• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ツイッターが揺さぶる情報開示

2010年3月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

個人が短文を投稿するネットサービス「ツイッター」の利用が企業に広まる。ソフトバンクの孫正義社長は新サービスを続々と“発表”し、話題の人に。一方で、公平な開示や、情報の真偽、公私の区別など経営課題も浮き彫りに。

 消費者A:「すべてのソフトバンクショップで無線LAN(構内情報通信網)を無料提供してもらえませんか?」(3月6日午前6時28分)

 ソフトバンク孫正義社長:「やりましょう。ついでに充電プラグも。4月末までに」(同日7時12分)

 消費者B:「ついでにイスはいらないから小さなテーブルと缶コーヒーでも置いてもらえれば待ち合わせにも使えて助かります」(同日午前7時16分)

 孫社長:「了解。できるだけ多くの店で」(同日7時49分)

ツイッターで経営者が対話

ソフトバンクの孫正義社長
ソフトバンクの孫正義社長はツイッターで消費者とやり取りを交わす(写真:的野 弘路)

 これは企業イベントでの会話などではない。孫社長と消費者が、インターネット上でわずか1時間半の間に交わしたやり取りだ(編集部注:趣旨を変えずに一部表記を変更)。大企業の社長に対して消費者が直接サービスの改善案を提案し、それに即座に答える。ネットの進化は、これまでは考えられなかった経営手法を生み出した。

 その震源地が「Twitter(ツイッター)」。米ベンチャー企業のツイッターが運営し、米国を中心に世界で1億人以上が使っているとされる。

 無料会員登録して、個人が携帯電話やパソコンから発言を投稿したり、閲覧したりできるサービスだ。140字以内という制限があって2~3行の短文がほとんどなので、ツイッターに投稿することは「つぶやく」と称される。冒頭の会話もツイッター上のものだ。

 2008年4月に日本語対応が始まり、昨秋からは携帯電話に公式対応した。もともとはネットに詳しい若者を中心に人気を博したが、最近はその発信力や即応性に目をつけた経営者が業務目的も兼ねて自ら活用する例が増えている。その代表が孫社長だ。

つぶやきの例
孫正義社長によるツイッター上のつぶやきの例

 2月にもツイッターを媒介にして、障害者割引適用対象となる携帯電話料金プランを拡大した。3日に要望が寄せられ、9日に「できました」と返信。同日に正式発表された。

 活用例はほかにもある。

 価格比較サイトを運営するECナビは2月、ツイッターを活用した新卒採用活動を実施した。宇佐美進典社長は「IT(情報技術)に詳しく情報発信できる人が集まると考えた」と語る。楽天の三木谷浩史社長もツイッター活用で知られる。

 その利便性に注目が高まる一方で、課題も浮かんできた。重要な情報がツイッターの利用者だけに先に伝わることの是非である。

コメント3件コメント/レビュー

目新しいからか、ツイッターに対して変に注目しすぎな気がします。従来とは異なる特徴を持つけれどユーザーからすれば数種類ある利用メディアの一つでしかないはず。ツイッター利用の有無による情報格差についてはテレビや新聞でも全ての人が利用しているわけではないのだからツイッターだけの問題ではないはずです。「重要事項をツイッターでしか流さない」のであれば問題かもしれませんが実際にはそんなはずもなく各々のメディアの発信速度と表現方法で(必然的に発生するタイムラグはあれども)流されるでしょう。ツイッターはその特性上発信が他のメディアに比べて速いのは当然のことです。代わりに詳細は語れない、画像で示すことが出来ないなどデメリットもある。ユーザー側からすれば、自分の都合に合わせて情報源を選んで欲しい情報を得る、ただそれだけのことではないでしょうか。情報弱者を作らないという観点で大事なことは「世の中に様々な伝達手段が存在すること」だと思います。情報の信頼性についてはテレビや新聞だって取材、編集の過程が部外者からは全く分からず「ブラックボックスから出てくる情報」であり「提示された情報を正しいと信じるしかない」点は結局同じです。(2010/03/17)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「ツイッターが揺さぶる情報開示」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

目新しいからか、ツイッターに対して変に注目しすぎな気がします。従来とは異なる特徴を持つけれどユーザーからすれば数種類ある利用メディアの一つでしかないはず。ツイッター利用の有無による情報格差についてはテレビや新聞でも全ての人が利用しているわけではないのだからツイッターだけの問題ではないはずです。「重要事項をツイッターでしか流さない」のであれば問題かもしれませんが実際にはそんなはずもなく各々のメディアの発信速度と表現方法で(必然的に発生するタイムラグはあれども)流されるでしょう。ツイッターはその特性上発信が他のメディアに比べて速いのは当然のことです。代わりに詳細は語れない、画像で示すことが出来ないなどデメリットもある。ユーザー側からすれば、自分の都合に合わせて情報源を選んで欲しい情報を得る、ただそれだけのことではないでしょうか。情報弱者を作らないという観点で大事なことは「世の中に様々な伝達手段が存在すること」だと思います。情報の信頼性についてはテレビや新聞だって取材、編集の過程が部外者からは全く分からず「ブラックボックスから出てくる情報」であり「提示された情報を正しいと信じるしかない」点は結局同じです。(2010/03/17)

孫さんのつぶやきはフォローしているが、社長の一存で即答しているように見える部分は、もともと社内で検討されていたものでしょう。ショップでの携帯充電が無料で行えるのは他社では当たり前のサービスで、SBMだけがやってないと以前から指摘されていました。障害者割引もまったく同じようになぜSBMはやらないんだと指摘されていたもの。以前から社内で実施に向けて検討していたもので、ツィッターで話題になったから、いい宣伝タイミングと判断して答えただけでしょう。動きが遅い現場に対するプレッシャーにもなります。他社より遅れて対応しているのに、それを逆手に取って何か画期的ですごいことにように思わせるのは、さすが孫さんだと思います。(2010/03/17)

そんなに難しいことはないと思いますけどね。つぶやくときには多くの人が見ることを意識する、個人情報・誹謗中傷には気を付ける、勤務先の秘密情報はつぶやかない。通常のネットマナーの範囲で考えれば問題ないですよ。会社の公式アカウントになるとちょっと変わってきますが、プレスだけ出すようなただの広報アカウントよりも「中の人」が見えるアカウントの方が好感を持てますね。見えすぎて「引く」事もありますが。(マナーは守ってます。マナーは・・・・・)(2010/03/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長