• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

わずか10分で誕生

新しい製鉄法(神戸製鋼所)

  • 小瀧 麻理子

バックナンバー

2010年3月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

高炉メーカー4位が史上最速の製法を開発した。武器は速度だけでなく、これまで不要としてきた低品位の鉄鉱石や石炭を使えることだ。大資本の高炉が支配してきた鉄鋼業界の構造を、変える可能性を秘める。

 製造時間は、従来の48分の1。さらに利用する原料は、これまで見向きもされず大量に眠っていた低品位の鉄鉱石と石炭ーー。

ITmk3を導入した米スチールダイナミクスのアイアンナゲット・プラント(ミネソタ州)

 従来の製鉄の常識を覆す新しいプラントが今年1月12日、北米ミネソタ州にある古い炭鉱町、ホイット・レイクス市で稼働を始めた。このプラントには、神戸製鋼所が15年越しの研究を経て開発した「ITmk3(アイ・ティ・マークスリー)」と呼ばれる製鉄方法が初めて商用導入されている。新プラントの建設で神鋼は、米大手電炉メーカーのスチールダイナミクスと共同で約260億円を投じた。生産能力は今年半ばをメドに年間50万トンまで引き上げる計画だ。

作るのは鉄のナゲット

 ITmk3のプラントは、電炉に投入する「アイアンナゲット」と呼ぶ粒状の「鉄源」を生産する。鉄源とは鉄のもとで、これを鉄くずとともに電炉に投入して、鉄製品に仕上げる。

 電炉では通常、くず鉄のみを鉄源にしているため、生産される鉄製品の品質は低くなる。さらに、最近では中国など新興国の経済成長に伴い、鉄くずの取引価格が上昇しており、調達コストは高くなっている。アイアンナゲットを使用することで、こうした問題を緩和する。

 アイアンナゲットは鉄鉱石と石炭を使って作る。これは高炉製法でも同じ。ITmk3の特徴は、加工時間が高炉法に比べて大幅に短縮できること。高炉法は約8時間だが、ITmk3はわずか10分で済む。その製造方法は、以下の通りだ。

コメント6件コメント/レビュー

 神戸製鋼所は、英国駐在時代の隣組。震災で痛手を受け、英国研究所を引き払った時は、他人事でない思いでした。その同じ企業がこうした新技術を開発された事に、心より賞賛するものです。 技術自身は分かり易く、しかも企業としての永続性に貢献できるような、知的財産の側面もしっかりと保っている。魅力的です。その上地球にもより優しい技術。この面での貢献も見逃せません。良い技術、そしてその分かりやすい紹介。嬉しく思って拝読した一文でした。(2010/03/12)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 神戸製鋼所は、英国駐在時代の隣組。震災で痛手を受け、英国研究所を引き払った時は、他人事でない思いでした。その同じ企業がこうした新技術を開発された事に、心より賞賛するものです。 技術自身は分かり易く、しかも企業としての永続性に貢献できるような、知的財産の側面もしっかりと保っている。魅力的です。その上地球にもより優しい技術。この面での貢献も見逃せません。良い技術、そしてその分かりやすい紹介。嬉しく思って拝読した一文でした。(2010/03/12)

日本もまだまだ世界を相手に頑張れる、そんな気にさせてくれる記事ですね。イノベーターとしての神戸製鋼に敬意を表したいです。(2010/03/12)

素直に喜んで良いのではないですか?正に、よく頑張ったね日本(神戸製鋼)です。(2010/03/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授