• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

コスモ参入「風力発電」に風穴?

2010年2月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

風力発電5位のエコ・パワーを、コスモ石油が荏原から買収した。これまで力の弱かった非電力系事業者に役所とパイプの太いコスモが加わる。欧州はもとより、米国や中国にも及ばない日本の風力発電業界に“風穴”が開く可能性も。

 最も安価な自然エネルギーは「風力発電」だというのは世界の常識だ。太陽電池で1キロワット時発電するのに約49円かかるが、風力なら約10~14円で済む。自然エネルギーの導入機運が高まる中、各国政府は真っ先に風力発電の導入促進策を取ってきた。

 一方、日本政府が手厚く支援しているのは太陽電池。風力に対しては、「日本には良い風が吹く適地が少ない」と冷たい。発電能力でトップの米国が2009年末に3516万キロワットなのに対して、日本は10分の1以下の206万キロワットにとどまる。米国を追うドイツに、中国が肉迫している。

 日本で風力の導入が進まないのは、風力発電を手がける事業者を取り巻く環境が過酷だからだ。経営状態が厳しい風力発電事業者も多い。これまでも上位3社を除いては、たびたび身売り話が浮上していた。

 そしてついに、業界5位の風力発電会社エコ・パワー(東京都品川区)の売却が決まった。3月に稼働する風力発電所を加えると、4位になる見通しだ。親会社の荏原が同社株の99%を1円でコスモ石油に譲渡すると発表した。コスモは約100億円の負債も引き受ける。コスモの周布兼定・常務執行役員事業開発部長は、「1基数億円が風車価格の相場。100億円の負債引き受けで130基を買えると思えば、高い買い物ではない」と説明する。

岩屋ウィンドパーク
エコ・パワーが青森県で運転中の岩屋ウィンドパーク

 1997年に設立したエコ・パワーは、国内の風力発電事業者としては老舗的な存在。全国25カ所に130基の風力発電機を保有。老舗だからこそ風車の故障に悩まされ、営業赤字が続いていた。

 同社が風力発電に参入した当時の風車は性能が良いとは言えなかった。欧州の風が真っすぐ吹くのに対し、山がちな日本の風は渦を巻くように、様々な方角から吹く。今でこそ日本の風の特性に合った風車を製造するメーカーが存在するが、当時は欧州の風に合う海外製風車しかなかった。その結果、故障が頻発。しかも、自社で補修できないブラックボックス部分が大きいうえ、部品の取り寄せにも時間を要した。最近では千葉県の銚子にある風車7基が1年間停止していた。

 風力発電事業は、発電した電力を地域の電力会社に買い取ってもらうことで収益を上げる。風車の稼働率が下がれば収益性は悪化する。国内の風車の稼働率は平均で20~30%だが、エコ・パワーはこれを下回っていた。

値上げに規制、課題山積

 最近の風車は、故障は減ったが、エコ・パワーをはじめとする国内の風力発電事業者にのしかかる“重荷”はそれだけではない。

 まず第1がコストだ。風力発電事業のコストの大部分を占める風車本体や建設費用などの初期コストが高騰しているのだ。鋼材などの材料費や、部品のコストが上昇。97年には1キロワット当たりの建設費は20万円だったが、2008年には1.5倍の30万円になった。

 初期コストの上昇分は、電力会社への電力の販売価格ではカバーできていない。風力発電した電力は、自然エネルギーの中では安価とはいえ、火力発電や原子力に比べると計算上高くなる。商業ベースでは導入が進まないため、政府は「新エネルギー等電気利用法(RPS法)」で電力会社に、毎年一定量の自然エネルギー電力を買い取るよう義務づけている。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「コスモ参入「風力発電」に風穴?」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長