• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いかに関係者の理解を得ながら撤退するか

【第21回】法務省 土手敏行氏《前編》

  • 佐藤 ゆみ

バックナンバー

2010年3月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

佐藤 ゆみ(以下、佐藤) 今回は法務省とよく仕事をしているという裁判官の友人に土手さんをご紹介いただきました。法務省というと、法律を改正したり、裁判員制度や死刑・時効制度しかイメージがありません。議員会館にいる国会議員の秘書に聞いても、法務省とやりとりをしたことのある秘書はいませんでした。

 法務省とはそもそも、どのような組織で、どのような仕事をされているのでしょう?

土手 敏行(どて・としゆき)氏
広島県出身。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、1991年法務省入省。法務省では、戸籍、商業登記、人事などを担当。旧厚生省、旧金融再生委員会、金融庁への出向などを経て、現在は民事局総務課で法務局の施設と適正配置を担当。2006年の会社法施行の際は、2005年に施行準備を民事局商事課にて、施行後に実際の登記処理を東京法務局で行った。(写真:佐藤ゆみ)

土手 敏行(以下、土手) 法務省って、あまり知られていないんですね(笑)。法務省は大まかに刑事関係と民事関係の組織から成り立っています。法秩序や治安の維持という国民を下支えする組織と思ってください。政策をどんどん打ち出す役所とは違いますので、そういう意味では地味なのかもしれません。

佐藤 土手さんご自身のご担当は?

土手 民事局で法務局の施設に関する仕事や全国にどのように法務局を配置すべきかという適正配置の仕事をしています。法務局は証明書を発行するなどの住民サービスも行っているんですよ。

佐藤 民事局で、住民サービスというと、具体的には例えばどのようなサービスを実施されていますか? また、民事というと裁判を連想するのですが、薬害エイズなどの国がらみの訴訟とも関係ありますか?

土手 法務局という法務省の出先機関がサービスを実施しています。比較的知られているのは不動産や会社の登記、選挙供託などでは。訴訟に関しては法務局・地方法務局が国に関する事件を担当しています。

佐藤 法務省というのは、国が訴えられた時に、国側に立つのでしょうか?

土手 はい、国の代理人になります。いわば国の弁護士のようなものですね。法務大臣が国の代理人になり、実際に法廷に立つのは、法務局・地方法務局の訟務検事、訟務官です。

「法務省は親切な役所だ」

佐藤 訟務官という専門の方もいるのですね。土手さんが法務省に入省された動機は?

土手 学生時代、漠然と国家レベルの仕事がしたい、それには国で働くのが一番と思っていました。法務省を選んだのは、たまたま大学3年生の時民事局に資料をもらいにいく機会があり、担当者がとても親切だった記憶を、大学4年生の官庁訪問の時に思い出したからです。

 幸いにして今でも法務省の印象は変わりません。他府省に出向した際にも、皆さんに「法務省は親切な役所だ」とよく言われました。

佐藤 印象というのはずっと残るものですよね。これまで一番やりがいがあったお仕事は?

土手 どれもやりがいがありました。現在の仕事である登記所の適正配置という仕事は、登記所の統廃合を伴うので、よく後ろ向きの仕事と言われますが、いかに関係者の皆様の理解を得ながら撤退するかという点ではやりがいがあります。法務局の支局・出張所の数は、昭和30年代は2000カ所以上あったのですが、1996年には1000カ所程度、今は471カ所と大幅に減少しています。

佐藤 登記所はなぜそんなに多くあったのでしょう? また、登記とは、何の登記ですか?

コメント0

「若きキャリア官僚たちの春2010」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員