• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ダメな理由」なら私も100個ぐらい言える

【ゲスト講師】大塚耕平・内閣府副大臣(3)

  • 大上 二三雄,瀬川 明秀

バックナンバー

2010年2月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本がいま「課題先進国」として、様々な問題を抱えていることは共通認識としてあろう。だが、その上で“次なる日本の成長”はどんなものになるのか。読者の方々も独自の成長イメージを抱いているはず。皆様が考えていること疑問に思っていることを、一度、政府の方々と一緒に突き合わせて話してみてはどうか、というのがこの連載の趣旨。

 ゲストとして現職の内閣府副大臣、大塚耕平氏が参加。NBOで「戦略立案のプロ」などのコラムを書いていただいた大上二三雄氏には“まとめ役”をお願いした。読者からの意見で連載の内容が決まってくる“先が読めない”コラムです。【以下余談ながら】屋上会議室でのコメントありがとうございます!どれも読み応えがあるものばかりで勉強になっています。今回から議論がし易いように「テーマごと分室」をつくりました。一度覗いてみてください。この連載是非、1回目から通してお読み下さい。

(編集部 瀬川)

1回目から読む)
2回目から読む)

大上 今はむしろミニシステムをつくって実験をしつつ、それをどう機能して発展させていくかを求めていく方向にあると思うんですよ。これも横山さんの受け売りに近いですが、社会システムの中で悪循環をもたらす阻害要因を地道に克服し、良循環をつくっていくんです。

 僕は先週末ニセコに行ってきたんですけど、あそこはすごくいい街になっているんですよね。ニセコユナイテッドというビジョンの下に、山も全部一緒にしているし、みんな関係各員が協力し合っていろいろなことを決めているんですね。

大塚 耕平(おおつか・こうへい)氏
1959年名古屋市生まれ。83年早稲田大学政経学部卒業、日本銀行入行。在職中の2000年に早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程を修了し博士号を取得(専門はマクロ経済学、財政金融論)。同年、日本銀行を退職。2001年参議院議員に初当選、現在2期目。鳩山由紀夫内閣にて内閣府副大臣を務める。著書に『公共政策としてのマクロ経済政策』(成文堂)、『ジャパン・ミッシング 消えた日本、再生のカギを考える』(オープンナレッジ)など
画像のクリックで拡大表示

 そういう中で、オーストラリア人が非常に多く入ってきていて、街並みがオーストラリア的な部分が相当あるんです。そこに最近中国人が入ってきて、今は中国的なものが入ってきているんですね。それがいい形で、日本、西欧、それから中国というものがきれいにマリアージュしているんです。

 象徴的なのが、一番メインの交差点が、積丹のすし屋と、それからオーストラリアのよくリゾートなんかにある、レストランがあってショッピングができるようなコンプレックスがあるのと、あとは一番人気の居酒屋があって、もう1個の角はまだちょっと変なものが建っているんだけど、たぶんそこにそのうち中国的なものができるんじゃないかと思っているんだけど。

NBO 面白いですね。

大上 ニセコは観光ですが、それ以外の分野でもああいう風景が成り立つミニシステムをいろいろなところに、日本の中に生み出していくことができるような、それを引っ張り支えて行く人が一定数いれば、日本も大丈夫だと思うんですよ。

大塚 そうですよね。

大上 成長軌道に上がっていくと。

有識者の会議はこれからの出来事の「参考」にはなりません

大塚 でも、それは最初の方で述べたプレーヤーの話にかかわってくるんですけれども、やっぱり、数万人ないし10万人ぐらいはいないと…

大上 やっぱりある程度数がいないとだめですね。

大塚 そうです。例えば、銀行を例にあげれば、産業や企業を育てることのできる「目利き」力のある真のバンカーが必要です。日本の銀行員全部がスーパーバンカーである必要はないけれども、その10万人のうち、2~3万人はバンカーの中から出てきて、コーディネーターやプランナーの役割を果たしてほしい。あとの数万人はまた別の……

コメント36件コメント/レビュー

完全に乗り遅れてますが(^^;■できない理由も聞いた方がいいですよ。自分の思いつかない『できない理由』があるかもしれませんし。自分が知っている『できない理由』はその場合は聞き流せばいいだけで、それは時間の無駄じゃありませんよ。自分が思いつかない『できない理由』はないというのは、それこそ独善です。■提案側からすると、できない理由だろうが、新たな提案だろうが、継続的に且つ物事を言う仕組みがあってこそ生まれるのです。できない理由を封じ込めて新たな提案のみ求めると、できない理由を開放した場合に比べて新たな提案が数多く生まれる可能性が著しく低くなります。逆にできない理由から新たな発想も生まれることもあるでしょうが、その芽を摘んでいることにも他ならないのです。■ブレストで『いい意見だけ言え』と言って、本来欲しい提案なんか生まれますか?『何でもいいから言って』と言った方が、たくさん色んな意見が出てくると思いますけどね。■新たな発想・提案を必要としている人が最も忌むべきことは『言論の封じ込め』です。新たな提案を求めるのであれば、『できない理由』に関しても開放するべきかと思います。 dsnk(2010/03/02)

「私も言いたい!「日本の成長戦略」塾」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

完全に乗り遅れてますが(^^;■できない理由も聞いた方がいいですよ。自分の思いつかない『できない理由』があるかもしれませんし。自分が知っている『できない理由』はその場合は聞き流せばいいだけで、それは時間の無駄じゃありませんよ。自分が思いつかない『できない理由』はないというのは、それこそ独善です。■提案側からすると、できない理由だろうが、新たな提案だろうが、継続的に且つ物事を言う仕組みがあってこそ生まれるのです。できない理由を封じ込めて新たな提案のみ求めると、できない理由を開放した場合に比べて新たな提案が数多く生まれる可能性が著しく低くなります。逆にできない理由から新たな発想も生まれることもあるでしょうが、その芽を摘んでいることにも他ならないのです。■ブレストで『いい意見だけ言え』と言って、本来欲しい提案なんか生まれますか?『何でもいいから言って』と言った方が、たくさん色んな意見が出てくると思いますけどね。■新たな発想・提案を必要としている人が最も忌むべきことは『言論の封じ込め』です。新たな提案を求めるのであれば、『できない理由』に関しても開放するべきかと思います。 dsnk(2010/03/02)

タイトルと前半部分がずいぶん読者のマインドをリードする感じなので、共感を持って読み進みましたが、後半だんだん「誰か打開策を提案できる強い人はいないのか」的になってきて、結局「他人事」になっている。 坂本竜馬の再来でも求めているようです。 みんなでできない理由、言い訳を言っていることに気がついているのは、有識者にもたくさんいるはず。 それでも打開策を提案し、仮に多数の反対意見があっても信念を貫ける人であることを期待して、国民は投票している。 坂本竜馬でなくてもいいですから、政治家として、自分自身がリーダーシップを発揮して頂きたい。次回に期待いたします。(2010/03/01)

> 日本人全体がそうですけれど、「できない理由」を主張する天才ですからね。まぁ、その通りではあると思いますがそうなった原因は傲慢な官僚主義、権威主義、報告や意見を貰う側の特権意識による高圧的な態度が率直な物言いをし辛くしてきたからではないでしょうか?無責任な発言はタブーですが、本当に衆知を結集したいのなら内容の高低や濃淡に囚われず拾い集める位の度量の大きさを持って戴きたいなぁと思います。(2010/03/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長