• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゆとり世代は男子も「一般職」

  • 蛯谷 敏,白壁 達久

バックナンバー

2010年4月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

一般職に応募する男子学生、就職専門の家庭教師に指導を受ける有名私立大学生…。買い手優位の厳しい雇用環境を背景に、学生の就職戦線に異変が起きている。「ゆとり教育」世代が就職期に入り、全体の質が落ちた影響と採用側は言う。

 「一般職に、男ですよ」

 困惑を隠し切れないといった表情で、ある生命保険会社のベテラン採用担当者が話す。企業の採用活動が本格化する4月。その最前線では、一昔前なら考えられない事態が起きている。

 この保険会社では、長らく一般職と総合職の2つの職種で学生を採用してきた。一般職は、社内の事務処理などの仕事が中心であり、キャリアを積み重ねていく総合職とは異なる。応募条件に男女の制限はないが、通常は女性が就く職種と考えられてきた。

とりあえず「一般職男子」目指す

 ところがここ数年、一般職の応募者に男子学生の姿を散見するようになったのだという。想定していなかった事態に、採用側も戸惑い気味で、「理由を一生懸命分析している」と採用担当者は言う。

 彼らはどんな理由で一般職に応募するのか。先の採用担当者によれば、ある男子学生の志望理由は、「遠方への転勤がないから」だった。「一般職は、勤務地が大きく変わることがないことから、自宅から通える仕事を安易に選んだ、というのが本音だったようだ」。

 一般職に群がる男子学生――。こうした動き、実は業種を問わずに広がっている。企業の採用活動を支援する採用プロドットコムの寺澤康介社長は、「ここ最近、一般職を希望する男子学生の話はよく耳にする」と言う。

 試しに、一般職を採用している商社、銀行、生損保など10社に聞いたところ、6社で男子学生の応募があったとの回答を得た。実際に、どの程度の男子学生が一般職に応募しているかというデータはないが、その傾向が広がりつつあるのは確かなようだ。

 無論、特殊な事情で一般職を希望する男子学生もいる。「家庭の事情などで、自宅を離れられないことから仕方なく応募する場合もある」と、損害保険会社の採用担当者が言う。

 ただし、それだけではここ最近の増加を説明できない。ある採用支援会社の社長は「厳しい雇用環境の一端を反映した結果」と指摘する。

 この社長によれば、一般職を選ぶ学生は、従来、派遣会社などに登録をしていたという。ところが、昨今は派遣切りが広がり、「派遣は不安定」というイメージが刷り込まれた。その結果、正社員志向の学生が増え、多くが一般職に流れ込んでいるという。

 厳しい総合職の選抜競争を避け、「とりあえず一般職へ」と考える学生も増えている。「競争の激化で、総合職の内定獲得を最初から諦める学生もいるようだ」とメガバンクの採用担当者は言う。いわゆる、草食化。そんな傾向が、一部の学生に見られる。

 多くの企業が採用を絞り込んだ結果、やむなく一般職へと向かう男子学生。だが、大企業の採用担当者は手厳しい。「一般職に応募する男性は、まず採用しない」と口を揃える。

 もっとも、男女雇用機会均等法以降は、一般職と総合職に男女の制限はない。現実には総合職への女性進出が拡大しており、逆の現象が起きる可能性もゼロではない。実際、ある採用担当者はこう言う。「まとまった数の男子学生が一般職に応募してくれば、採用方針も変えざるを得ないかもしれない」。近い将来、総合職の女性と一般職の男性が結婚し、「男の寿退社」が始まるかもしれない。

コメント35

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者