• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【隠れた世界企業】10年かけ中国産抹茶生む

あいや(愛知県西尾市、抹茶の製造販売)

  • 神農 将史

バックナンバー

2010年4月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

菓子や飲料に用いられる食品加工用抹茶の生産で大きく成長。米欧中に拠点を持ち、輸出先の水や嗜好に合わせて社長自ら味を調える。10年をかけて育てた中国の生産拠点を足場にアジア市場を狙う。

 エアシャワーを浴びクリーンルームに足を踏み入れると、抹茶の香りが鼻をくすぐった。部屋には、碾(てん)茶と呼ばれる茶葉を挽(ひ)いて抹茶にするための石臼が所狭しと並ぶ。近隣の愛知県岡崎市で取れる御影石で作られた、直径33cmの石臼は1080台。

 ここは愛知県西尾市にある抹茶メーカー、あいやの工場だ。これだけの規模が必要なのは、1台の石臼で挽ける抹茶が1時間当たり40gと、市販される缶入り抹茶の1~2缶分にしかならないからだ。挽くことで、抹茶の粒の直径は2~10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)になる。

 「西尾の抹茶を支えるのは、栽培に適した土壌だけでない。岡崎産の御影石も同じくらい重要だ」と社長の杉田芳男氏は語る。

あいやの杉田芳男社長。1080台の石臼が碾茶を挽いて抹茶を作る (写真:森田 直希)

 抹茶と言えば京都府の宇治が有名だが、あいやが本社を構える西尾市周辺でも抹茶の原料となる碾茶の生産は盛んだ。全国茶生産団体連合会によれば、碾茶の栽培に関しては、西尾市周辺が日本で最も盛んだという。

 あいやは、品質が高い割に宇治ブランドより価格が低い西尾の抹茶を、抹茶味の菓子やアイスクリーム、飲料などを作る食品メーカーや飲食店に売り込み、全国区の抹茶メーカーへと成長した。そして、食品メーカーとの関係を通じて、競合に先駆けてラインの自動化に取り組み始めた。

 冒頭の石臼が並ぶ部屋をはじめ、あいやの生産ラインはほぼ自動化されている。これは、食品メーカーの衛生管理を目の当たりにし、杉田社長が地道に設備投資を進めた成果だ。「抹茶は嗜好品ではなく食品」というのが杉田社長の信条。製茶会社では衛生管理の意識が必ずしも高くないところもあるという。

 杉田社長も、大手食品メーカーの衛生担当者から何度も注意を受けるうちに、製茶業界の常識が世間の非常識という面があると思い知らされた。

品質支える石臼目立て職人

 もちろん、すべてを自動化できるわけではない。特に気を使っているのが、碾茶を挽く石臼の溝を彫る「目立て」という作業だ。目立てに問題があると、抹茶の粒が大きくなってしまい、不良品となる。あいやでは、連続使用で5000時間に1度、石臼のメンテナンスを実施している。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長