• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“洗える紙”の技を継ぐ深山の紙漉き場

「ついこないだは、サンフランシスコからわざわざこの山ん中に紙を買いに来たアメリカ人がいましたわ」

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2010年3月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 四国の山間は奥深い。よくもこのような場所に暮らしを結んだものだ、と寂寥とも飄然ともいえる風景に見入ることが、たびたび起こる。中学生の頃もそうだった。汽車で親戚の家を行き来するときの車窓の景色が思い出される。薄暮の山間に、ぽつん、と人家の灯りが灯っているのを見た。こんな山の中にも人が住んでいるのか…。どんな人が、どのような生活をしているのだろう…日暮れていく青い大気の中の、たった一つの電灯の灯りは、寂しさと同時に「家」が持ち合わせた温もりを感じさせた。

 徳島県南部の山間の集落を訪ねたこのたびも、そうした感慨を胸裏にかみしめることになった。

徳島県那賀町拝宮の集落は、霊峰剣山山懐に点在する。国道の赤い橋を渡り車のすれ違いができないような九十九折の道を上がっていくと、1本の山桜に迎えられた
画像のクリックで拡大表示

 那賀郡那賀町拝宮字轟。そこに和紙を漉く夫婦が暮らしている。団塊の世代にあたる中村功氏と妻の美千子さんのことを教えられたのは1年ほど前のことだった。山間の村で生まれ、都会に出ることもなく30年このかた紙を漉き続けている、というのだった。和紙には目が無い私は、折にふれて思い出し、どのような紙を産みだしているのか、いつか行ってみたい、と気にかけてきた。

紙布の作品。それらは素朴な美しさを秘め、近い将来、商品として世の中に出ていく日がくるはずだ
画像のクリックで拡大表示
中村夫妻の背後に、ぶら下がった和紙作品は数十年分におよぶという。おびただしい数が夫婦の来し方を物語る
画像のクリックで拡大表示

 拝宮(はいぎゅう)という地名にも惹かれた。那賀町は霊峰剣山の山懐に位置する。御山の験力を身内に取り入れる遥拝所が、標高400メートルの拝宮のどこかにあったのではないか、土地の名はそんなことを想像させた。そうすると、拝宮はもはや剣山の霊域であり、神聖な土地ということになる。

 山桜の開花に合わせて拝宮を訪ねることにした。

 国道195号線を那賀川沿いに遡って行く。阿南市の中心部から1時間ばかり走っただろうか、教えられた「劇的な赤い橋が目印になります」というアーチ橋がダム湖にかかり、それを山手へ折れる。急坂の山道は、車のすれ違いができないほど細い。娑婆との結界を越え「よくもこのような場所で暮らしを結んだもの」という集落へ、あと1キロという地点で1本の山桜に迎えられた。まだ若木であったが私を車から降ろした。

拝宮の山間の風景。家はきつい傾斜の山肌にへばりつくように建っている
画像のクリックで拡大表示

拝宮和紙として名を馳せた時代があった

 中村さんの紙漉き場は春の雨に濡れていた。意外なことに「よくもこのような場所」ではあるが、家屋の数は少なくない。谷の斜面にへばりつくように点在する。中村さんが住んでいる轟には10戸22人が暮らしているということだった。

コメント3件コメント/レビュー

この集落に郵便局はあるのだろうか。このような製品(紙、漆塗り、竹製品、木工製品、等々)は、見ると欲しくなる物ばかりだが、結構高いのでいつも断念している。しかし、日本を含め世界の富裕層はこれらの製品を喜んで買うのではないか。このような製品を多くの人に見せる為に低運送費で集荷して、世界の大都市に展示し情報を発信し販売を行い、インターネット販売も行う、このような事を郵便の事業で出来ないかと思う。日本の文化の支えに郵便局に期待する。無理でしょうか。(2010/04/01)

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この集落に郵便局はあるのだろうか。このような製品(紙、漆塗り、竹製品、木工製品、等々)は、見ると欲しくなる物ばかりだが、結構高いのでいつも断念している。しかし、日本を含め世界の富裕層はこれらの製品を喜んで買うのではないか。このような製品を多くの人に見せる為に低運送費で集荷して、世界の大都市に展示し情報を発信し販売を行い、インターネット販売も行う、このような事を郵便の事業で出来ないかと思う。日本の文化の支えに郵便局に期待する。無理でしょうか。(2010/04/01)

伝統工芸品が、「安い」「簡単」「便利」な工業製品に押され、衰退いていったのは、日本だけじゃなく、世界中で起こったこと。近年は、その反動なのか、古き良きものを尊重する動きも定着してきているもの実感できます。しかしながら、生業として取り組むには、経済的、体力的にも大変だと思います。消費者が、価値あるものには、それに見合った対価を支払う姿勢も大切だと思います。それにしても、いつもながら、宮嶋さんの語り手としての力量。ドキュメントとは思えないほど、情感があふれています。(2010/03/31)

海外ブランドへの市場開放と度重なる増税で葉タバコ生産者は追い詰められ、高齢化と低い生産性により和紙材の生産者も減少の一途。電子メールが郵便に取って代わり、官製(とは言わないか)葉書はいずれ死滅する運命かも。国立印刷局が、と言うか日本が絶対必要としている紙幣の材料となる三椏も栽培量が極端に減少しているので、どこかの国のように紙幣がプラスチック製になるかもしれないですね。効率や利便性、生産性を追い求めると必ず、その対極にあるものが取り残されていく。動物に限らず、絶滅危惧種は我々の生活の周りにもたくさんあると言うことを感じます。(2010/03/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長