• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「働きづめ」で得るもの、失うもの

新聞社記者の32歳女性のケース

  • 小林 美希

バックナンバー

2010年3月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「あんな働き方をしなければ良かった」

 後悔の念に駆られた。

 大手新聞社記者の岩渕智美さん(仮名、32歳)は、マスコミ業界での過労は当然と思っていたが、妊娠・出産をきっかけに考えが大きく変わった。

 2002年に旧帝国大学を卒業。周囲の友人は中央官僚を目指す中で、智美さんは大手新聞社に入社した。社会部記者として、「サツ回り(警察回り)」の日々を過ごした。重要な情報をつかむために、深夜や早朝に警察官僚を自宅前などで待ち伏せて話を聞き出す「夜討ち」「朝駆け」も毎日のように行った。他社にネタを“抜かれる”ことはもちろんご法度だが、社内の記者間でも競争は激しい。

 難しいスクープをどんどんと世に放つ“スター記者”がいる一方で、智美さんはなかなかスクープらしいスクープを取れない自分との才能の差を感じると、「取材を重ねるしかない」と躍起になった。飲み会も重要な情報源。進んで情報源となる人を飲みに誘い、浴びるほどお酒を飲んだ。情報を得るには、昼も夜も平日も休日もない。

楽しい仕事、その裏に妊娠の不安

 3年ほど前に、経済部に異動した。その頃、交際していた同僚と30歳で職場結婚した。すぐにでも子どもが欲しいと思っていたため、交際していた頃から、子どもは自然の流れに任せていたため、いつ妊娠してもおかしくない状態にいた。

 そうした中でも、職場はもちろん取材先は特に、智美さんのプライベートな状況は知る余地もない。相変わらず、お酒の席に誘われ、急に断ることもできない。内心「子作り中だから飲みたくないのに」と思いながら、飲酒の量を控えていると、お構いなしにお酒を注がれ、飲まざるを得ない状況になる。

 智美さんは「この業界で、子どもが欲しいからお酒を飲まないなんて言ってしまえば『だから女はダメなんだ』と言われるだけ」と諦めた。相変わらず、終電をとっくに過ぎた時間まで仕事は続く。深夜の1時、2時まで会社にいることなんて当たり前。土日もない。

 数カ月間、全く休みがないこともある。もちろん、仕事は楽しいが、これで妊娠しても大丈夫なのかという不安を常に感じていた。

 なかなか子どもが授からないことに焦りを感じた智美さんが、月経不順も気になり婦人科にかかると、排卵していないことが分かった。自分が不妊の取材をすることはなかったが、新聞などで不妊治療の記事を読む機会は多く、自身が不妊症であることが分かると、さすがにショックは大きかった。医師に仕事の状況を話すと唖然とされた。

 「そんな働き方では、子どもはできない」

 医師の言葉はずしりときたが、どうしようもない。ジレンマばかりが募ってくる。

 智美さんのように、月経不順や月経痛を放置していたり、我慢したりする女性は少なくないが、実は、軽く考えてはいけないのだ。

 愛育病院の中林正雄院長によれば、「月経痛にほかの症状が重なる子宮内膜症を強く疑わせるものは、女性労働の約7%に該当する。子宮内膜症を放置すれば症状が悪化し、妊孕性(妊娠する力)を低下させるリスクがあるため、早い段階での産婦人科の受診が必要」と指摘する。

 だからこそ、労働基準法でも「生理休暇」が認められており、本人の請求があるにもかかわらず休暇を与えずに就業させた使用者は30万円以下の罰金に処せられる。ところが、「生理休暇」どころか、働く女性が気軽にクリニックに行ける環境ではないことが問題となる。

コメント58件コメント/レビュー

自己憐憫に浸る女の話はもう結構です。愚痴ばっかでストレスたまります。意味がないです。それを改革・改善してる人を紹介する記事を書けばいいと思います。ブラック企業を取り上げて叩くばっかりじゃなくていい環境を作っている、いい会社をどんどん紹介して良い連鎖を起こせる記事をお願いします。読んだ後に、前向きな気持ちがでてくる話を読みたいです。(2010/03/17)

「守るべき弱者はどこにいる?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自己憐憫に浸る女の話はもう結構です。愚痴ばっかでストレスたまります。意味がないです。それを改革・改善してる人を紹介する記事を書けばいいと思います。ブラック企業を取り上げて叩くばっかりじゃなくていい環境を作っている、いい会社をどんどん紹介して良い連鎖を起こせる記事をお願いします。読んだ後に、前向きな気持ちがでてくる話を読みたいです。(2010/03/17)

一部に見られる、〈男性には選択肢がないが女性には出産かキャリアか選択できる、男性差別だという意見〉、まったく理解できません。そもそも出産とキャリアは同じ土俵で比べるものなのでしょうか。他人に子供を生んでもらえる男性はキャリアと子供両方を得ることができます。しかし、自分で産むしかない女性はどちらかしか選ぶことができないのでしょうか。日本で女として生まれた以上、損は当然、二兎を追うな、ですか?女性には選択肢があってうらやましいなんてよく言えたものだと思います。そのような一面的、主観的考えの人が多いからこそ、今の日本があるんだろうと思います。視点を変えてみれば外ではキャリアを追いつつ、家庭では自分自身はなんの苦労もなく他人に子供を生んでもらえる男性のほうがうらやましいということもありえます。自分の視点だけで物事を見る人が減らない限り、日本はこのままでしょうね。(2010/03/17)

■新聞記者に限らず、長時間労働・深夜労働を伴う職種では多かれ少なかれ生じる問題。女性と男性は体の作りが違うのだから、「同じ働き方・同じ待遇」を求めるのはもうやめたほうがいい。 ■新聞記者という働き方を選んだことを批判するコメントが見られるが、そんな方々は、病院、介護施設、24時間営業のコンビニ・レストランには行かないのだね。世の中は深夜労働を担ってくれる人たちに支えられているのに。それとも、そんな仕事を選ぶのも自己責任か。ならば、日本国は遠くない将来に滅亡だね。 ■子供たちは将来の日本を支えてくれる存在なのに、社会全体で育ててあげようという意識が低い方が多すぎる。私達が老いたら誰が面倒見てくれるのか。考えた方がいい。 ■今回の記事は問題提起だと思う。皮肉なことに、コメント欄に問題の病巣が多数あることもわかった。今後、女性は自分達の体と子供を守るための活動を展開してほしい。男に理解しろと言ってもムダ。だって、自分の体じゃないからわからないもの。(2010/03/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授