• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマのグアム訪問は、日本の牽制だけではない

米国が「アジア太平洋の存在感」を重視する事情

  • 鍛冶 俊樹

バックナンバー

2010年3月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「タイの状況がおかしい。近々政変があるかもしれない」。タイから帰ってきたばかりの知人がそう筆者に告げたのは2月下旬のこと。今の騒動の予兆は、既に現地では露骨に感じられていた――。

 もちろん予兆といえば前々からプミポン国王の健康不安説、タクシン元首相支持派の巻き返しなど、いろいろな不安材料は語られてはいた。だが、今なぜこの時期に政変なのか? そもそも誰が政変を仕掛けるのか?

 また、どのような手段なのか、大規模暴動か、軍事クーデターなのか。これらの問いには彼は多くは語らず、ただ国王周辺の不穏な動きに言及した。では宮廷革命が起きるのか? 「それは分からない。だがCIA(米中央情報局)もMI6(英情報局秘密情報部)も情報収集に精を出しているよ」。

 CIAもMI6も秘密活動を中心にしており、通常その活動は目に見えない。しかし東南アジアなどで彼らは日本人に接触してくる場合がよくある。日本企業などの持っている東南アジア情報は信頼度が高いし、彼ら自身も日本勤務を経験したりしていて日本に親しみを抱いている場合も多いのだ。もちろん偽の身分を名乗っているのだが、話の内容で政府関係の人間であることは察せられる。仮に相手がCIAだと分かっても、日本人は現地政府に密告したりしないから彼らとしても安心なのだろう。

 現に1998年のインドネシアのスハルト政権崩壊時には、CIAは日本人からの情報を重視したという話がある。「日本の企業はどこが安全なのかを一番よく知っていた。おかげで我々は在留米国企業に現地にとどまるよう指示できた。ところが日本の外務省はこんな貴重な情報を無視して避難勧告を出したようだ」。後に米国大使館の関係者が語った言葉である。

 米英の情報機関が日本人の目につくように動いていたとすれば、これは明確に危機の予兆であろう。だが、なぜこの時期に? この問いがすべてを物語る。

米国の関心はインド洋

 先週、都内で開かれたある講演会は異様な熱気で満ちていた。講師はロバート・カプラン氏。米シンクタンクの新アメリカ安全保障センターのシニア・フェローを務める。昨年フォーリン・アフェアーズリポートに「台頭する中印とインド洋の時代」という論文を執筆、中国とインドの地政学的な抗争の危険性を鋭く指摘し世界的に注目された。聴講する側も元インドネシア大使はじめ外務省関係者、外交・安保評論家、中国をはじめ各国大使館関係者らが勢揃いした。

 カプラン氏は言う。「インドはインド洋を中心に東西に水平的に勢力の拡大を目指し、中国は垂直的に南下している。この両者は衝突しつつある」。

 インドの水平軸と中国の垂直軸が交差するのは東南アジア周辺であろう。確かにミャンマーやネパールなど、不安定な動きを示しているが、その背後に中国とインドの影を指摘する声は多い。

 カプラン氏はさらに付け加える。「米国、日本、インドネシア、オーストラリアは連携して中国の拡大に対処しなくてはならないだろう」。

 今週、バラク・オバマ米大統領はグアム、インドネシア、オーストラリア歴訪に出発する予定だった。先週末に、来週日曜出発に変更されたのだが、カプラン氏の指摘は多分にこの歴訪を意識したものと言えよう。歴訪の中で新しいアジア太平洋戦略についての何らかの宣言が行われるのではないかとの予測は2カ月以上前から飛び交っていた。さらにそれが対中封じ込めを示唆する踏み込んだ内容になるのではないかとの憶測も一部で強く囁かれていた。

 日本ではオバマ大統領のグアム訪問に特に強い関心が寄せられているようだ。沖縄の普天間基地にある海兵隊司令部はグアムに移転することで日米間は合意している。飛行場は同じ沖縄の名護市に移設することでも日米間は合意しているが、自民党時代の合意ゆえ、民主党政権は見直しを主張、連立与党の社民党は「飛行場までもグアムに移転せよ」と主張する。

 もちろん米国は見直しに応ずるつもりはない。そこでオバマ大統領はグアムでこうした日本の動きを牽制する発言をするのではないか、という観点から関心が集まっているわけである。

 だがオバマ大統領は単に日本を牽制するためだけに、この3地域を歴訪するのではない。米国領グアムから見たインドネシアとオーストラリアの地政学的価値は明白だ。両国に挟まれた海域はインド洋への通路となっている。インド洋は中東への海路である。米国はインドとの友好関係を強化しつつあるが、同時にインドネシアやオーストラリアとの同盟関係を確保しなければ中東へのアクセスを安定化させられないのである。

コメント4

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監