• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

無料の壁を破った国語辞典

2010年2月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の画面に表示されている「大辞林」のアイコンを指で触れて起動し、「辞書」と入力して検索する。

 「多くの言葉や文字を一定の基準によって配列し、その表記法・発音・語源・意味・用法などを記した書物」と、その語義が表示される。なるほど、しかし説明文中にある「語源」という言葉の意味が分からない。今度は画面に表示されている「語源」を指でなぞる。すると、「語源」の語義が一瞬で表示される。その中で意味を知りたい言葉があれば、またなぞればいい。

 辞書という言葉に対する動詞は、一般には「引く」だろう。辞書とは、言葉の意味を知りたい時に検索するものだからだ。しかしこのiPhone向け大辞林で画面をなぞりながら次から次へと言葉をたどる作業は、「読む」という動詞の方がふさわしい。

 「読む」ための工夫もある。言葉を入力して検索したり、50音順に言葉を並べて表示させたりするだけでなく、「植物」「地名」「季語」「人名」など分類された言葉だけを並べて表示する機能も搭載しているのだ。「植物」の中でも「藻類」「菌類」などとさらに細かく分類されている。例えば藻類には「藍水泥(あいみどろ)」「青粉(あおこ)」「石蓴(あおさ)」などの言葉が並ぶ。知らない言葉に偶然出合い、その意味を調べて読むというような使い方ができる。

 iPhone向け大辞林を開発したのは、物書堂(ものかきどう)(東京都)。2008年末から販売を始めておよそ1年間で10万本を売り上げた。辞書としては異例の大ヒットと言える。販売価格は2500円。この価格設定が極めて興味深い。

「無料」を「2500円」に

 三省堂が刊行する書籍版『大辞林』の価格は8190円。これと比べると、iPhone向け大辞林は3分の1以下の価格であり、その意味では「安い」。しかしこの安さがヒットの理由ではない。

 NTTレゾナントが提供するインターネットポータル(玄関)サイト「goo」では、無料で大辞林を検索して語義を調べられる。多くのiPhoneユーザーはネット接続料が固定料金なので通信料もかからず、この機能を利用できる。無料で使える機能に対して2500円という対価を払わねばならず、その意味においてはiPhone向け大辞林は実は「高い」のだ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「無料の壁を破った国語辞典」の著者

池田 信太朗

池田 信太朗(いけだ・しんたろう)

日経ビジネスオンライン編集長

2000年に日経BP入社。2006年から『日経ビジネス』記者として、主に流通業界の取材に当たる。2012年『日経ビジネスDigital』のサービスを立ち上げて初代編集長、2012年9月から香港支局特派員、2015年1月から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監