始まらない。さて、マネー敗戦国となった今日、再度、第二次敗戦だと認識して、技術立国を目指す以外に無い。その戦略の一つは、電気鉄道と電気自動車の融合であろう。乗用車が東京大阪間を約1000円の燃費で150km/h自動運転で走れるシステム、また、揚水発電の経済合理性は魅力であり、現在では経済合理性のない技術レベルのFEVや太陽電池は当面やめたほうがいい。 (2010/02/27)

「私も言いたい!「日本の成長戦略」塾」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

賢者は歴史に学ぶ如く、英国とヨーロッパの産業革命(動力化)もアメリカの産業革命(軽量動力化)も、科学技術者と職人が一体となって、進展し、日本も敗戦からの再生プログラムとして、大量の人口増に対応して、大量の工学学士と高専、工業高卒を乱造して、外国の技術を翻訳した技術者と職人が一体となって、日本的な産業革命を興した。それらの技術者を見捨てた似非経営者が自分の力で今日の日本を切り開いたと勘違いした。それを非難しても何も始まらない。さて、マネー敗戦国となった今日、再度、第二次敗戦だと認識して、技術立国を目指す以外に無い。その戦略の一つは、電気鉄道と電気自動車の融合であろう。乗用車が東京大阪間を約1000円の燃費で150km/h自動運転で走れるシステム、また、揚水発電の経済合理性は魅力であり、現在では経済合理性のない技術レベルのFEVや太陽電池は当面やめたほうがいい。 (2010/02/27)

多くの人が司馬遼太郎の坂本龍馬の話を読んで尊敬の念をいだくのは、薩長同盟や大政奉還という画期的なアイデアを考えて得意になったからではなく、実際に自分で動いて実現したからではないかと思います。その途上でさまざまな人たちと議論もしたでしょう。本企画を読知りそういう議論を目指しているのかもしれないと期待しました。龍馬の存在は諸々の意見が結晶化するための種だったのかもしれません。今回の話も種を意図しているのかもしれませんが、根拠薄弱な自慢にしか聞こえない人も一定割合でいるようです。意図はともかく、結果として皆が集まる企画にできなければただの与太話でしかなくなってしまいます。結果を出すべく頑張ってください。(2010/02/26)

「走らせない」という発想の仕方が問題である。EVを現在のガソリン車と同コスト使えるように技術開発を進めると言ってほしい。日本の弱点はエネルギ-も食料も足りないことだ。食料は改善すれば、生きられるくらいの自給率にすることはできるだろう。エネルギ-はガソリン、天然ガスについては殆ど無く、鉱物資源も同じである。日本存続の為に常に意識しなければならない制約条件である。日本より優位にある欧米すらEVのための電池開発に国の資金を大きく投じようとしている。それらの資源が新しく発見されることがあっても、1年位前にあった高騰は頻発するだろう。世界の状況から2030年という設定は微妙だ。マスヤジ(2010/02/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長