• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「慶応の夢」中断、でもブランドは守る

清家篤・塾長が語る“経営”立て直し策

  • 飯泉 梓

バックナンバー

2010年3月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 金融危機、少子化の影響によって、厳しい状況に追い込まれている大学経営。そこに突破口はあるのか。


 第2回は慶応義塾長の清家篤氏に、財政運営や今後のプロジェクト計画について聞いた。


(聞き手は飯泉梓=日経ビジネス記者)

慶応義塾長
清家篤(せいけ・あつし)氏

1978年3月に慶応義塾大学経済学部を卒業。80年3月に同大学院商学研究科修士課程を修了し、83年3月には同大学院商学研究科博士課程を単位取得退学。80年4月から85年3月まで慶応義塾大学商学部助手、同年4月から92年3月まで同大学商学部助教授。2009年5月28日、慶応義塾長就任。(写真:山西英二、以下同)

 ――昨年、塾長就任時の会見で、「見直し」というテーマを掲げました。

 清家 財政状況が変化していることがきっかけです。見直すべきことは見直さなくてはならないと思っています。

 もっとも国からの補助金、慶応義塾大学病院からの医療費、学生からの学納金は滞ることはありません。

 問題なのは、資産運用収入です。従来1500億円の金融資産を運用し、50億円程度の運用益を上げてきました。つまり、運用利回りは3~4%程度だった。しかし、この経済情勢では同じような利益は見込めません。結果として、2008年度決算で有価証券評価損を169億円を計上することになりました。

 これまで慶応では建設投資といった量的拡大には、資金の運用益や借入金等を充ててきました。資産運用収入が激減したため、そうした新規投資を見直さざる得ません。

「夢のプロジェクト」は中断する

 ―― 2008年の創立150周年を記念して、建物の新設や建て替えなど、900億円を越える事業を予定していました。その一部も中断することにしました。

 記念事業900億円のうち、600億円強を経常費から、残りの250億円は寄付金を充てる予定でした。寄付金は当初目標を上回る270億円が集まりました。ですが、資産運用収入がままならない今、残りの600億円を集められない。

コメント2件コメント/レビュー

これまで義塾はヨコの拡大(SFC、看護、薬学部)に勤しんできました。これからは、タテの充実に目を向けていただければと思います。具体的には、日本の地方にキャンパスや付属校を作り、その地方の長期的な活性化につながるような、そんなプランがあってよいと思います。キャンパスも付属校も、あまりに首都圏に集中しすぎです。あざみ野の小学校計画はなくなってよかったです他校と生徒を奪い合うのではなく、地方の教育の充実が義塾にとっても日本にとってもプラスになると思います。(2010/03/24)

「大学、再生へのシラバス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これまで義塾はヨコの拡大(SFC、看護、薬学部)に勤しんできました。これからは、タテの充実に目を向けていただければと思います。具体的には、日本の地方にキャンパスや付属校を作り、その地方の長期的な活性化につながるような、そんなプランがあってよいと思います。キャンパスも付属校も、あまりに首都圏に集中しすぎです。あざみ野の小学校計画はなくなってよかったです他校と生徒を奪い合うのではなく、地方の教育の充実が義塾にとっても日本にとってもプラスになると思います。(2010/03/24)

今までの学長は目に見える箱モノを作ることに一生懸命で、イサム・ノグチの作品を粗雑に扱ったり、中国一辺倒になったり、学生の質がお粗末になったりしていたが、清家学長の考えをうかがって、安心した。  実学はまさに読み書きそろばん哲学の裏付けあってこそのもの。短期的に利益を追ったり、世間の耳目を驚かせることが教育の本質ではない。 学校の規模は小さくとも質の高い教育が塾の伝統であった。福沢翁の精神を忘れた今までの塾が、清家学長でよみがえることを強く期待したい。(これまでの塾は、草場の蔭で福沢翁が泣いているとおもわれることが多々あった。)藤沢キャンパスは教授陣が左傾化しすぎであることに私は危惧している。バランスをとっていただきたい。(2010/03/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長