• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

SIMロック解除は誰のため?

  • 吉野 次郎,原 隆

バックナンバー

2010年4月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

総務省が打ち出した携帯電話の「SIMロック解除」。利便性向上をうたうが利用者の反応はいま一つ。所期の目的だった国内メーカーの競争力強化にも疑問符が。

 総務省は4月2日、業界関係者を集めて「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する公開ヒアリング」を開いた。内藤正光・総務副大臣は「今後発売されるすべての端末を原則としてSIMロック解除していただきたい」と訴え、総務省内で早急に現実的なガイドラインを策定する方針を示した。

 現在、ほとんどの携帯電話にはSIMカードと呼ばれる電話番号を特定するチップが収められている。端末側にはロックがかかっており、例えばソフトバンクモバイルの携帯電話に、NTTドコモのSIMカードを差し込んでも、利用できない。これをSIMロックと呼ぶ。解除すればどうなるのか。利用者にとっては、端末のSIMカードを差し替えれば、自由に携帯電話会社を乗り換えられるようになる。

SIMカード
SIMロック解除で恩恵を受けるのはNTTドコモという見方も

 利用者の利便性を強調する総務省だが、もともと議論の発端は日本の携帯産業の活性化にあった。

 今や世界市場を席巻する携帯電話メーカーは韓国のサムスン電子など海外勢が占める。新たな牽引役と言われるスマートフォンの分野でも、米アップルがスマートフォン「iPhone」を2007年6月に米国で発売したのを皮切りに、これまで世界で4000万台以上が普及。日本国内でも既に数百万台が出回っているとされている。

 これまで日本メーカーは、各携帯電話会社の仕様に合わせて端末を開発し、「iモード」や「おサイフケータイ」など、日本人の好みに合わせた独自の機能を進化させた。しかし、日本市場では通用しても世界市場では通用しない。いつしか、外界から孤立した環境で生物が独自の進化を遂げた「ガラパゴス諸島」になぞらえられてしまった。この元凶として総務省が目をつけたのが、SIMロックだった。

コメント7件コメント/レビュー

利用者にとっても便利だと思います。SIMロック解除されれば、ドコモやauのユーザーが電話会社を変えなくてもiPhoneを使えるようになる。今のままの場合、iPhoneを使いたい場合は、電話会社を変えなければならない。つまり、通信料金など契約面では自分に都合の良い電話会社と、ハードの機能面では、自分の欲しい機能を備えた端末と自由な組み合わせが可能となる。初期の頃の端末価格を通信料金に転嫁させていたような端末の値引き販売はなくなっていてるのだから、支障は少ないはず。ただ、記事にあるように、SIMロック解除されたらドコモに流れるかもしれないが、ソフトバンクモバイルの通信品質はあまり改善されていないようなのでやむをえないのでは。(2010/04/15)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

利用者にとっても便利だと思います。SIMロック解除されれば、ドコモやauのユーザーが電話会社を変えなくてもiPhoneを使えるようになる。今のままの場合、iPhoneを使いたい場合は、電話会社を変えなければならない。つまり、通信料金など契約面では自分に都合の良い電話会社と、ハードの機能面では、自分の欲しい機能を備えた端末と自由な組み合わせが可能となる。初期の頃の端末価格を通信料金に転嫁させていたような端末の値引き販売はなくなっていてるのだから、支障は少ないはず。ただ、記事にあるように、SIMロック解除されたらドコモに流れるかもしれないが、ソフトバンクモバイルの通信品質はあまり改善されていないようなのでやむをえないのでは。(2010/04/15)

移動機も電話番号もユーザーのもの、という本来の姿に立ち返るというだけ。移動機はどっちのものか判らない、電話番号はキャリアのものでユーザーに貸しているだけという、既得権益者主義・企業優先理論のゆきすぎからきたガラパゴス状態からようやく開放される第一歩となるだろう。(2010/04/15)

いずれにとってもあまりメリットがなさそうだとされるSIMロック解除ですが、それを期に期待することが一つあります。それは、ユーザーが求める機能が選べる携帯端末の発売です。回線会社がメーカーから買い取って販売している形の現状では、回線会社が使って欲しい機能がてんこ盛りの高額端末ばかりが店頭に並びますが、メーカーが自由に開発・提供できるようになれば、もう少し機能のばらつきがある端末も提供されるようになるのでは、と思うのです。少なくとも、会社が社員に業務のために貸与するための端末に、ワンセグもゲームも音楽視聴機能も要りません。そして、同様に不要に思うコンシューマーも多いのでは。(2010/04/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授