• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「大人の常識」欠けた鳩山外交

“普天間迷走”がトヨタ・リコール問題に影響した可能性

  • 渡部 恒雄

バックナンバー

2010年2月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 鳩山政権になり、日米同盟が漂流している。

 これは、これまで一度も政権を運営したことのない民主党が、普天間問題についての理解がなかったことや、鳩山内閣がそもそもの日米同盟の意味をきちんと理解せずに、米国外に誤解をうけるようなメッセージを相次いで発信したからだ。

 そして、そのような中でトヨタのリコール問題が米国でも大きな関心となり、日本国内では鳩山政権の普天間問題についての迷走への牽制や報復ではないかというような憶測まで飛び出るような状況になってきている。

ビジネスマンの資質が問われる接待、社交

 そのような背景を十分に意識してのことだと思うが、2月10日、トヨタのリコール問題をめぐり前原誠司国土交通相と会談したルース駐日米大使は、記者団に対して、「リコールは安全の問題であり、信じがたいほど強固な日米両国の関係に影響を与えることはありえないと話した」と伝えた。

 さて、実情はどうなのであろうか。この点では、いわゆる普通の社会経験から得られる「大人の常識」が国際関係にも当てはまると考えていいだろう。

 つまり、これまで良好な関係を続けてきたビジネスパートナーであっても、ビジネス以外でのちょっとしたことでも信頼関係が傷つくようなことがあると、それが本体のビジネス関係にも影響を与えることはよくある話だ。

 だからこそ、ビジネスマンは、重要なビジネスパートナーとは、細心の注意を払い、信頼を維持するための付き合いに日々努力する。それが接待であり社交である。そこにこそビジネスマンの資質は問われる。

 しかも、直接のビジネスパートナーの関係だけでなく、社会における信頼を維持するというのが、ビジネスパートナーからの信頼を得るための重要な手段でもあることは言うまでもない。

オバマ政権「戦略的辛抱」に応えなかったら

 以上「当たり前の」話をしてきて恐縮だが、果たして、鳩山外交は国際関係で米国や国際社会の信頼を得るような「当たり前の」行動をとってきているのだろうか。

 現時点では大変疑問だと言わざるを得ない。常識的に考えれば、日米の同盟関係という軍事・外交上の問題が損なわれてしまえば、ビジネス上の関係にも大なり小なりネガティブな影響がでてくることは避けられないだろう。

 私は現在のトヨタのリコール問題が同盟への復讐やけん制だとまでは思わない。中国との関係が緊張している中、オバマ政権は以前にもまして日本との同盟関係を安定させておきたい、と考えているのが本音のはずだ。

 オバマ政権の合言葉は「戦略的辛抱」である。しかし、だからこそ鳩山政権がその期待に応えなかった場合の信頼関係のダメージの深さも容易に想像できる。

 私自身のこれまでの日米関係の現場での経験によれば、日米が軍事・外交の最重要のパートナーである同盟関係にあることが、経済やビジネス関係の場面でも、様々な形で日本に有利に働いてきた。

 例えば、1980年代から1990年半ばまでの深刻化した日米貿易摩擦の中で、ぎくしゃくした日米関係を修復する努力をしてきたのが、日米両サイドの軍事同盟支持者達であった。

コメント50件コメント/レビュー

アメリカが日本の国益など考える気がない。そもそも、自国の利益を最優先に考えるのが世界の常識。アメリカはアメリカを最優先に考えればいいし、日本も日本を最優先に考えればいいのじゃない。アメリカの為でなく、日本の為に!まっ、日本の政治屋は自己の利益には関心はあるけど、日本の利益には興味ないからなー。(2010/02/26)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アメリカが日本の国益など考える気がない。そもそも、自国の利益を最優先に考えるのが世界の常識。アメリカはアメリカを最優先に考えればいいし、日本も日本を最優先に考えればいいのじゃない。アメリカの為でなく、日本の為に!まっ、日本の政治屋は自己の利益には関心はあるけど、日本の利益には興味ないからなー。(2010/02/26)

常識だけで外交ができれば、これほど簡単な話は無い。コラムの中身は、日本がアメリカ様の気に障るようなことをしたらダメだ、ですか。しかも日本側の事しか書いておらず、オバマ政権の置かれている状況など全く考慮されていません。常識だけで外交ができるとでも思っているのでしょうか。親も酷いが子も酷い。ただ民主党批判をしたいだけ。日本はアメリカの言うことだけを聞いていればいいと思っている前与党的な考えはもう古いことに御気付き下さい。これまでを全肯定し、変わろうとするこれからを全否定する、これは無責任極まりない。読むに値しないコラムだ。(2010/02/25)

筆者の論は常識的で、わざわざ掲載する必要は? とまでコメントされていますが、独り善がりのような他のコメントから判る様に、これを広く訴えなければならないのが日本の現状で危機の深刻さでしょう。◆幾つかのコメントの通り、同盟の有り方を見直すのもOK、日本の要求を主張するのもOK、はたまた合意内容の見直しを持ち出すのもOKで、米国に盲目的に従属するべきではないとか米国は自国の国益のみ追求しているとの論は当然です。◆深刻な危機とは、その論を基とした子供のような議論や日本政府と首相の振舞いでしょう。ギブ&テイクの関係や国力や軍事力の差による同盟の非対称性をわきまえた振舞い方ができなければ、レアルポリティークスの世界(国際社会)では相手にされなくなります。基地の県外移設から始まって国内から基地を一掃とか軍事同盟不要と主張する方々は代替案を出さずに思いだけ述べてそれが当たり前の態度。安全保障に言及せずに他国への要求だけ述べる姿は将に子供のそれですが自身では気付かずと。◆この子供のような方々が「トヨタ問題はアメリカ陰謀」のような煽りに乗せられ、再び、いつか来た道を歩かないかと恐れています。(ムフフ)(2010/02/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長