• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「2ちゃんねらー出身作家」が変える選挙戦

人気沸騰、あの「三橋イベント」ハシゴしました!

2010年4月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月の参院選が近づいています。日本医師連盟など、かつての自民党支持基盤は小沢一郎・民主党幹事長の切り崩し戦略で、支持見直しや民主党支持へと傾きつつあります。

 こうした団体中心の「地上戦」は自民党のお家芸でした。窮地に立った自民党は「2ちゃんねらー出身作家」である三橋貴明氏を比例代表候補に擁立、ネットを駆使した「空中戦」に活路を見出そうとしています。

 とはいえ、三橋氏もネットで多数のユーザーに接触するだけで十分とは考えていません。講演会などリアルな接触活動を通じてコミュニケーションを深めることで相乗効果を狙おうとしています。ネットのカリスマ的存在のリアルな政治活動とはどんなものなのでしょう。街頭演説会など3つのイベントをハシゴしてきました。

 この記事は4月19日発売の日経ビジネスの時事深層「ネットが変える参院選」を深堀りしたリポートです。4月19日時事深層記事も是非ご覧ください。

赤髪のお兄さんの手に「自民党」ののぼりが

 まずは、4月3日の街頭演説会。場所は、アニメなど「日本のポップカルチャーの聖地」秋葉原駅そばです。

 著名な作家・経済評論家となった今も、時折カラオケでアニメソングを歌いまくるという三橋氏。人一倍「アキバ」への思い入れが強いのでしょう、事務所も付近の格安レンタルオフィスに構え、まさに「ホームグラウンド」での政治活動というわけです。

画像のクリックで拡大表示

 私は新聞社で政治部取材の経験もあるので、政治家の街頭演説は見慣れた方だと思います。参院選候補の演説ともなれば、支援団体の動員がかかり、観衆は「いかにも連れてこられました」感いっぱいの中高年が7割、というのが相場です。

 しかし、今回、演説会場でまず目に入ったのは寒風吹きすさぶ中、ミニスカでコスプレを決めるお姉さん! おお、茶髪というより赤髪のお兄さんは「自民党」ののぼりを手にしています。

イベント告知手段はほぼネットだけ

 その後も一見、「政治に興味なんてあるの?」と突っ込みたくなるような若者らがぞくぞくと集まってきました。主催者発表で、その数500人。

 支援団体が一切ない三橋氏のイベント告知手段はほぼネットだけです。聴衆に話しかけてみたところ、「ナマ三橋」を求め、はるばる北海道から駆けつけたという人もいました。同行した私の妻(元政治記者)は一言「すごいね」。

 そして始まった演説会。「最近、話し方の先生にコーチを受けている」という三橋氏。しゃべりは堂々としており、かなり上達した印象です。

 「私は、アニメ、マンガなどのポップカルチャーが大好きです。そんな文化を楽しめる、この日本が大好きです」

 この日の演説は、アキバという土地柄も意識したのでしょう。聴取が入りやすいテーマから切り出しました。

コメント12件コメント/レビュー

>「自分に都合のいいものしか見ず、違う意見には猛烈に反発する」「マスコミは常に間違っており、自分はそれを理解している有識者だと思いこむ」「自身で情報の真偽を確かめようという意識が薄く、“仲間”による情報であれば盲目的に信じてしまう」。これってマスコミに対する不信感以外は普通のことではないですかね。それに、三橋氏の支持層の傾向についての考察の根拠も不明です。それこそ「思い込み」ではないですか?少なくとも三橋氏を支持しているであろう若者は、情報に触れたときに「ソースは?」と聞きますよ。もちろん調味料のことではないです。三橋氏はマスコミが報道しない不都合な真実を何の見返りも求めず提示し、解説してきました。それによりネットという匿名性が高く、情報の真偽が入り混じる世界で信頼を勝ち得たのです。三橋氏を敵視するということからこの方は特定の団体に所属されている、もしくは本当に何も知らずによくわからないものに対する反感がある方なのでしょう。三橋氏のような方が出てくると脅威なのは分かります。がんばって新しい流れを潰してください。堀江氏や村上氏のように。(2010/04/22)

「ネット選挙、解禁前夜」のバックナンバー

  • 2010年4月19日

    「2ちゃんねらー出身作家」が変える選挙戦

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>「自分に都合のいいものしか見ず、違う意見には猛烈に反発する」「マスコミは常に間違っており、自分はそれを理解している有識者だと思いこむ」「自身で情報の真偽を確かめようという意識が薄く、“仲間”による情報であれば盲目的に信じてしまう」。これってマスコミに対する不信感以外は普通のことではないですかね。それに、三橋氏の支持層の傾向についての考察の根拠も不明です。それこそ「思い込み」ではないですか?少なくとも三橋氏を支持しているであろう若者は、情報に触れたときに「ソースは?」と聞きますよ。もちろん調味料のことではないです。三橋氏はマスコミが報道しない不都合な真実を何の見返りも求めず提示し、解説してきました。それによりネットという匿名性が高く、情報の真偽が入り混じる世界で信頼を勝ち得たのです。三橋氏を敵視するということからこの方は特定の団体に所属されている、もしくは本当に何も知らずによくわからないものに対する反感がある方なのでしょう。三橋氏のような方が出てくると脅威なのは分かります。がんばって新しい流れを潰してください。堀江氏や村上氏のように。(2010/04/22)

「自分に都合のいいものしか見ず、違う意見には猛烈に反発する」「マスコミは常に間違っており、自分はそれを理解している有識者だと思いこむ」「自身で情報の真偽を確かめようという意識が薄く、“仲間”による情報であれば盲目的に信じてしまう」三橋氏自身ではありませんが、支持層のこういった傾向は問題であるように思います。現状が良いというわけでありませんが、もし将来こういった層が広まり、それに支持される政党ができた場合、マスコミは政治への監視・抑止力を失いかねないでしょうね。(2010/04/21)

既に指摘されているですけどアニメ漫画規制は自民公明が発ですよね。「党がどうあれ自分はこうやっていく」というスタンスだとしたら「規制派の民主党はだめだ」にはならないはずなのにどうなってるんでしょう(2010/04/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長