• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

贅沢旅行、団塊シニアで賑う

2010年1月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政府のデフレ宣言から早2カ月。国内に鬱積した停滞ムードは消費低迷に拍車をかけ、年末年始のレジャーは「安・近 短」傾向が一層強まる結果となった。ところが、そんな縮み志向の消費にあって、ある世代だけは別の様相を呈している。

世界遺産ツアーに殺到

 50代後半~60代前半を中核とした団塊世代、いわゆるアクティブシニアと呼ばれる層だ。30年以上に及ぶ会社員生活の一線を退いた彼らのレジャー消費、とりわけ旅行に対するこだわりは強く、「高・遠・長」とも言える贅沢な旅行が賑いを見せている。

 「月に数回開催するセミナーは、連日満員。その多くは、50~60代」と、近畿日本ツーリスト・東日本海外仕入ホリデイ事業部の田中俊哉課長は言う。南米ペルーの世界遺産巡り、アラスカのオーロラ観賞、南極クルーズ…。セミナーの企画は、一般的な欧米ツアーとは随分と嗜好が異なる。最低でも9日間の滞在期間を必要とし、費用は1人40万円以上。決して安くはないが、セミナーはシニアで毎回盛況といい、近畿日本ツーリストの同種のツアー売り上げは、一昨年に比べて2倍以上伸びている。

 海外ツアーを専門に企画するJTBグランドツアー&サービスでも傾向は同じだ。同社の企画するツアーの中でも、「南米やトルコなど、まとまった時間とお金が必要なツアーほど、シニア層が目立つ」と担当者は言う。

 シニアの旅行が活況の背景には、やはり円高の追い風が大きい。一時よりも円安に振れたとはいえ、ドルやユーロなど世界15の主要通貨に対する円の価値を示す2009年12月時点の実質実効為替レート(1973年3月=100とする)は117.3と、依然として円高水準が続いている。

 世界経済危機の影響も、まとまった金融資産を保有するシニア層にはさほど影響はなかったようで、「ハワイなどの定番ツアーは景気の影響を受けやすいが、南米などのツアーはほとんど関係ない」と近畿日本ツーリストの田中課長は言う。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「贅沢旅行、団塊シニアで賑う」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長