• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“日本一小さい町”から始まるこの国のゆくえ

2010年1月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「外伝 シアワセのものさし」。3回目の最終回は高知県香南市にある「おっこう屋」を描く。雑貨屋でも骨董屋でもフリーマーケットでもアトリエでもない不思議な佇まいのおっこう屋。その底流には、高知県在住のデザイナー、梅原真の哲学が脈々と流れている。この店は今後の日本に多くのヒントをくれる。

(日経ビジネス オンライン、篠原匡)
梅原デザインのあしあと

 高知県東部、旧赤岡町(現香南市)のその店はとても不思議な店である。江戸時代、土佐浜街道の在郷町として発展した赤岡町、中2階切妻造り平入りの商家が連なる商店街の一角にある。白壁の豪壮な建物は築200年を超える元蝋燭屋。目の前の土佐浜街道を大名行列が通ったこともあれば、測量のために赤岡を訪れた伊能忠敬が泊まったこともある。

 そんな江戸情緒が溢れる旧商家の軒をくぐれば、懐かしい空間が広がっている。

これがおっこう屋。軒をくぐると、懐かしい空間が広がっていた(撮影:会員番号302 篠原匡)
画像のクリックで拡大表示

奥にしまわれたモノに光を与える「おっこう屋」

 裸電球の薄暗い店内。土間の中央には小さなテーブルがあり、飲みかけのコーヒーカップがそのままになっていた。右の壁面には、年季の入った小箪笥やお重箱、下駄、草履、団扇、目を左に転じれば、指輪やネックレス、お守り、文鎮、かんざしといった小物類、正面の小上がりには着物や反物、和紙、真空管ラジオ、蝋燭立てなどが雑然と置かれている。

 さらに、もう一歩、店の奥へと分け入ると、陶器や皿、茶器やガラス器などの骨董品とともに、中古カメラや古時計、ミシンといった古道具が無造作に並んでいた。その隣には、近隣住民や気鋭のデザイナーが作ったバッグやマフラー、洋服などが集められた一角もある。

 こうした数多の珍品、逸品をかきわけて進めば、小さな中庭と井戸があり、土佐漆喰と水切り瓦が鮮やかな土蔵が鎮座している。ここでは、価値のある骨董品、昔懐かしい古道具、在りし日の思い出、歴史的建造物などが渾然一体となっていた。

古道具や骨董品がところせましと並んでいる(撮影:会員番号302 篠原匡)
画像のクリックで拡大表示

 この店の名前は「おっこう屋」。「おっこう」とは土佐弁で「大袈裟」という意味だが、「奥にしまわれたモノに光を与える」という意味を込めて「おっこう(奥光)」と名づけられた。雑貨屋でも骨董屋でもフリーマーケットでもアトリエでもない、曰く言い難い店である。

 昨年9月、高知県在住のグラフィックデザイナー、梅原真の関連取材でこの店を訪ねた。この店の成り立ちに梅原が深く関わっている、と聞いたからだ。地方ブランドとして知られる商品に数多く関わってきた梅原。ひとたび絵筆を執れば、どんなプロジェクトも成功を収める――。そんな凄腕のデザイナーである(「シアワセのものさし」記事一覧)。

 赤岡町のふしぎ空間、おっこう屋。実際に訪れてみると、棚に並ぶ商品と同様に異次元の空間だった。

「日経さん、キョト~ンとしとるな」

 「ごめんください」

 『ルービらくさ』と書かれたレトロ看板をくぐって来意を告げると、奥の方から甲高い声が響いた。

 「はいよ、どなた?」

 そう言って、のそりと出てきたのは麦藁帽子をかぶった丸坊主の男だった。名前を尋ねると、男は「迦羅主(カラス)」と名乗った。齢は60代半ば。おっこう屋の経理などを担当しており、本名はどこかに捨てた、という。このカラス、1日に2箱以上タバコを吸うヘビースモーカー。四六時中タバコをくわえている。

 「おーい、日経さんだってよ」

 奥に向かってカラスが叫ぶと、

 「あー、はいはい」

 と言いながら、前掛けを腰に巻いた女性がやってきた。サンダルを履いているからか、歩くたびにパタパタと音を立てている。

 「まあ、はじめまして。肌は黒いですが、間城(ましろ)と申します。どうぞよろしくお願いします」

 のっけから気の利いた挨拶をかますと、色の黒い間城紋江は続けざまに言った。

 「まあ、ゴハンでもどうぞ」

 「・・・・・・?」

 丸10年、雑誌記者をしているが、挨拶もそこそこにゴハンを進められることはあまりない。何より、時間は10時30分を少し回った程度。朝ゴハンには遅すぎるし、昼飯には早すぎる。二の句が継げずに黙っていると、「さあさ、さあさ」と言う間城に、台所の前の小上がりに連れていかれた。

 「まあ、そのコタツに座っていて下さい。もうすぐゴハンができるきに」

 おっこう屋と梅原の関係、梅原の人となり、おっこう屋とは何か――。いろいろ聞こうと思ったが、台所作業に急がしい間城は聞く耳を持たない。仕方なくノートを広げてあぐらをかいていると、ひとり、またひとりとコタツの客が増え始めた。聞けば、みな近所の住民である。自宅に上がるかのごとく、当たり前のように上がり込んでいる。

 状況が理解できずに眺めていると、間城が料理を並べ始めた。この日の献立はゴハンにみそ汁、卵焼き、焼きジャケ、野菜の煮付けである。並び終わるのを待たずに、数人の男たちは飯を食べ始めた。

別の日に訪れた時も昼ゴハンが出てきた(撮影:会員番号310 瀬川明秀)
画像のクリックで拡大表示

 「おまえ、どれだけ醤油をかければ気がすむんや」

 「兄さん、髪長いな。ノリピーのダンナに似とるな」

 箸を動かしながら好き勝手に喋っている。カラスも黙々と魚をつまんでいる。間城は間城で、

 「さあ、食べてください。ぜんぶ、いただきものですき」

 などとしきりに勧めている。事態を飲み込めないままゴハンを食べていると、そのうち食べ終わった住民がひとり、またひとりと去っていった。その後も、お茶を飲みに立ち寄るおばあさん、野菜や果物を届けに来る女性など、何人もの人が出たり入ったりしていた。

 結局、取材らしい取材もできずに時間切れ。辞去しようとすると、これまでの様子を見ていたカラスはにやりと笑ってこう言った。

 「日経さん、キョト~ンとしとるな。まあ、ここはいつもこんな感じや。また、いらっしゃいっ!」

コメント5

「シアワセのものさし」のバックナンバー

一覧

「“日本一小さい町”から始まるこの国のゆくえ」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授