• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グーグル、泥臭くヤフー追撃

  • 小笠原 啓,原 隆

バックナンバー

2010年2月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米グーグルが日本市場でネット広告配信を強化する。過去の契約を解きほぐすのに、約2年の時間を要した。泥臭い粘りは、国内に君臨するヤフー追撃への執念を映す。

 世界最大の動画投稿共有サービス「YouTube」の買収額(16億5000万ドル)を優に超える31億ドル(約3000億円)を投じてまで、米グーグルが手に入れたかったもの。それはインターネット広告配信ソリューション「DART」で強さを誇る米ダブルクリックだ。

 今やネット界の王者とも言われるグーグルだが、その広告収入の大半は、検索時に表示されるテキスト(文字)広告。成長戦略を描くうえで、個人の好みに合ったディスプレー(画像や動画)広告を配信する「DART」は何としても手に入れたい武器だった。

大型買収の認可も、「日本を除く」

グーグル米本社
米グーグルは広告収入の拡大へ(写真は米本社)写真:林 幸一郎

 そのために大型買収に動き、2008年3月、欧州委員会の承認をもって手続きを無事、完了した。唯一、日本を除けば、の話だが。

 グーグルは2010年3月31日、念願のDART事業を日本でも手に入れる。「ようやくディスプレー広告市場で高いシェアを持つヤフーを追撃できる」とグーグル日本法人の有馬誠・専務執行役員は意気込むが、盛衰の激しいネット業界で2年という時間は手痛い。

 なぜ日本市場だけ時間を要したのか。その理由は、過去から引きずってきた契約の存在だ。ダブルクリック日本法人が設立されたのは1997年。米ダブルクリックは設立時、日本法人に対してDARTの独占的ライセンス契約を供与した。併せて、日本法人の親会社であるトランスコスモスと、お互いに類似の競合サービスを提供できない「競業避止義務契約」も締結した。

 つまり、グーグルが米ダブルクリックを買収しても、日本ではトランスコスモスと競合するサービスを提供できないということだ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長