• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

僕が自民から民主に「移籍」した理由

田村耕太郎参院議員が本音を語る

2010年2月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自民党を離党し、2月8日、民主党からの入党要請を正式に受諾した田村耕太郎参院議員。これにより、民主・国民新などの参院会派は過半数に達し、社民党はキャスティングボートを失った。その意味で、田村議員の決断は重い。

 今夏の参院選挙では、地元の鳥取選挙区ではなく、比例代表区から出馬する。この時点で、普通に考えれば、次期選挙で当選する可能性は高まったと言える。

 「選挙に勝ちたいから裏切ったんだろ」…。

 古巣、自民党の議員からは、こんな恨み節も聞こえてくる。政権交代以降、自民党から民主党へ「移籍」した初の国会議員。自民党の議員として鳥取県民から付託を受けた田村議員が、任期中、しかも選挙を前に鞍替えした本当の理由とは。本音を探った。


(聞き手は、日経ビジネスオンライン記者 井上理)

 ―― 順を追ってお話を伺います。まずは、なぜ自民党を出たのか。昨年12月18日午後に離党届を出した時点で、民主党からの要請は水面下でもなかった。当時、自民党の大物議員は「選挙だろう。党の鳥取県連との問題じゃないか」と言っていました。

(撮影:都築雅人、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 田村 それはまったく違うんです。関係ない。正直、選挙は自民党のままやった方が、無所属で出るよりも当選の可能性が高かったんですね。民主党からの出馬が約束されていたわけでもないですし。

 やっぱり自分でも地盤を築いてきたし、相手もそんなに大したことない。自分でも調査しましたからね。根拠もあった。

 ―― 岳父が新聞社(鳥取の地元紙、新日本海新聞社)を持っていますし、情勢分析は得意ですよね。

 うん。でも、勝つ自信はあったけれども、自民党で勝っても党全体がより小さくなる。そうしたら、ミニ政党の国会議員になるわけで、議員をやっている意味がなくなるわけです。そこが一番の問題だと。県連とかは関係なくて、党本部のなさけなさが、理由ですね。

 僕は昨年の秋に、何度も党幹部に言ったんですよ。勝つための戦略を見せてくれと。例えば、大島(理森幹事長)さんは「参院選で過半数を制して逆ねじれを作る」と言っていたんですが、どうやってやるのか見せてくださいと聞いたら、逆ギレされて「選挙は自分が勝ち抜くもんだ」と言われたんです。

 何を言っているんだと、戦略はないのかと。もう、そこでどうしようもないなと思いまして。野党では実行力のある仕事はできない。早期政権奪還の見通しがないのであれば、自民党の議員をやる意味もないと。

フリーとなって初めて本当のオファーが来る

 自民党は本当にダメですね。なぜダメかというと、最後は泥水みたいになったんです。選挙を経て泥水の泥が抜けるかと思ったら、水が抜けてヘドロになっちゃった。

 党のことどころか、国のことも誰も考えてない。衆院選で負ける原因を作ったのと同じ顔ぶれの人たちが、また影響力を保とうとしている。その象徴が総裁選であって、その後の人事ですよね。河野太郎陣営が敗れ、党内で冷遇された時点で、党内改革を放棄したのですから、自民党は「ジ・エンド」です。

 そして、経済対策や経済理念さえ決まらない。決定打は、審議拒否までしてしまうと。経済対策の議論をしている時にですよ。誰のために何をしたいのか。つまり内輪の論理でしか、すべてが動いてない。

 一方で、日本経済がどんどんグローバルの中で力を失い、おかしくなっていく。これは政治家だけじゃなくて、ビジネス界の責任もあるんですけれど、グローバルの市場でどんどん収縮していって、財政だけが破綻に向かっている。

 このままの状態が続けば、技術面だって追い越されますよ。アブダビの原子力発電所の受注だって、日本の企業連合が韓国電力に負けるぐらいですからね。文化的コンテンツだって投資がぜんぜん行われないから、漫画やアニメも廃れてきました。

 だから経済の反転攻勢は、もう4年も待てない。政権交代なんか起こらないし、起こるのを待っていても意味がない。だったらやっぱり動かなきゃいけないと思って、飛び出したんです。

コメント78

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「僕が自民から民主に「移籍」した理由」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長