• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チェンジメーカーは「釣り」を教え、社会起業家は「漁業」を変える

「社会起業の父」ビル・ドレイトン氏が語る(上)

2010年3月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「社会起業の父」と言われ、「誰もがチェンジメーカーになれる世界」を目指して世界中を飛び回るアショカ(前回参照)のビル・ドレイトン創立者兼CEO(最高経営責任者)。全員が社会起業家になるのはハードルが高いが、チェンジメーカーなら誰でもなれる、と呼びかける。日本でもアショカ支部を立ち上げる予定のドレイトン氏に、どうすれば「みんながチェンジメーカー」になれるのか、聞いた。


(聞き手は日経ビジネス記者、広野彩子)

ビル・ドレイトン(William・Drayton)氏

1943年生まれ。アショカ創設者兼CEO(最高経営責任者)。65年、米ハーバード大学卒業、67年、英オックスフォード大学修士課程修了。70年、米エール大学ロースクール修了。その後約10年間米マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタントとして働く。1977年から1981年まで、米カーター政権下で環境保護局の長官補佐官を務め、排出権取引を考案した。80年、アショカを創設した。(写真:菅野勝男、以下同)

 ―― まず、アショカが考える社会起業家の定義はどのようなものですか。

 強い意味があります。社会起業家とは、アイデアと強い意思によって特定分野の仕組みを、国家レベルで変革しうる存在です。また、社会起業家は独立しており、どうすれば問題を解決できるかを知っている。大きな構造改革は、世の中の仕組みがどうなっているかを分からない限りできないからです。

 社会起業は、単に自分のアイデアを表明することを指すのではありません。大学の研究や世間への提言など、言いっ放しで国をひっくり返すような大きな変革が達成できると考えるのは間違いです。

アイデアと強い意思で世界変える

 そうではなく明確な目標に向かって体を動かし、アイデアを実行し続けることが大切です。起業家は、最初はどうアイデアを実行するかが分からないものだし、どうやって様々なアイデアを1つにまとめていくかが分からないので、試行錯誤を経ます。

 それでもやり遂げる意思のある社会起業家は、やがて社会がどう機能しているかを理解する。そして1つの規律には縛られず、すべての意見に耳を傾ける柔軟さを備えていく。また社会起業家は、皮肉を言うような人ではありません。大変な苦労を経験しているので、物を見る目がまっすぐです。

 アショカの大きな目的は、ビジネスと社会的事業という、社会を構成する2つの領域をつなげることです。アショカの21のプログラムも、その目的のためにあります。

 ―― 2006年にノーベル平和賞を受賞した、グラミン銀行創業者であるムハマド・ユヌス氏もアショカの活動にかかわっているそうですね。

コメント1

「社会起業家のオキテ」のバックナンバー

一覧

「チェンジメーカーは「釣り」を教え、社会起業家は「漁業」を変える」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長