• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【隠れた世界企業】携帯でアジアの「姫」を攻略

夢展望(大阪府池田市、インターネット通信販売)

2010年2月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

数cm四方の画面を通じて、衣料や小物が飛ぶように売れる。その勢いは日本にとどまらず、中国や台湾市場にも新風を吹き込む。数年後にはアジアナンバーワンのファッションサイト構築を目指す。

 ジャケット、パンツ、ベルトの「レディーススーツ3点セット」が3980円、「フラワーバレーシューズ」が1680円、レースやリボンがあしらわれた「エナメルバッグ」が1980円――。

 「高感度で低価格」を売りにした服やファッション小物を販売し、1日に約500万件のアクセスを集める通販サイトがある。大阪府にあるベンチャー企業、夢展望が手がける「夢展望」だ。

 現在、自社サイトをはじめ、「夢展望プリンセス館楽天店」など国内だけで9サイトを運営する。会員数は190万人、夢展望で商品を購入したことのある人の数は70万人に上る。丸井グループが運営するショッピングサイト「マルイウェブチャネル」とほぼ同じぐらいの会員数だが、大きなリボンやフリルのついた小物やピンクの花柄ワンピースなど、「ほかにはないカワイイ・カッコイイ服が安く買える」と、20~30代の若い女性を中心に人気を集めている。

夢展望の岡隆宏社長。社内は、顧客層に当たる20~30代女性の熱気に溢れている (写真:太田 未来子)

 夢展望の成長のスピードは注目に値する。ゲームや玩具の制作など、エンターテインメント業界に20年間従事してきた岡隆宏社長が夢展望を設立したのが1998年のこと。当初は食品や健康関連グッズなど、幅広い商品を手がけていたが、2005年から取扱商品をファッションに特化したショップ、夢展望を立ち上げた。

 オープン当初は鳴かず飛ばずだったものの、2007年秋に発売したジャケット、パンツ2本、スカート、ブラウス、ベルトがセットになった「ウルトラ美脚ストレッチスーツ6点セット」(1万円)の大ヒットにより上昇機運に。業績は2009年9月期で総売上高は約46億円、経常利益は5300万円と、その前の期に続き黒字となっている。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「【隠れた世界企業】携帯でアジアの「姫」を攻略」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック